現在17272個の困ったを解決できます!

2016月11月1日更新

スタバ初心者だとバレない!!こなれ感のある入門者向けドリンクオーダーの方法

141504 views

スタバデビューしたいのですが、初心者なので不安です…(大学1年・男性)



スターバックスでのオーダーに緊張してしまうことってありますよね。


慣れている方にとってはなんでもないことですが、初めての方やふだん行き慣れていない方にとっては馴染みにくいものです。


今回はそんなスターバックスで緊張しない、こなれた注文の仕方をお伝えします。






バリスタさんの使うオーダー方法


マーブル キャラメル コーヒー ジェリー フラペチーノ(写真は公式サイトより) 季節限定のマーブル キャラメル コーヒー ジェリー フラペチーノ。
商品名が長いのも困り物。
こういうドリンクはサイズだけ言ってメニューを指差しするのがスマートだと思います。
(写真は公式サイトより)



オーダー(コーリング)の基本

コーリングとは、バリスタさんがこちらのオーダーを他のバリスタさんに伝える時に使う言葉です。
人によっては呪文のように聞こえるらしく、下手をすれば引かれます。
一応文法?があり、順序はこんな感じです。


・アイスかホットか、エクストラホット(さらに熱い)か
・ショット追加
・大きさ(ショート、トール、グランデ、ベンティ)
・その他カスタマイズ(チップ・ホイップ・ソース追加)
・ミルクの変更(ソイ、2%、ノンファット、ブラべ)
・シロップ追加



例:トールサイズのスターバックスラテ(アイス)の場合

例えば、普通サイズのアイスのラテが欲しいなら「アイス トール ラテ」。
もし少し濃いめのラテに変えたければ    「アイス ダブル トール ラテ」。このダブルとは、1ショット追加=合計2ショット入れることを意味します。
さらにここにホイップも入れるなら      「アイス ダブル トール ウィズホイップ ラテ」。
低脂肪乳に変えるなら          「アイス ダブル トール ウィズホイップ ツーパーセント ラテ」。
バニラシロップも入れましょうか。 「アイス ダブル トール ウィズホイップ ツーパーセント バニラ ラテ」


……書いてみて正直、なんだこれって思いました。
たいてい同じものばかりオーダーしているので(このメニューのホイップ抜きです)、このなんとも言えない非合理性に気づかなかったようです。


10年超も。良かった、これを書いて。


ちなみにバニラを入れるのはバニラが好きだから以上に、コンティメントバー(ガムシロップとかが置いているところ)で長居するのが面倒だからです。


砂糖やガムシロップのような甘みは欲しいので、タンブラーの蓋を閉めたら退散出来るように甘いシロップを入れてもらっています。


追加料金はかかりますが、急いでいる通勤時には便利。



もっと簡単にオーダーする方法

上記のコーリングだとやたら複雑ですね。
でも意味は「トールサイズのアイスラテに、ショットとバニラとホイップ追加で、低脂肪乳にしてください」です。
あれ?追加した分、それなりに長いですが、これをそのまま言えばスマート!
たまに「詳しい人ぶりたい」こともあるでしょうが、これだけカスタマイズを知っていれば既に、「詳しくない」とは言えません。



例:アレンジメニュー「杏仁フラペチーノ」の場合

「トール ノンバニラ アーモンド バニラクリーム フラペチーノ」
何言ってるの?という感じでしょうか。要はバニラシロップをアーモンドシロップに変更しただけのバニラクリームフラペチーノです。
ちなみにこれは、10年近く前にあった杏仁フラペチーノなのですが、杏仁フラペチーノなんて名前で通じるバリスタさんはもう稀です。


ではこちらを、先程のスマートなオーダーに翻訳してみましょう。
「トールのバニラクリームフラペチーノ。バニラをアーモンドに変えてください」
あれ?超分かりやすい!




共通して注文時に必要な項目

①店内で飲むのか(for here)、持ち帰るのか(to go)。
ファストフード店でも訊かれるので、これは抵抗ないかと。


②アイスかホットか
重要ですよね。エクストラホットも可能です。少し時間はかかりますが、冬場の持ち帰りの時は良いかも。


③サイズ
これ、スタバ独自の表記なのでちょっとややこしいですよね。
ショート(240ml / アイスだけ300ml)、トール(350ml)、グランデ(470ml)、ベンティ(590ml)の4種です。
ざっくりし過ぎですが、トールをMサイズと認識していても良いかと思います。フラペチーノはショートサイズの設定がありませんし(言えば作ってくれますが)。


④メニュー
最重要です。キャラメルマキアート?ラテ?ティー?フラペチーノ?モカなんかも良いですよね。


⑤カスタマイズの有無
なければ全てシンプルに済みます。やってみたいものがあればメモを書いて行っても良いのでは?
あと、限定のシロップなんかもあるので、空いていればバリスタさんに聞くことをオススメします。












いかがでしたでしょうか?
これだけで買えるので、思っていたよりも簡単に感じませんか。
正直、筆者はファストフード店で注文する方が苦痛です。
「店内でお召し上がりですか?」の後に、(内心メニューを迷いたいのになんだか後ろの行列が気になって焦って)定番のセットの注文。
さらにセット出来るドリンクは四角で囲まれてるやつだけとか、制約があったり。
極めつけは「ご一緒に○○はいかがですか?」なんて、断るこちらの心理を理解してる⁉︎みたいな。


長々書きましたが、言いたいことは「ベースのメニューを選びさえすれば普通に買える。それが一番スマートだよ」です。
スタバは接客重視なので、(通勤時間帯の行列が出来ているお店だと大変でしょうが)バリスタさんはこちらの迷いに付き合ってくれます。


そうそう、最後にホット限定ですが、言葉少なめにオーダーできるメニューをひとつご紹介します。
それは「カフェミスト」。「本日のコーヒー」にフォームミルクを追加したものです。ミルクは変更出来ます。
「トールカフェミスト、ソイに変えてください」とかで済むのです。
夏ですが、エアコンが寒いお店もあるし、入門編として一度やってみてください。

2016年11月1日

written

by citra


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop