現在17272個の困ったを解決できます!

2014月7月22日更新

「特技」なんてない…悩める就活生におくる!自分の特技の見つけ方

5766 views

就職活動中の自己PRで特技を聞かれます。でも得意なことなんてないような気がして…。自分の特技って、どうやったら見つかりますか?(大学3年生・男性)


 

tokugi-300x200
自分の特技というのは、自分ではなかなか発見しづらいものかもしれません。
とはいえ、面接で特技を聞かれたり、エントリーシートの特技欄は必ず答えなければいけないものです。
では、自分の特技の見つけ方を考えていきましょう。

 

1.好きなことを羅列してみる



特技を見つけるためには、まず、自分を客観的に見ることから始めます。
そのためには、頭の中だけで考えているよりも、紙などに書き出してみることです。
そして、特技というのは自分の好きなことの中に埋もれている場合があります。
なので、まずは自分の好きなことを紙に羅列してみましょう。

とにかく、興味があることや好きなことを細かく書いていきます。
それのどこが好きなのか、というのはとりあえず置いておいて、「好きだ!」と思えるものをたくさん書き出します。

自分の好きなものを客観的に見ることができれば、その中から特技を見つけることも簡単になるのです。

 

2.好きなことに関する「自慢できる」エピソードを探す



好きなことをたくさん書き出したら、その中からいくつかに絞っていきます。
その時の条件になるのは「自慢できるエピソードがあるかどうか」です。

大学時代というのは、色々なことにチャレンジしていく時期でもあります。
学校内でサークルのリーダー的存在だった人もいれば、勉強を頑張ってきた人もいます。
その中で、「他の人に負けないくらいに頑張ったエピソード」が重要になるのです。

例えば、勉強をとにかく頑張ったという人は、「集中して何かに取り組むことが出来る」という自慢が出来るので、それが特技になることもあるでしょう。
部活を頑張った人は、その部活そのものが特技になる場合もあれば、その部活で学んだことが特技になる場合もあります。
就活では、自分のエピソードを話す機会が多いので、そのときに少しでも「他人より優れた自分」を自慢できるエピソードを持っているものを、特技として選んでみてください。

 

3.友達に聞いてみる



それでも「自分じゃ特技なんて分からない」という場合には、友達に聞いてみましょう。
友達というのは、一番身近で、一番客観的な存在です。
自己分析をするときにも友達の意見というのは大いに参考になるので、特技を知りたいときにも聞いてみるといいかもしれません。

「自分の特技って何だと思う?」と聞いてみて、返ってきた答えはあなたの特技です。
自分が「そんなことない」と思っていても、他人の目にはそう映っているのです。
ですから、そこは否定することなく、「そうなんだ」と受け入れてみましょう。

そして、特技を聞いたら、その理由も聞いてみるのです。
友人から出てくるエピソードは、そのまま面接での話に活かせるかもしれません。
客観的に自分を見てくれる存在からの発言というのは、今まで気付かなかった自分に気づくことができるチャンスでもあるのです。

 

まとめ



自分の特技が見つけられないという人は、上記の方法を試してみてください。
何でもいいので「自慢できること」を選ぶことがポイントです。
どうしても分からないときには、周りの人に聞いて回ると、特技が発見できるかもしれませんよ。

2014年7月22日

written

by 虜to-li-co


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop