現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

面白い物語が満載!話題のSTORYS.JPとは?

1731 views

STORYS.JPというサイトが話題だと聞きました。どんなサイトですか?(大学1年生・男性)


 

STORYS.JPってなに?



STORYS.JP というサイト名、覚えのある方も、ない方も、この書籍のタイトルは知っている方も多いのではないでしょうか。

『学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話』(著・坪田 信貴)

STORYS.JP学年ビリのギャルが一念で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話画像出典:http://www.amazon.co.jp

今、多くの書店で平積みになっている本なので、見かけたことのある方も多いと思います。
この本が書籍になるきっかけになったサイトが、『STORYS.JP』なのです。

 

閲覧時の特徴



STORYS.JPの基本的な仕様は、個人が情報発信をできるブログ型SNSサービスです。
フェイスブックと連携しており、FBアカウントを持っている人なら、誰でも登録が可能。
最大の特徴は、個人が発信する記事を一人ひとりが経験した『物語』と位置づけていることです。

トップページにアクセスすると、9つのジャンルカテゴリー、編集部のおすすめ、新着ストーリーなどが表示されます。
ひとつひとつの『物語』につけられたタグから、気になるものを選ぶことも可能。

それぞれの『物語』にはスターと呼ばれる評価がついており、記事の閲覧数や「読んでよかった」「詳しく聞きたい!」(詳しくは後述)の数、FBやツイッターでの反応などを基準にスターの数が決まるシステムになっています。スターを多く獲得した『物語』は殿堂入りとなることも。冒頭で触れた『学年でビリだったギャルが~』も、殿堂入りした『物語』のひとつです。

 

ログインしてできること



まずはもちろん、あなた自身の『物語』を発信できます。
文字色を変えたり、コミックスやLINEのトーク画面のような吹き出しで会話を表現することもできるので、あなたの表現したいニュアンスにあったページを作ることができます。
FB経由で友人とのシェアも可能です。

すでに公開されている誰かの『物語』にコメントを残したり、FBにおける「いいね」のように、投稿者への評価を残すことも、ログインで可能になります。
これらのシステムが、STORYS.JPは特徴的です。
コメント機能では、記事そのものへはもちろんのこと、文中のパラグラフ単位に直接コメントをつけられます。コメントしたい文章にマウスを合わせると、ページ右端に吹き出しマークが表示され、そのマークをクリックすることで、直接、そのパラグラフにコメントを残すことができます。

FBにおける「いいね!」は「読んでよかった」です。また、STORYS.JPには「詳しく聞きたい!」のアイコンも。これは、タイトルのみが表示されている投稿予定の記事に、読者が期待していることを伝えるもの。クリックされると執筆者のFBページに、あなたが「詳しく聞きたい!」を押したという通知が届きます。また、その記事が公開された際には、読者側のFBに通知が届きます。

 

注意点



以下は、2014年7月1日現在で、筆者が調べ得た注意点です。
FBアカウントとの連動が前提のため、一度、認証すると写真、プロフィール等の情報が自動取得され、登録の意思がなくても自動的にSTORYS.JP内にアカウントが作成されます。また、FBにログインをしている同一のブラウザで閲覧すると、各種情報のパーミッションを求められる場合があります。
一度、登録をすると、本人確認の手続きを経てからでないと退会ができません(退会フォームはありません)。
iOSではアプリがリリースされましたが、Androidは未対応。スマホなどのブラウザからでは、PC同様の利用はできず、閲覧や機能に制限があります。

 

発展途上の『物語』サイト



まだまだ発展途上のサービスなので、利便性に欠ける部分もありますが、興味深い物語に出会うことはできます。
閲覧だけならログインなしでも可能ですから、まずは読み物として、あなたの興味をそそる『物語』を探しに行ってみませんか?

 

2015年3月23日

written

by かずえ詠香


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop