現在17272個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

【短期留学】英語が全然できない…そんな人でもおすすめの国って?

1602 views

英語は話せないんですけど、時間に余裕のある大学生のうちに短期留学をしたいと思ってます。

こんな私におすすめの国ってありますか?(大学1年生・男性)


英語が全然できない人におすすめの短期留学先

大学生のうちに一度は海外に行ってみたい!留学に興味がある!
でも、自分の語学力が心配…。

そんな風に感じて海外に行くこと、留学することを諦めてしまっていませんか?

短期留学の醍醐味は、ズバリ留学の経験を持つことによって
英語学習のモチベーションをあげることにあると筆者は思っています。

他国の文化に触れること、世界から見た日本を感じることも短期留学で得ることが出来ます。

ここでは、英語が苦手、でも留学してみたい!というあなたにおすすめな国を6ヶ国紹介します。

 

1.アメリカ合衆国



アメリカ

世界中から英語を学ぶために様々な人が訪れる国、アメリカ。
様々な人種や文化的背景をもった人々がやって来るため、
その人にあった英語教育システムがしっかり整っています。

日本の約25倍の国土を持つアメリカは、世界経済の中心地ニューヨーク、
行政の中心地であり首都であるワシントンDCをはじめとする大都市や、
ディズニーワールドやブロードウェイ、
ハリウッドにラスベガスなどのエンターテイメントスポット、
グランドキャニオンやナイアガラの滝などの大自然など、
国の中でも地域によって多様な特色を持っています。

ですから自分の好みに合わせて、その豊富なロケーションから留学する地域を選択することができます。

 

2.イギリス



イギリス

伝統文化と最先端の文化が程よく共存する国、イギリス。


教育の質の高さは、世界でもトップレベルを誇ります。
古くから多くの海外留学生を受け入れているため、英語を学ぶ環境にも恵まれています。


「クィーンズ・イングリッシュ」をご存じでしょうか?
アメリカで使用されている英語に比べ、一語一語をはっきりとクリアに発音するため、
リスニングが苦手な学生にもピッタリです。
(日本でいう関西弁のように、それぞれの地方によって発音が違うこともありますが…)


アメリカ英語と比べて、文法や単語の意味、用法が若干異なることもありますが、
非常に学習しやすい環境であると言えるでしょう。




3.ニュージーランド



ニュージーランド

人間の数より羊の数の方が多い?そんな自然豊かな国、ニュージーランド。

その昔イギリスの植民地であったことから、イギリス文化の影響を受けていることがよく見受けられます。
英語にしても、イギリス英語の影響を受けた「クイーンズ・イングリッシュ」が使用されていて、
これもまた若干発音が異なりますが聞き取りやすいです。

留学生も多く、意外と親日家が多いことから、
日本人もニュージーランドに留学する人がだんだんと増えてきています。

筆者自身の体験の所見ですが、ニュージーランドには人柄が良い人が多く
街を歩いていてもにこやかに挨拶をしてくれる人もいるため、初めて留学する国におすすめです。

 

4.カナダ



カナダ

赤いメープルの葉っぱの国旗が印象的で自然豊かな国、カナダ。

カナダは「人種のモザイク」という言葉で有名なカナダですが、
古くから多くの移民を受け入れてきたように、
3人に1人はイギリス、フランス、先住民以外の民族出身という多民族国家で、
さまざまな文化や言語があふれています。

地方による方言がほとんどないので、聞き取りやすく、
留学生にとって魅力的な環境であるといえるでしょう。

カナダ留学でおすすめしたい地域といえば、やはりトロントでしょう。
カナダ最大の都市であるトロントは様々な民族が集まり、異国文化が栄えています。

比較的日本人は少ないですが、様々な国の人が集まって来るため、英語学習の意欲が高まること間違いないでしょう。

 

5.オーストラリア



オーストラリア

穏やかで過ごしやすい南半球の国、オーストラリア。
日本とあまり経度が変わらないため時差を心配する必要があまりなく、
日本にいる家族や友達とも気兼ねなく連絡できますね。

オーストラリアもまた、自然豊かな国です。
豊かな自然の中で自分のペースでのびのびと勉強したい人におすすめです。

 

6.フィリピン



フィリピン

アジア圏内であり親しみやすい国、フィリピン。

フィリピンで英語を学べるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、
実はフィリピンはアメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人が多い国なのです。

フィリピン留学のおすすめな点は、
生徒と先生が1対1で授業を行うマンツーマンレッスンを多く取り入れているので
「聞く・話す・書く」のすべての面において英語の習得ができることです。

さらに費用もかなり安くすむことも挙げられます。

 

いかがでしたか?行ってみたい国はありましたか?

語学の壁は誰もが感じるもの。英語が苦手でも、行動しなくては何も始まりません!

まずは1か月間ほどの短期留学にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2015年3月23日

written

by saclalala


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop