現在17274個の困ったを解決できます!

2015月3月30日更新

<社会人必須のマネ-知識 金融商品の種類と特徴について>

350 views

最近NISAとかが話題みたいですが、実際僕は金融の知識が全くありません。社会人になるにあたって、基礎的なことを教えてくれませんか?(大学4年・男性)

 


金融商品の種類と特徴

© egon1008 - Fotolia.com

 

今年からNISAがはじまりましたね?

若い年代の人にもチャンス到来!

是非正しい幅広い知識を身につけて、自分の将来のためにも資金運用を考えてみてくださいね。

金融商品の基礎的な内容をご紹介しますね。

普通預金については、もう大丈夫ですよね。

では、その他の金融商品を紹介します!

1 貯蓄預金



10万円、30万円といった一定の預け入れをすると、普通預金より高い金利が付くものです。

普通預金と同じようにいつでもお金の出し入れができますよ。

2 ス-パ-定期・ス-パ-定期300・大口定期預金(1000万円以上)



普通の定期預金より高い金利になり大口定期預金では、

高額になると金融機関との相対交渉で金利の上乗せが可能という特徴があります。

3 変動金利定期預金



預け入れ期間中でも6ヶ月ごとに適用金利が見直され、金利が変動する預金です。

郵便局・信託銀行でも同様の商品がありますが、

少し普通の銀行と違っている面もあるので、窓口で聞いてね!

 

4 金融債発行銀行の貯蓄商品



一部の金融機関が発行する債券を「金融債」といいます。

ちょっとわかりにくいね。

国債は国が発行した債権で、一種の借用書です。

割引金融債



発行価格を額面金額から割り引く形で発行し、

額面金額(1万円)より割り引いた低い価格で発行され、

1年後の満期時に額面金額が返ってきます。ちょっと利率がよくなるね。

利付金融債・ワイド



利息が支払われる債権です。

通常の利付金融債は半年ごとに利息が支払われますが、

ワイドは5年後に一括して支払われます。
いずれも1万円からはじめられるけど、

ワイドは換金が1年間はできません。

5 外貨預金



外国の経済が良くなると外貨預金も魅力的です。

アメリカやカナダ、オ-ストラリア(豪ドル)、ニュ-ジランド等が今は人気ですね。

外貨建ての金融商品を円で購入し、円で支払いを受ける場合は、

円と外貨の両替が必要になります。

だから、商品自体の利益や損失とは別に、外国為替相場が変動することで利益や損失が出ます。

為替リスクに気をつけてね。

6 株式



会社が事業を営むため、資金を確保するために返済義務のない

「自己資金」として調達するものです。

資金を出した人を株主といい、

株式に投資することのメリットは株価の上昇による益、配当金、株主優待などです。

しかし、株価の下落によるリスクもあることを忘れないで!

売買は証券会社の窓口へ、インタ-ネットや電話でも取引はできます。

7 投資信託



投資家から集められた資金で、専門家が管理・運営し得られた収益を投資家に還元する商品です。

ファンドともいいます。1万円からできるよ。

専門家による運用なので、各金融機関で持っている商品をたずねてね。

購入時に手数料がかかったり、運用管理費用も必要です。

種類としては、インデックスファンド、ファミリ-ファンド、不動産ファンド、公社債投信などいろいろあります。

 

いかがでしょうか?今、手持ちのお金の運用を考えてみましょう。

しかし、どれも税金がかかったり、リスクがあることを考慮してね!

ぜひ社会人として、知識を身につけ自分らしい運用で、明日への活力を手に入れてください。

2015年3月30日

written

by torukoisi


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop