現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月23日更新

「日焼け=やけど」って知ってた?症状別に見る日焼けのアフターケア

276 views

しっかり日焼け止めを塗っていたんですが、海に行ってこんがり日焼けしてしまいました。アフターケアを教えてください。(大学2年生・女性)

 


日焼けのアフターケアをする女性

海やプールに行くと、どんなに日焼け止めを塗っていても、どうしても日焼けしてしまいますよね。

ヒリヒリしたり、赤く腫れたり…いろんな日焼けの症状がありますが、今回は症状別に、アフターケアをご紹介します!

 

「日焼け=やけど」と思うべし



直火が原因では無いのでピンとこないかもしれませんが、日焼けはれっきとした「やけど」です。
日焼けとは、遠赤外線でじっくり焼いているような状態です。

ひどい日焼けをしてからしばらくたつと、痛みがなくなってかゆくなり、皮膚がむけてきますよね。
これは死んでしまった皮膚がカサブタとなって剥がれてくるからです。

日焼け止めを塗る目的は、黒くならないためや皮膚がん予防に加えて、
「真っ赤になるような強い日焼け=やけどをしないため」なんです。

火傷であれば、もちろん手当が必要です。それでは、具体的なアフターケアを見ていきましょう。

 

応急処置



海水浴などレジャーで強い日焼けを起こしてしまったら、とにかくすぐに肌を冷やしましょう!
冷やすことで火傷の炎症が進むのを抑えることができます。

そして水分をたくさん補給し、安静にして過ごしてください。
日焼けの起こっている部分には、冷やしたタオルなどを当てましょう。

体の広い範囲に起こっている場合は、水風呂に浸かるのも効果的です。
シャワーは皮膚に刺激を与えないように注意してください。

しかし体を冷やし過ぎると体温が下がるので、全身を冷やし過ぎるのはいけません。

 

痛くて眠れないとき



夜も眠れないくらい痛みを感じるときは、家に置いてある常備薬などで、
効能・効果のところに「火傷」の表示があるものをつけて対処しましょう。
軟膏などには、火傷にも対応しているものが多くあります。

そして翌日には、皮膚科の専門医に診察してもらいましょう。

水疱があるとき



水疱がある場合には、早めの受診をおすすめします。
水疱がつぶれて雑菌が入ると、悪化して跡が残りやすくなります。

 

発熱してるとき



炎症が強いと、発熱や体の衰弱を引き起こすこともあります。
その場合は無理をせず、すぐに受診してください。場合によっては重篤になる危険性もあります。

 

日焼けから数日間のおすすめケア



顔がひどく焼けてしまった場合の集中ケアの方法をご紹介します。

当日



とにかくしみるので洗顔は出来ないと思われます。冷やすことに専念してください。

 

2日目



朝~昼



・洗顔などは素洗いで済ませましょう。しみる場合はしなくても大丈夫です。
・化粧品や日焼け止めは塗らず、さらに紫外線に当たることのないよう外出を避けましょう。

 



・化粧水はおそらくしみるので使えません。無理はしないように。
・消炎作用のある成分入りのクリームや美容液、オイルなどしみないものだけをつけてください。

 

3日目



朝~昼



・洗面器に洗顔料(弱酸性~微酸性)を溶いて、そのぬるま湯をかけるだけで洗うようにしましょう。
・3~5回ほど顔にかけたあと、流れている水に近いぬるま湯ですすいでください。
・この日も日焼け止めやメイク品の使用はさけましょう。

 



・朝と同じ要領で洗顔します。
・ヒリヒリしたり、痛みがなければ4~5回くらい手で美容液→化粧水の順番でつけましょう。
・パッティングも刺激になりますので、コットンの使用はやめてください。
・ その後、クリームやオイル、美容液などで保湿します。

 

 

参考になりましたか?
日焼けをしてしまっても、アフターケアに気をつければ症状を軽くすることが出来ます!
対策を知って、楽しい夏を過ごしてくださいね。

 

2015年3月23日

written

by mmm22


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop