現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月13日更新

就活生の悩みの種?面接で短所を聞かれた時の答え方

1961 views



インターンの面接で「あなたの短所は何ですか?」と聞かれましたが、上手く答えられませんでした。どのように答えるのが正解なのでしょうか。(大学3年生・男性)






就活生のみなさん、就職活動は順調でしょうか?
自分の人生を決めると言っても過言ではない就職活動ですが、一番の鬼門はやはり面接。
自分をアピールできる唯一の場と言っても過言ではない面接ですが、ほぼ必ず聞かれるものがあります。
そう、「長所と短所を教えてください」というものです。




なぜ長所と短所が聞かれるのか



面接を受ける人

© BlueSkyImages - Fotolia.com

おそらくこの質問は、「この会社を選んだ理由」の次ぐらいには定番になっていると思います。
実際問題として、相手の長所短所を知っておくことは
業務を円滑に進めるためのひとつの情報になるので質問されることが多いのでしょう。
しかし、自分の長所や短所というのはなかなかに難しい問題で、長所はすんなり出てきても短所は出てこないもの。
仮に出てきたとしても、印象を下げたくないからなかなか言い出せないなんてこともあるかもしれませんね。

そんな時、どうすればいいかを少しだけお教えします。

 

短所を長所に結びつける



ひとつ例を挙げましょう。
例えば、「自分の長所は想像力が豊かであること、短所は周りが見えなくなることです」
といった台詞。
これだけだと短所が短所のままになってしまいます。
「なんだ、こいつは人の話をよく聞かない奴なのか」と取られてしまっては目も当てられません。
ですが、こういう言い回しにするとどうでしょう?
「自分の長所は想像力が豊かであることです。短所は周りが見えなくなることですが、
これはひとつの事にしっかり集中しているということなので長所でもあります」
この言い方だと、短所である「周りが見えなくなる」というデメリットが
「ひとつの事にしっかり集中している」というメリットによって打ち消されています。

 

こうやって、自分のデメリットを主張しつつメリットを多めに自然に発言することで
相手に良い印象を与えることが可能になるのです。

 

短所は長所になり得るということ



ちなみに、このように一見短所でも長所となる部分というのは意外に多いもので、
活用するといざ聞かれた時に困ることは少なくなるのではないかと思われます。
そして、こうやって短所を長所に結びつけるということは自分のいいところを見つける作業にもなります。
いいところが増えれば頑張る気持ちが高まります。
そして短所を長所に変えていくことへの踏み台にもなりますので自分自身が成長する機会を増やしてくれるのです。

これから何回も面接をしていくかも知れないあなた方へ。
この「短所を長所に結びつける」考え方は面接時の好感度の上昇だけではなく、
日常で自分が頑張るためのカンフル剤になり得る考え方です。
面接の時だけでなく、日常生活でもぜひ活用して欲しいと思います。
思った以上に自分の長所ってたくさんあるものですよ。

2014年9月13日

written

by 東雲-楓


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop