現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

男友達から恋人候補に?男性からの隠れた脈ありサイン7選

9581 views

気になる男性がいるのですが、なんか微妙にこちらを意識している気がします。どんなサインが脈ありなんですかね?(大学2年生・女性)


脈アリ

© blanche - Fotolia.com

ただの友達か、それとも自分のことを女性として意識しているのか……。

よく注意しないと日常の交流の中に紛れそうな行動で、気になる男性が自分をどう思っているのか、

そのために見るべきポイントを集めました。

 

目をみる



よく、「視線を感じる」ということがあります。

気になる異性が自分のことを見ていてくれたら、ちょっと「脈アリかも?」と疑いますよね。

ですが相手は男子「視線がこちらを向いている」というだけでなく、どこを見ているかを入念にチェックしましょう。

悲しいかな男子は、相手が自分の好きな女の子かどうかに関わらず、

異性のカラダに目が行ってしまう生き物なのです。

胸や脚に視線が送られてきたからといって、脈があるわけではないのかも。

チェックすべきは、「目が合うか」です。

光は決して曲がらないので、目が合うことは相手が自分の目を見ていなければ決してありえません。

そして気になる男子が自分の目を見てきていたら、ちょっと脈アリ。

「視線を感じる」というだけでなく、その向かう先にも、すこし注意して見てみてください。

 

小さい変化に気付く



これは王道ですが、やはり鉄板です。

変化に気付く、ということは普段から見ていないとできることではありませんから。

この項目に関してはあまり解説はいらないかもしれませんが、

注意すべきは「変化に気付いてくれなかった」イコール「脈ナシ」ではないということ。

好きな女の子のことだって、気付けなければ気付けません。あまり早計せずに、観察してみてください。

 

ボディタッチが多い



「されたらイヤ!」という人ももちろん多いのでしょうが、

反発するだけでなくここでもちょっとだけ分析的に考えてみましょう。

もっとも世の中には相手が誰であれボディタッチしまくるという人もいますからあまりあてにはできないかもしれませんが、

やはり触れたいというのはすこし特別な気持ちです。少なくとも異性として魅力を感じられているということでしょう。

考え方はいろいろかもしれませんが、判断の基準のひとつに。

 

自慢話が多い



自慢、というのはするのが好きな人も、自慢したがらないひともいますが、

やはり自分をよく見せようとする無意識の表れです。

ここも分析的に考えてください。もし自分とはなすときのほうが、

ほかの女の子と話しているときよりも自慢話をよくする、というのであれば、

それは自分を「よく見せたい相手」だとおもっているということです。

ちょっと注意深く観察してみては。

 

愚痴を聞き出そうとする



愚痴を聞いてあげたい、というのはとてもわかりやすく、また特徴的な愛情の発露です。

それは相手を楽にしてあげたいという意識と同時に、相手のことを知りたいという意識が働くからです。

自分にとってはちょっとしたことなのに、よく気にかけてくれたり、

「ハナシ聴くよ?」ということを何度も言ってくれたら、それは愛情の証です。

 

自分のことで細かいことをよく覚えている



「変化に気付く」というのと似て聞こえるかもしれませんが、けっこう違います。

ポイントは「変化に気付く」よりも起こりやすいこと。

細かい変化というのは、よく見ている相手でも見落としてしまうことがあるかもしれませんが、

好きな人に関する情報というのは、人間かなり細かいところまで覚えているものです。

とくに誕生日など儀式的にみんな知っていたりすることではなく、

二人だけの会話で以前にぽろっと言った情報を覚えていたりしたら、かなり脈アリかも。

 

教えてあげる…で約束をする



何か教えてあげたいというのも、とくに男性が女性に対し持つ典型的な愛情の発露です。

ただ、それだけなら、べつに誰が相手でも教えるくらいするよという人も多いのでちょっと判断は付きかねるかもしれません。

分析的結果のためにも、ここは自分から実験してみましょう。

教えてもらいたいことを、あえてふつうに聞くのではなく、「今度教えてくれない?」と言ってみましょう。

そこで「いいよー」と軽く流されてはわかりませんが、

「じゃあいついつに…」と約束する形を相手が持ち出して来たらすこし期待していいかもしれません。

聞かれたから答える、という意識だけでなく、教えてあげたいという意識が介入するからです。

とくに怪しまれることでもありませんから、一度試してみては。

 

いかがでしょうか。

もちろん人はそれぞれなので一概に言い切れるようなことではありませんが、すこしチェックしてみてください。

2014年8月31日

written

by nmaru


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop