現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月13日更新

いつもありがとう!喜ばれる父の日メッセージ例文集

255 views

父の日にお父さんに日頃の感謝を伝えようと思いますが照れくさくていまいち何を行ったらいいのか分かりません。どんな言葉が喜ばれるのでしょうか?(大学1年生・女性)


ネクタイとバラの花

画像引用 写真AC

 

年に一度の父の日。
カードにメッセージを書く方、メールでメッセージを打つ方、
いろいろな方法で感謝の気持ちを伝える方がいらっしゃるでしょう。
しかし、いざとなるとどう書けばいいのかわからなくなることはないでしょうか。
いつも感謝はしているけど、どういう言葉で気持ちを伝えるべき?という方に、
お父さんに喜ばれるメッセージの例をご紹介します。

 

「ありがとう」



定番ですが、まずは感謝の言葉を素直に表現してみましょう。回りくどい言葉よりもストレートに伝わります。

「いつもありがとう。普段あまり口に出さなくてごめんね」
「口には出さなくても、いつも感謝しています」
「私がこうして平和に暮らしているのは、お父さんとお母さんのおかげです。どうもありがとう」

 

「体を大事にしてね」



お父さんもそろそろいいお歳なはず。仕事で無理をしているかもしれません。子供から労りの言葉をかけられると、それだけで嬉しいものです。

「体は大丈夫?無理しないでね」
「仕事に趣味に忙しいかもしれないけど、たまにはゆっくり休んでね!」
「いつまでも元気なお父さんでいてください」

 

「お仕事お疲れ様」



普段あまり言わない人が多いかもしれませんが、せっかくの父の日です。
お仕事をがんばるお父さんはかっこいいと言ってあげてください。
また、就職について考え始めた方にとっては、一社会人としてお父さんを見直す頃でもあると思います。

「仕事でがんばるお父さんの背中を見ながら育ちました」
「仕事に打ち込んでいるお父さんは素敵だけど、体は壊さないでね!」
「最近あまり会話してないけど、今はどんな業務をしてるの?今度話してね。就職について不安なところがあるから、自分の話もきいてほしいし」

 

「お父さんがしてくれたこと」



お父さんが自分にしてくれたことでも、一緒にしたことでも何でもいいんです。お父さんが自分に手間をかけてくれているのをちゃんと見てるよ、というのをきちんと伝えてみましょう。

「この前お父さんと一緒に行ったあのレストラン、すごくおいしかったし居心地もよかったね。また一緒に行こうね」
「子供の時は泣いてばかりで、いつもお父さんに面倒をみてもらっていたけど、そんな私も大学生になりました。ここまで育ててくれて、どうもありがとう」
「発表会の時、お父さんが隠れて来てくれていたの実は知ってます。びっくりしたけど、来てくれて緊張がほぐれたんだよ。ありがとう。今度来る時は教えてね!」

 

「これからもよろしく」



感謝の言葉で始め、今後もよろしくという言葉で締めると、まとまりのいいメッセージになります。メッセージの最後には、これからもよろしくね、今度一緒に○○しようねという言葉を書いてみましょう。

「この前お父さんが面白そうって言ってた映画、時間を作って行こうね」
「お酒を呑める歳になったので、呑みに行きませんか。バイト代も入ったので、たまには親孝行させてください」
「これからもお母さんと仲良くしてね。冬休みの家族旅行が今から楽しみです」
「まだまだ迷惑をかけるかもしれないけど、これからも私のことをよろしくね」

 

 勇気を出して書いてみよう



いかがでしたでしょうか。
父の日に喜ばれるメッセージの例文をご紹介しました。
今回ご紹介した例文を組み合わせて、綺麗な文章に整えて書くのもいいのですが、

自分らしい言葉で書いてみるのも大事です。

荒削りな感謝の言葉でも、自分の頭で考えた言葉ならお父さんならわかってくれるはずです。
どんなに仲がいい人にでも、感謝の言葉を伝えるのは必要なことです。
せっかくの父の日ですから、例文のような定番の言葉でも自分が考えた言葉でもいいので、

勇気を出して自分の気持ちを伝えるメッセージを書いてみましょう。

メッセージを送ることで、お父さんの喜ぶ顔を見られたらいいですね。

2014年9月13日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop