現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月30日更新

大学の選び方が分からない!「家が近いから」だけじゃない先輩の決め手とは?

2583 views

とりあえず大学に行かなければいけないのはわかってるんですが、志望校がなかなか決まりません…(高校3年生・女性)


大学の選び方に悩む女性

画像引用 写真AC

そろそろ大学進学について考え始める時期。しかし、これといって憧れがある大学があるわけでもないし、どの大学がいいのかわからないという人もいるでしょう。

今回は、大学を選ぶ決め手って何?と思う人に、大学の選び方をご紹介します。

 

自分が大学で学びたいことは何か?



自分が興味のある分野、得意分野を明確にしましょう。授業を受けていて楽しい教科、テストの点数のいい教科を思い浮かべてみましょう。

勉強が苦手という人は、部活や習い事、趣味、それから「やってみたことがないけどずっと興味がある」という分野について考えてみるのもありです。

4年間通うのですから、自分に合ったものを学べるよう、まずは考えてみましょう。「自分の好きなもの、知りたいもの、向いているものは何か?」を突き詰めて考えて、選択してみるというのは、実は大事なことです。

また、「こういうことを学びたいんだけど、どこの学部・学科に通えばいいのかわからない」という人は、学校の先生や家族、友人に聞いてみましょう。

分野の名前を知らないことには詳しく調べることができません。

 

学びたいことを学べる大学があるか調べる



学びたいことがある程度決まったら、大学を探し始めましょう。インターネットや本、学校や予備校で、情報を集めましょう。

日本文学を学びたいなら、現国や古典の先生にアドバイスを求めるなど、身近にいるその分野に詳しい大人に聞いてみるのもいいでしょう。

オープンキャンパスや説明会に行き、実際に校舎を歩いてみたり、大学の先生方や学生さんとお話ししてみるのもおすすめです。

楽しそうなサークルの様子も見られるかもしれません。大学の雰囲気が自分にあっているかどうか、居心地がいいかというのは、実は大事なポイントです。

 

立地と授業料についてご両親と話しあう



通いたい大学は、実家から通えるところにあるのか、寮やアパートを借りなければいけないのか。

また、授業料や入学金はいくらなのかということを考えてみましょう。せっかく「ここに行きたい!」と決めても、立地や授業料についてご両親から反対されては、入学は難しいものです。

大学を選ぶ初期の段階でご両親と話しあいましょう。

ご両親との話し合いは大学入学への第一歩です。

カリキュラムについてなど、何か反対されることがあれば、どうしてその大学に行きたいのか、行って何をするのかをしっかりと自分の言葉で説明し、折れてもらえる余地がないか話しあってみましょう。

ご家庭の経済力では難しい授業料でも、奨学金について調べてみて、通学可能か検討してみましょう。

 

偏差値・受験方法を調べてみる



大学が絞れてきたら、自分の偏差値とその学部(学科)の平均を照らし合わせてみましょう。

偏差値が足りなくても、受験まで時間があれば上げられるかもしれませんし、受験方法や対策の工夫次第で合格できることもあります。

一口に受験といっても、推薦入試、AO入試、センター試験などいくつもの受験方法があり、合格までに何度もチャンスがあるものです。

二校で迷っているなら、受験方法を確認して、自分の得意な教科の点数を生かせて入れそうな大学を受ける、と決めてみるのもいいでしょう。

 

就職について



まだ入学してもいないのに就職の話?と思うかもしれませんが、数年後、大学卒業の時期になれば、必ず就職について直面します。

今、いくつかの分野・学部で迷っているのなら、その分野で学んだ技術を生かしてどんな職業に就けるのかということや、就職率を調べて、

将来この仕事をしたい、この仕事なら就職口がありそうだ、という点で選んでみるのもいいでしょう。

また、大学は地方、就職は東京と考えている人もいるでしょう。

しかし、大学によっては、就職活動のための金銭的な支援をあまり行わないところもあるので、大学で支援してくれる就職活動の内容を見てみるのもいいでしょう。

地方で学費の安い大学に通ったとしても、東京の就職説明会や面接に通えば、交通費などがかかり、内定が出るまでに数十万円かかる、といったことがあります。

 
いかがでしたでしょうか。

大学は、人生に一度きりのもの。

そこで得たものは大きな実りとなるはずです。

どの大学が自分にあっているのか、きちんと選んで、楽しい大学生活を送ってみてください。

2015年3月30日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop