現在17272個の困ったを解決できます!

2014月7月29日更新

背筋がゾ~ッとする!夏におすすめのホラー映画5選

455 views

せっかくの夏休み友達と思い切り遊びたいのですが、暑すぎて外にでる気がしません。そこで家でホラー映画で涼もうと計画をたてているんですが、何かおすすめの映画はありませんか?教えてください。(大学2年生・男性)


夏といえばホラー! 今回は、夏に見ていただきたい、背筋がゾ~ッとする映画を5本選んでみました。
 

1.  伝説的なオカルト・ホラー「オーメン」



オーメンの画像 画像引用 amazon

まずはホラー映画の代表と言われる「オーメン」をご紹介します。

身籠っていた妻が死産した駐英大使は、妻の死んだ日に産まれたという孤児・ダミアンをひきとります。

しかし、ダミアンの周りで不可解なことが起きていき、ある日牧師から「ダミアンは悪魔の生まれ変わりだ」と言われ……?

傍から見れば普通の5歳の男の子、しかしダミアンとは一体何なのか?

1976年公開という古い映画ですが、今見ても演出やストーリーが新しいのです。 映画を見ながら様々な解釈をするのが好きだったり、普通のホラーには興味がないという人におすすめの一本です。

印象的な音楽にも耳を傾けてみてください。
 

 2. サイコ・ホラーの金字塔「羊たちの沈黙」



羊たちの沈黙の画像 画像引用 amazon

次にご紹介するのは、サイコ、サスペンスの傑作「羊たちの沈黙」(1991年)です。

殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリスは、レクター博士という、天才精神科医でありながら9人を惨殺した上食べた罪で刑務所にいる人物を知り、彼の助けを借りながら捜査を行っていくが……?

見所はアンソニー・ホプキンス演じる博士のキャラクターの強さ!彼の不気味さ、知的さ、魅力は言葉にできません。

上質なサスペンスが好きな人はぜひ見てみてください。 続編も出ており、順に見るのが必須というわけではありませんが、第一作の印象は強いです。

本作からご覧になるのをおすすめします。
 

 3. 密室ホラーの傑作「シャイニング」



シャイニングの画像 画像引用 amazon

恐怖といえば密室ですね。

「シャイニング」(1980年)はそんな密室ホラーの代表作です。 舞台は山の中にある古いホテル。 雪に閉ざされ陸の孤島であるホテルに、冬季管理人としてある一家が滞在し始めるが、次々とおかしなことが起きていき……。

ジャック・ニコルソンの怪演が有名ですが(DVDジャケットの写真の顔、凄い演技ですよね)、個人的には子供が取る奇妙な行動が一番恐ろしかったです。

スプラッター系ホラーではなく、逃げ場がないところでじわじわと恐怖につつまれていく心理戦が怖い映画です。

また、鬼才キューブリック監督独特の演出・映像を楽しめるのも見所です。冬のホラーを見てヒヤッと涼しくなってみましょう!
 

 4. 夏といえばこれ!海洋パニック「ジョーズ」



ジョーズの画像 画像引用 amazon

言うまでもなく有名なパニック・サスペンス「ジョーズ」(1975年)をご紹介します。

海水浴場に現れ、次々と人間を襲うサメ。 サメとの戦いという、言ってしまえばストーリーはシンプルなものですが、 さすがスピルバーグ監督。撮り方がリアルすぎて怖いです。

同監督のサスペンスと言えば、同じく初期の頃に「激突!」(1971年)という 大型トレーラーに追われるカーチェイスものもあり、これもおすすめです。 また、同じく海洋パニックでは「オープン・ウォーター」(2003年)という サメのいる海に手違いで残されてしまう夫婦のサバイバルを描いた作品もあります。

「ジョーズ」のサメの背びれだけが波の上に出てだんだんと近寄ってくるシーンは、トラウマになりそうですよね。 あまり海のホラーを見すぎると海に行けなくなってしまいそうです!
 

5. ちょっぴり怖いサスペンス・ホラー「シックス・センス」



シックスセンスの画像 画像引用 amazon

最後にご紹介するのは「シックス・センス」(1999年)です。

血が出るのだとか怖すぎるのは苦手だけど、 ホラーの気分は味わいたい!という人におすすめなのがこの映画です。 小児精神科医と、死者が見える少年の心の交流が描かれています。

恐怖で迫りくるシーンの連続ではなく、怖いシーンがありながらも人の感情をじっくりと追った名作です。 なんといってもラストが圧巻ですので、最後までお見逃しなく。 M・ナイト・シャマラン監督のホラーといえば「ヴィレッジ」(2004年)もおすすめです。

本作と同じくちょっぴりホラーなまま、映像やストーリーがさらに幻想的になっています。
 




 
いかがでしたでしょうか。

夏におすすめのホラー映画をご紹介をしました。

一口にホラーと言っても、今回ご紹介した作品のほか、 ゾンビものなら「ゾンビ」(1978年)、スプラッターものなら「13日の金曜日」(1980年)、 日本のホラーなら「リング」(1998年)や「呪怨」(1999年)など、様々なタイプの映画があります。

お好きなホラー映画を見て、怖くも楽しい夏を過ごしてくださいね。

2014年7月29日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop