現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月22日更新

失敗しない大学選びに!就職実績から見る各有名大学の強み~文系編~

5880 views



受験を控え、大学選びに迷っています。将来は就職を考えているのですが、どういった点に注意すれば、自分の志望に合った大学を見つけられるでしょうか?


(高校3年生 女性)







桜をバックに走る女子高生


© milatas - Fotolia.com



大学選びを失敗したなぁ~と思えるのは、正直贅沢な悩みですよね。
今日の大学選びは、ほぼ自分の偏差値や学費の問題で決まる様なものですが、その決められた条件の中でも、良い大学を選びたいものです。


では良い大学とは、一体どんな大学でしょうか?
偏差値の高い大学なのか、それとも知名度はそれなりだけど自分のものさしに合った大学なのか。
そんな大学選びの基準の一つとして、就職実績をポイントにいくつか上げていきたいと思います。





歴史があり、知名度がある



東京大学はもちろん、例えば、日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学・・・いわゆる日東駒専というもの。
箱根駅伝で有名な大東文化大学、亜細亜大学、帝京大学、早稲田大学などなど。
いずれもメディアを通じて、名前は必ず耳にした事があるであろう有名校ばかりです。
そして国公立大学の多くは昔からあるので、その歴史も古く偉大な著名人や有名人も卒業生であったりします。
これらの知名度があり歴史がある大学のメリットは、「あの大学は〇〇が有名だよね、あの有名人がいるよね」と前例もあり情報がそれだけありますので 、
イメージや強みがわかりやすく、信用性もあります。それが一番の安心だと思います。
なので就職時、企業側でも採用はしやすい傾向にあると思います。

ちなみに大企業・有名企業の半数は一ツ橋大学出身者と言われており、やはり国公立卒業生が多いらしいです。

 

施設が充実している



また、施設が充実している事で有名な大学もそれだけいろいろなメリットがあると思います。
とくに郊外型の大学や地方の大学は、構内がかなり広大で、 敷地内に寮や食堂棟、複数のグラウンドがある~など、郊外型ならではの特徴があります。
首都圏内に学部によって校舎が点在している大学に比べ、敷地内に寮や施設が集中していると学業に専念できます。
また その寮の充実度から、留学生や地方出身者が多い傾向があるのも特徴だと思います。
この様な郊外型の大学で、さらに専門性の高い大学の就職率が高いのは、納得できる環境だと思います。

最近では早稲田大学が、日本人と留学生の混在する国際学生寮WISHという寮を新設しました。
グローバルな人材育成を目的とし、先輩寮生がいろいろとサポートしてくれ、
学生寮の中でも施設の充実度もちろん、そのサポート体制はかなり高いレベルだと思います。

とくに自分の学びたい事が英語で、将来英語を使用する仕事につきたいのであれば、
留学システムの充実度を重視したり、留学生の多いこの様な取り組みをしている大学を選択肢として考えても良いと思います。

 

産業 商業 経済 という言葉のつく大学や学部に注目



例えば千葉商科大学は、中小企業に就職率が高いと言われています。
その理由は具体的なビジネス文書の書き方や、簿記の知識が学べるからだそうです。
確かに商業や経済という言葉のつく大学は、それに特化している内容が学べるので、就職してもすぐに役立つ様な知識が身に付くのだと思います。

他にも日本経済大学の卒業生などが、中小企業で多く活躍している様です。

 

学生ベンチャーを支援している



学生が企業するケースはもはや珍しくない時代ですが、企業しても活躍できる場がないと意味がありません。
そこでその後押しをしてくれるのが、在校生時お世話になった母校です。

上の千葉商科大学は、起業した学生が学食にホットドックのお店を出し、立派に運営をしています。
また駿河台大学も、敷地内にあるセブンイレブンは卒業生が運営するなどしています。
予め学校側で何かしらの企業を応援するシステムが有る事は、就職を斡旋している~という事の表れでもありますのでなんとなく安心できる要素ではないでしょうか。

 

 

今現在、大学選びをしている学生さんは、実際に校舎に足を運び、自分の目で確かめてみましょう。
そして複数受験をする場合は、どの大学へ行っても後悔しない様にして下さい。

第一志望に受からなくても、第二志望の大学だったらじゃあ何を学べるか?
将来を見据えて大学選びをする事をおすすめします。

2014年8月22日

written

by katu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop