現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月30日更新

【カンボジア】アンコールワットだけじゃない!観光スポット5選

2564 views

 サークルのみんなとカンボジアにいきたいと思っているのですが、アンコールワット以外でおすすめの観光スポットがありましたら教えてください。(大学2年生・女性)


アンコールワットのイメージが強いカンボジアですが、実は他にも面白い観光スポットがあります。
遺跡からビーチリゾートまで、意外と知られていないカンボジアの魅力をご紹介します!!

 

1:ベンメリア



カンボジア観光地ベンメリア

(撮影:山口夏未)



 

今にも崩れそうな、この遺跡こそがベンメリアです。
アンコールワットのある、シェムリアップの街から、ミニバンで約2時間。
密林の中にひっそりと佇むその姿は、
まるでこの遺跡のまわりだけ時間の流れがゆっくりになっているかのよう。

ベンメリアは「花束の池」という意味で、三重の回廊、十字型の中庭などの伽藍配置が特徴的です。
アンコールワットと建物の配置などつくりが似ていることから、「東のアンコール」とも呼ばれているそうです。

 

2:プレアヴィヒア



カンボジア観光地プレアヴィヒア

(撮影:山口夏未)



 

お…落ちる!!!絶壁の崖から見渡す限りの大自然。
カンボジアに絶景スポットがあったなんて、皆さんご存知でしたか?

タイとの国境に位置するこの場所こそが、プレアヴィヒアと呼ばれる
カンボジアきっての絶景スポット。
シェムリアップからミニバンに揺られること4時間、そこからさらにトラックに乗り換えて、
荷台にしがみつき、やっとたどり着いた遺跡を抜けると目の前に広がるその絶景には、
誰もが感動すること間違いなし!

 

3:シェムリアップのナイトマーケット



カンボジア観光地ナイトマーケット

(撮影:山口夏未)



 

海外に行ったらもちろん、お土産は買いたいですよね。
カンボジアは日中とっても暑いので、夜涼しくなってからのショッピングがお勧めです。

シェムリアップのナイトマーケットは、東南アジア有数の規模の大きさ。
そして何より、雑貨が安い!!

日本には無いような、かわいいアジアン雑貨がたくさんあります。
もちろん、お店のおばちゃんとの値切り合戦も、ナイトマーケットの醍醐味のひとつ。
ショッピングを楽しんだあとは、近くにあるパブストリートで乾杯して、カンボジアの夜を満喫しましょう。

 

4:ロン島



ロン島

(撮影:山口夏未)



カンボジアが誇るビーチリゾートには、シアヌークビルという街が有名ですが、
ご紹介するのはそこから高速船で40分の場所にある、ロン島。

まだ開発の進んでいないこの島では、フェリー乗り場側から
山の中を約1時間トレッキングしないと辿り着くことのできないとっておきのビーチがあります。

ロングビーチと呼ばれるこの場所は、さらさらの砂浜が広がり、
夕方には水平線に沈む夕陽を眺めることができます。

島には多くのバンガローがあり、都会の喧騒を離れてのんびりとハンモックに揺られたり、
ヨットをチャーターして島の周辺でシュノーケリングや釣りを楽しんだり、
夜はビーチでBBQをして世界中から集まる旅人達と飲み明かしたりと、
朝から晩まで離島ライフを楽しめる要素が満載です。

数年後には、島全体がリゾート開発されるという噂もあるので、この美しい海は今しか見られないかもしれません。

 

5:キリングフィールド



キリングフィールド

(撮影:山口夏未)



 

カンボジアで街を歩いていると、なんだかお年寄りが少ない…。
それは過去に起こった大量虐殺の歴史を物語っています。

首都のプノンペンにあるキリングフィールドは、そんなカンボジアで、
過去に大量虐殺が行われていた場所です。
入口の正面にある塔の中には、大量虐殺によって殺された人々の遺骨と遺留品が、
慰霊の意味も込めて収められています。

キリングフィールドの中にある湖には、当時多くの人々の遺体が投げ込まれ、
雨期になると未だにその人々が着ていた服が、浮いてくるとか。命の重みを感じることのできる場所です。

 

いかがでしたでしょうか。カンボジアを訪れる際はぜひ、
アンコール遺跡だけではなくさまざまな楽しみ方を体験してみてくださいね。

2015年3月30日

written

by 山口夏未


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop