現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月11日更新

復縁したいからこそ必要な「冷却期間」の5つのポイント

3528 views

ずっと付き合っていた彼と別れました。私はまだ好きなので復縁したいと思っているのですが、まだ時間が必要なようです。どのくらい待てばいいでしょうか。復縁の可能性はあるのでしょうか。(大学3年生・女性)


けんかして別れたカップル

© JackF - Fotolia.com
 

要は「気持ちを冷めさせる期間」、個人差があります。



冷却期間とはいえ、そんなの賞味期限でも何でもないので個人差は間違いなくあります。

自分は好きだからなるべく早く冷却期間を終えて、前に進ませたいと思い行動しがちですが、相手にとっては何の期間でもないかもしれません。そのことを念頭に置いて行動しましょう。

女性の場合は3カ月~1年、男性の場合は半年~3年と、男女の違いでもこれだけ差があるそうです。

個人差があるので、逆にすごく短い期間の男性がいるかもしれませんが、それも分かりませんよね。

ある程度本当に連絡を取らないということをおすすめします。

 

相手の心にいるあなたのイメージを変えるための期間です



冷却期間とは、相手の心の中にいるあなたのイメージを変えるための期間です。

だらしなかった、ふてくされてた、なまいきだったなどマイナスイメージが重なって別れに至ったわけですよね。

そんなイメージを払拭するのがこの期間。

期間をあけて再び会っても、前のままだったなんていうのは時間の無駄ですね。

自分のどこを相手は嫌だったのかを考えて直していける努力をしながら冷却期間を過ごしましょう。

 

自分磨きの期間



上でもあげましたが、イメージを払拭できるの期間でもあります。

中身ももちろん変えていきたいですが、見た目も変えていきたいですよね。

外見を変えることでもっと印象は変わります。いつもと違った雰囲気の服に挑戦してみたり、相手が好きそうな外見に変えてみるのも手段かもしれません!

 

自分の気持ちを確かめる期間



相手と復縁するために必要な期間でもありますが、自分の本当の気持ちを確かめる重要な期間でもあると思います。

好きだから、冷却期間をおいてまたアプローチをしようと思っているかもしれませんが、もっと深く自分のことを考えてみてください。

どうして二人は別れなきゃならなかったのか、それは冷却期間をおいても改善できるものなのか、そして、本当に自分は相手のことが好きなのか。

やっぱり急にいなくなった相手を思ってしまうのはあるかもしれませんが、こうやって深く考えたら意外に違うのかもしれません。そうやって考えて本当の答えがでれば、復縁できたときにはもう離れない関係性を築くことができるのではないでしょうか。

 

相手を大切に思う期間



そして、これが一番重要なポイントだと思います。

相手を大切に思う期間です。

一緒にいるときには大切に扱うことができずに別れという結果になってしまいましたが、今離れてみて相手が本当に大切ということを実感していると思います。

そんな風に近くにいないけど、大事だなと思える期間だからこそ次こそは相手を幸せにしたい、一緒に幸せになりたいと思えるのではないでしょうか。

自分のことばかりを考えて、相手にどう見られるかばかりを研究する期間ではないことを忘れずに。

 

いかがでしょうか。

今冷却期間まっただなかという人は、こういったことにも気をつけて新たな気持ちで冷却期間を過ごしてみてはいかがでしょう。

 

2014年8月11日

written

by lusa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop