現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月15日更新

勉強に集中できない人にとにかく実践して欲しい3つのこと:前編

41730 views



試験勉強など、とにかく家で1人で勉強するのが苦手です。すぐに気が散って、寝てしまったり、携帯を触ってしまいます。「集中して勉強するコツ」「勉強がはかどるコツ」を教えてください。(大学1年生・男性)



集中できない男性



※Photo by gruntzooki





「遊べる時期」なんていわれる大学生ですが、




試験やレポートの〆切など案外忙しいもの。




試験勉強は誰しも避けては通れません。




“お勉強"で大事なことは、気合や精神力で誤魔化さないこと。





年に数回は、気合や精神力で切り抜けるのもよいでしょう。




しかし、毎度毎度では、馬や鹿、果ては小鳥にも、それがないと大事なことは何もできないのかい?と笑われる『ほにゃららの1つ憶え』です。




そこで今回は、集中して勉強できない人へ、




とにかくやってみて欲しい物理的な3つのコツを伝授します。




この記事では1つ目のコツを紹介します。





コツ1:邪魔はホントに邪魔




人は、一度見たものを、“見なかったこと"にすることはできません。




ところで、人は、寝ている配偶者の顔を、見るべきではありません。




若くて美しい乙女は、ぺてんが見破られないように、




寝顔を殿方に決して見せてはいけません。




殿方は、寝ている配偶者を見てはいけません。




心持ちうつむいて(目線を斜め45度以上、下げなければならない)、




薄目で布団に入らなくてはいけません。でないと、酒量が増えてしまいます。




「心と頭」は、見たものについて、取りあえず、反応します。




わたしたちは、「見たものに必ず反応する作り」になっているのですから、




心と頭が、反応しないように、身を処すのが賢明なのです。




勉強をする空間に、心と頭が反応してしまうものはないか?



旅行のパンフレットや写真たっぷりのガイドブック、


PC、テレビ、漫画・雑誌などがその代表です。






勉強をする空間が、趣味のもので一杯になっていないか?




例えば、おもちゃや携帯ゲーム機、グラビアアイドルの写真集やポスター、フィギュアなどです。




生きるためにそれらは必要でしょうが、勉強にとっては、邪魔の2文字です。




意を決して、それらを押入れにしまうか、




アクリルか塩ビのケースに片付けるか、果てには、処分します。




処分できないのであれば、それらが存在する場所では、勉強をしないようにします。





まずは、頭と心、及び身体から、それらを隔離することが大事です。





というのも、気になるそれらを、“気にしないように"するのには、




かなりのエネルギーが必要となるからです。





好きなのに好きでないフリをするのは、




大変な“労力"が求められるのを思い起こしてください。




余計なところにエネルギーを割いているから、




肝心のお勉強にエネルギーが不足して身が入らなくなるのです。





ですから、それらが存在しない場所に移動する方が、




①心身ともに疲れない




②気が散りようがない




③勉強しかできない  ので、アレコレするより、圧倒的に話が早いのです。





図書館で勉強する女性




© taka - Fotolia.com





集中できない人は、まず、大学なり県立・市立なりの図書館で勉強しましょう。




それか、長居できるカフェ、ファーストフード、




ファミレスのドリンクバーを探して、そこで勉強しましょう。




(※ 店の空気を読んでくださいね。マナーが悪いと出禁になります。)





圧倒的に純度の高い“集中"を経験できるはずです。




比叡山延暦寺から、学識のある高僧がたくさん輩出されたのは、




山中ゆえに邪魔がなく、集中して勉強できたからだと考えます。





では、コツ2「ネットワーク避難」と、コツ3「実質小学生」に続きます。




次回もお楽しみに。

2016年6月15日

written

by くらげ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop