現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月6日更新

日焼け止めと化粧下地はどっちが先?使う順番で効果が違うらしい

2511 views



夏に遊ぶなら、どうしても日焼けが気になってしまいます。


日焼け止めは買ったんですが、これって化粧下地と、どっちを先に塗るものなんでしょうか?


(大学1年生 女性)







ビーチで空を見上げる女性


暑い夏には欠かすことの出来ない日焼け止め。
もちろん、1年を通して紫外線は私達に降り注いでいます。


いまや、男女問わず必需品となっている日焼け止め。
ところで、女性の皆さんはファンデーションの前に化粧下地を使うかたも多いのではないでしょうか。
殆どの商品がこの化粧下地にも日焼け止め効果が期待できるものとなっています。
さて、この2つどちらを先に使えばいいのでしょうか。





日焼け止め、化粧下地のそれぞれの役割



日焼け止めは肌を紫外線から守るため
化粧下地はファンデーションを綺麗につけるため


この役割から考えると、日焼け止め→化粧下地の順が正しい用に思いますが、実はどちらにもメリットがあるようです。





日焼け止め→化粧下地の場合のメリット



この順番の場合のメリットはやはり、メイクの仕上がりが綺麗なことです。
後から日焼け止めを塗った場合、ムラができやすくなってしまいます。
それを化粧下地がカバーしてくれるため、ファンデーションのよれの原因になりません。
ただ、汗や皮脂によって、日焼け止めが流れてしまいやすいというデメリットがあります。





化粧下地→日焼け止めの場合のメリット



単純に、デメリットは上記に挙げたメリットの反対です。
白くなってしまったり、ファンデーションがのばしくにくく、ムラにもなりやすくなります。


では、この順番の場合のメリットはどうでしょうか。
化粧崩れをなおす際に、日焼け止めも塗り直すことができ、より日焼け止め効果を期待できることです。





対応策は?



そもそも、日焼け止めと化粧下地の両方を使うと、どうしても厚塗りになります。
このデメリット、また上記両方の解決策として、基礎化粧品を昼夜で使い分けることです。


それにより、日焼け止めを使わずに、化粧下地のみを使用します。
UVカット効果のある基礎化粧品を使い、化粧直しの際にはパウダータイプの日焼け止めを利用するのもおすすめです。


日焼け止めは2~3時間で塗り直しが必要とご存知の方も多いかと思います。
もちろん塗った場所に関係なく、塗り直しをしないとUVカット効果は持続しません。


つまり、頻繁な化粧直しによって、より効果が期待できます。
日中に使う用の基礎化粧品はUVカット効果のあるものを利用します。


また、日中用として販売されている商品は夜用に比べ、さっぱりした使い心地で特に汗をかく季節には助かります。
とは言え、日中長い時間外にでる方や、旅行、海水浴などの場合には日焼け止めと化粧下地を両方使うといった場合もあると思います。


その場合にはどちらの効果をより期待したいかで判断してみてはいかがでしょうか。



 

おわりに



いかがでしたでしょうか。
皆さんはどちらを先に使いますか?


化粧品と一口に言っても、様々な種類があります。
それぞれの商品によってはおすすめの順番があることもありますし、使い方が決まっているものもあります。


購入する際には美容部員さんに確認して、夏の紫外線からしっかりお肌を守りましょう!

2014年8月6日

written

by pinkymiu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop