現在17271個の困ったを解決できます!

2014月9月13日更新

TOEICリーディングスコアを100点アップさせる5つのテクニック

299 views

TOEICのスコアがなかなかあがらないのですが点数アップのこつがありましたら教えて下さい。(大学2年生・男性)


英語教育イメージ―ノートの上のアルファベットのおもちゃ

リーディング力をアップさせるためには時間短縮させるコツが何より大切です。では、どのように時間短縮できるのでしょうか。




  1. 単語、イディオムを徹底的に覚える









単語帳やノートを使って参考書に出てきた単語、イディオムは徹底的に覚えましょう。
単語帳を作ったままにしておくとどんどん増えていきます。あまり増えすぎてもやる気がなくなってしまいますね。
そこで、覚えた単語は破りとりノートに書きとめておきましょう。ノートはいつでも持ち歩けるような小さめのノートを使う事をお勧めします。
ノートのページを半分におり、左半分には単語を右半分には日本語訳を書くようにすると大変効率が良いです。

 




  1. 長文から解く









リーディングセクションでは時間配分が大きなポイントとなってきます。そこでオススメしたいのは長文から解くということです。
時間が迫っている中で長文を解いているのでは焦りから集中力がもちません。
それを改善する為にまずは長文から解いて残っている時間で穴埋め問題にとりかかるということです。
下記で述べますが穴埋め問題では問題を全部読まなくても見た瞬間に解ける問題がたくさんあります。
時間が迫っている中で解いていくには長文よりも穴埋め問題のほうが精神的負担が小さく、集中して問題に取り組むことができるでしょう。

 




  1. 時間を有効活用する









TOEICの問題を解くにあたって問題を全て読む必要はありません。設問を全て読むことはタイムロスといっても過言ではないでしょう。
特に穴埋め問題!ほとんどの問題は単語に対する理解があるか?文章の作りについての理解はあるか?を確かめる問いであることが多いので
カッコの前後を読むだけで解ける問題が多いのです。
カッコ前後を見ても回答にたどりつかない場合は文章全体を読みなおすのも良いですが、
あまり無駄な文章に目を向けることはかえって脳内を混乱させてしまう可能性があるので効率よく文章を読みましょう。
(ただし、長文は問題に物語全体について問われることがあるので注意)

 




  1. 分からない問題は飛ばす









TOEICは全問正解でなくてもスコア990をとれると言う事をご存じですか?
それなので分からない問題で悩み時間を使ってしまうことはとてももったいないのです。
例えば、回答候補の単語が全て分からない、文章の言っている意味が掴めないなど「無理!!」と思った時は躊躇なく飛ばしてしまいましょう。
分からない問題でつまづいて悩み過ぎてしまっては時間がもったいないです。
問題を解き終わった最後に戻って回答しても全く問題ありませんし、時間が足りなかった際には適当な記号をマークして提出することをお忘れなく。

 





  1. 問題の傾向に慣れる









参考書を使って何度も何度も練習をすることによって出題傾向に慣れることができます。
問題になれることによって、解くスピードが劇的にあがるので試験にはおおいに練習をして臨みましょう。
出やすい単語や、この文法ではこのような問題の出方があるなどのコツを掴むことができます.

 

いかがでしたか?このような解き方に慣れることでTOEICのリーディングは簡単にスコアアップできるのです。

2014年9月13日

written

by mika


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop