現在17272個の困ったを解決できます!

2016月8月4日更新

憧れのモテ系女子!仕事で忙しい男性が「癒されるなあ」と思う女性の特徴6選

95724 views

4月から社会人で職場にいてほっとするような女性ってどんな特徴があるんでしょうか?(大学4年生・女性)




癒される女性© taka - Fotolia.com


仕事で忙しい日常の中で、男性社員は職場の女性の何気ない言動に癒される場面がよくあります。

癒しを与えてくれる女性を、男性が放っておくわけがありません。

そこで今回、男性社員が職場の女性に対して癒されると思う特徴を6つご紹介いたします。




来年から社会人になられる方も参考にしてみてください。







変化に敏感



何気ない日常で、ちょっとした変化に敏感な女性には癒されることがあります。


例えば、髪型の変化にすぐに気がついて声をかけでもらえるだけでも嬉しいものです。


また、体調が悪いときすぐに気づいてくれて「大丈夫ですか?顔色悪いですよ」などと声をかけてもらえたときは、心が和みます。
変化に敏感だと、賢いというイメージもあるので間違いなく好印象です。



このような女性は、自分のことだけではなく、周りのことをみているなと思われて可愛がられますよね。






普段の優しい笑顔と、雑談時の無邪気な笑顔



やはり「笑顔」には誰でも癒されるものです。


しかし、一言で笑顔と言っても種類はいくつかありますよね。大きな声でゲラゲラ笑っていればあまり見栄えはよくありません。一番印象がいいのは、目が合った時にニコッと優しい笑顔を見せてくれるときです。普段からにこやかであれば話もしやすく、朝も笑顔であいさつされれば気持ちのいいものです。


また、普段まじめに頑張っている女性が雑談時に無邪気な笑顔を見せると思わず惹かれてしまいます。話が盛り上がって身振り手振りが多くなると愛らしいという印象も与えます。



いつもより笑顔で職場に出てみましょう。






残業中の気遣い



残業とは疲れるものです。


定刻が過ぎ、伸びをして、「さぁ、頑張ろう」と気合を入れ直す。


そんな時に職場の女性から「何か手伝いましょうか」と言ってもらえると癒されます。その何気ない一言だけでもより一層気合いが入るものです。


業務のフォローはもちろんですが、差し入れを持ってきてもらえるのも嬉しいです。飲み物や腹ごしらえのおやつを持ってきて「頑張ってください」と労いの言葉をもらえれば、残業も苦ではなくなりそうです。


また、気配りのできる女性に男性は惹かれるので、社内での人気も上がるでしょう。







相手の立て方がうまい



日々の業務の中で、自分の頑張りを評価されることは嬉しいことです。


上司に褒めれるのはもちろん、職場の女性に褒められるとなお嬉しいです。


しかも、それが的外れだったり過大評価ではなく、自分でも納得のいく正当な評価であった場合は、その女性がしっかりと自分のことを理解してくれていることがわかるのでモチベーションも上がります。


業務上で褒めてくれるのも嬉しいですが、飲み会などの場面で相手を立ててくれると、男性陣は饒舌になり皆上機嫌になります。聞き上手であり、観察力があるとその女性の好感度は非常に高くなります。


いつもより一歩引いて男性たちのことを見直してみるといいのかもしれませんね。






甘え上手



男性は基本的に女性に頼りにされたいものです。


書類が入った段ボールなど、重たい荷物を運ぶ力仕事は特に男らしさを見せるチャンスです。


裏を返せば、そのような機会を与える「甘え上手」の方は男性ウケがよいと考えられます。


ただし、何でもかんでも人任せな女性に対してはあまり手伝いたいとは思えないものです。普段何事も一生懸命だからこそ、甘え上手の効果が高まるのです。



ここぞというときに男性に甘えてみましょう。







かわいい付箋と手書きのメッセージ



仕事中、付箋でのやりとりを行うことが多々あります。


その際に、キャラクターなどが記載された可愛い付箋に手書きでメッセージが書かれていると、肩の力が抜けてリラックスできます。事務報告だけでなく、ちょっとした雑談や労いの言葉を交えるとなお癒されます。


さらに、字が整っていてキレイだと知的なイメージもありとても好印象です。



いつもより一工夫して付箋を書くことで男性も喜び、癒されるのではないでしょうか。








いかがでしたか?


仕事で頭がいっぱいになれば誰しも癒しを求めます。


そんな時、これらのように癒しを与える行動を実施すれば職場ウケ間違いなしです。


職場の男性陣からいい印象を持ってもらいたかったり、気になる男性がいる女性にはぜひ参考にしていただければと思います。

2016年8月4日

written

by shogo-76


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop