現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月30日更新

夏の定番そうめんに一工夫♪簡単アレンジレシピ5選

762 views

夏の終わりはいつも大量のそうめんが残ってしまいます。そうめんのアレンジレシピを教えて下さい!(大学2年生・男性)




暑い夏につるつるっとのどごしのいい冷たいそうめん。

夏の定番の食べ物ですが少し食べると飽きてきて、あんまりたくさん食べられない。
簡単につくれるけれど、そうめんだけでは栄養もありません。

そこで、元気に夏を乗り切るために、ちょっとひと手間かけた簡単アレンジ。
ボリュームたっぷり、ごちそうそうめんのご紹介です。

冷やしスープそうめん




写真・レシピ http://www.bob-an.com/recipes/detail/01442

つゆにつける食べ方では、つゆの味がうすくなるのが困りもの。
最後まで美味しくいただくために、たっぷりのつゆにひたします。

ちょっと豪華にタンパク質を盛りつけると夏バテ防止になります。

盛り付けるものはお好みでどうぞ。

なすの揚げ浸しそうめん



夏野菜のなすを使ったそうめんです。

旬のものは栄養価が高く味もおいしいですし、お値段もお安くなっています。
ぜひ食卓にとりいれたいものです。


写真・レシピ http://www.yutori.co.jp/recipe/?_action=detail&recipe_id=137

揚げ物をつかうことで、つゆにコクがでます。
かぼちゃやオクラなど、他の夏野菜でもいいですね。

ピリ辛そぼろそうめん



つけて食べるつゆを一工夫することでおいしくいただきます。
ピリッとした唐辛子の辛さが食欲をもり立て、豚肉とにらで栄養たっぷり!

写真・レシピ http://www.orangepage.net/recipes/detail_123022

にらは、体を温める作用があり精力のつく野菜です。
豚肉にふくまれるビタミンB1には、疲労を回復させる効果があります。

麺にたっぷりからめて食べて、元気いっぱい!

うなぎのさわやかそうめん



夏バテ防止に、土用の丑に食べる鰻とちょっと酸味のあるお出しの組み合わせ。



写真・レシピ http://www.pokkasapporo-fb.jp/recipes/detail-863.html

ガッツリ味のついたものには、さっぱりとした酸味のあるつゆを組み合わせます。
買ってきた鰻を盛り付けるだけなので、手間もかかりません。
他にもシーチキンやおさかなの缶詰などがおすすめです。

冷しゃぶそうめん



こちらも酸味のあるつゆをかけて食べるそうめんです。

写真・レシピ http://www.orangepage.net/recipes/detail_131491

冷しゃぶとそうめんは夏の定番料理どうし、最強の組み合わせです。
あえて牛肉ではなく、栄養価がたかくてお値段も手ごろな豚肉をつかいます。
たんぱくなそうめんの味との相性がいいのです。
さて、いかがでしたでしょうか。
簡単アレンジレシピといいながら、全然、簡単じゃない!と思ったあなた。
コツをつかんで、そうめんを美味しくたべてください。

盛りつけるものは、スーパーのお総菜や天ぷら、缶詰をつかって簡単に。
つゆだって、市販の麺つゆで充分。
酸味はお酢や瓶で売ってるレモン汁、辛味は瓶詰の豆板醤などが便利です。

最後に。
器もつゆも、キンキンに冷やす
なんといってもこれだけは必ず、一手間かける!
それが一番のおいしく食べるコツです。

2015年3月30日

written

by t-kaolee


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop