現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月12日更新

自分の経験を記録するメリット~旅行記録をアウトプットしよう

639 views

 今度アジア一周にチャレンジします。どこかに記録を残したいと思うのですが、どんな方法がいいとおもいますか?(大学2年生・男性)



最近流行りのSNSの活躍もあり、旅行に出かけている学生さんの姿が


リアルタイムで見ることが出来るようになりました。



 

スマートフォンさえあれば、


日本国内でしたら3G回線でどこでもネットに繋がりますので、


移動中や一息ついた時など、


オンライン上でシェアすることで旅のメリハリが付けられます。



 

旅行の出来事や感想などをアウトプットすることで、思い出が記憶により定着します。
写真やビデオカメラだけですと、映像(動画)の情報しかなく


文章を綴るにも「日記」形式だとイマイチ書く気になれなかった方は多いかと思います。



 

簡単に友達にシェア出来て、反響が返ってくるSNSでのアウトプットは、


情報を発信したいという欲求と上手く調和できています。




SNSの役割をしっかりと把握する



SNSと言っても種類があります。


Facebookでは友人のみの閲覧など、


発信した内容を本人が制限する事が可能ですが、


Twitterは基本オープンな環境で情報が他人にさらされます。



 

旅行ではしゃいだ写真など載せたい気持ちもありますが、


最近では行き過ぎた内容の写真や情報がオンライン上に溢れ


かえってテレビで騒がれています。



 

また、観光地での撮影は赤の他人が画面に入ってしまいますので、


なるべくそういった写真は掲載を控える事が賢明かと思います。



 

友達とシェアしたい場合は、


LINEやPathなどのクローズドなSNSが利用できる環境で


情報共有をすることをオススメします。



 

パブリックな視点で記録に残してみる



SNSなどでプライベートな内容や感想をアウトプットするのも


旅行の醍醐味でありますが、
パブリックな視点から旅行で役立つtipsをウェブに掲載すること


他人とシェアする一つの方法です。



 

また、自身の書いた文章を公開することで文章力も鍛えられますし、


社会人の方々と関わりを持つチャンスですので、


学生時代に経験することは大きなアドバンテージになります。



 

旅行記のレビューサイトで経験談をお話するのもいいでしょうし、
世界一周しながらライターとして活躍することも現代なら可能です。


アメブロなどの無料ブログでもいいので、


自分のホームページを持って情報共有することで、
旅行に対する関心は飛躍的に上がります。



 

他人に有益な情報をシェアする為のアウトプットが、
質あるインプットを行う原動力にもなります。



 

自分のブログがきっかけで


誰かがその旅行地に興味を持ってくれたり


はたまた旅すること自体に興味をもってくれたら


嬉しいものですよ!



 

最初は読者数も伸びにくいかもしれませんが、


たとえ読者がおらずともアウトプットすることはいいものです。


もちろん旅に関することでなくとも結構ですので、


ぜひ実践してみて下さいね。

2014年6月12日

written

by syrimp


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop