現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月18日更新

悪くはないんだけどなんか残念…惜しい系モテない女の6つの特徴

2793 views

いつもいい人どまりで終わってしまい、もてません。私のどこがいけないんでしょうか・・・。(大学2年生・女性)


あっ、もしかしたら自分もかも。。と思う人もいるかもしれません。
でも、少しづつ意識を持っていれば、自然と改善できるものです。
綺麗と美を追求する女性だからこそ、家庭の普段の生活の中からもその意識があれば良いのではないでしょうか。
ふとした時ところが、やはり男性には気になるようです。

画像出典:girls.livedoor.com

 

1.人の噂話をよくする

人の噂話をよくしたりする女性も多いのではないだろうか。
それが、事実かも分からずとも、あたかも事実のように話したりする。

普段は、自分が他の人に噂話の題材として話されると嫌なのに、自分がする分は良いと思っていたり、
口が堅いと言いながら、色々な人の噂話をしてはある種の優越感にひたっている女性もいるのではないでしょうか。

基本、男性は噂より事実を優先しがちな傾向にあり、
また自分も噂話の標的になるのではないかと、そういう人の前では自分を閉ざしがちな人もいるのではないでしょうか。
噂話をすることは悪いことではないが、他人の事よりも自分自身を見つめることから。噂話もほどほどに。

 

2.SNSで常に自分の顔や身体を載せる

女性は綺麗でいて、綺麗を磨いていくのも大切なことだと思いますが、
自分の顔や身体を頻繁に大衆の前にさらすのは、自分に自信があるということ。
自信があることはいいのだ。
写真の角度や光の加減、修正具合などはいまやすぐに分かる人には分かるもの。

毎回、常に、色々な場所で自分の顔や身体をSNSに乗せるのは、
やはり、男性からすると好意がある女性や、彼女の顔や身体が多くの人にさらけだされてみられるのは、
好ましくないと思う人が多いのではないでしょうか。

 

3.メールを頻繁に送る

今や、LINEなどSNSでショートメールが簡単にタイムラグもなく送れるようになり、
一回の返信に毎回4通も5通も送ってくる人がいないだろうか。
仕事中もプライベートも、毎回メッセージの通知が来ては、
返信が少ないや、遅いなどと言われては、都合というものも考えてほしいと思ってしまう。

もし、お付き合いしたあかつきには、束縛されるのだろうかと容易に想定できる。
やはり、メールといえど、相手の事を考えて送る量や時間やタイミングも少しは考える事が必要だ。

 

4.しわしわの服を着てくる

毎回、洗濯をしているのか、していないのか分からないような、しわしわの服を着てくる人が周りにいないだろうか。
そういう人に限って意外と容姿的に自信がある人が多いと感じる事がある。

服に毛玉がつくことはしょうがないが、くしゃくしゃだと、どうしても家庭や私生活でだらしなかったり、
部屋が汚かったり、いざという時に気が抜けていたりと、そういうイメージが沸いてしまう。

普段着は良いが、デートや大事なときは是非アイロンをかけるなり、洗濯してしわを伸ばすなりして、
生活観が分からないようにする方が、好意的で清潔感ある印象をもたれるのではないだろうか。

 

5.食事の座敷タイプの際に靴を並べずぬぎっぱなし

食事に言った際、カウンターやテーブル席以外に座敷の席で、靴を脱ぐシーンが度々あるだろう。
それが、どこであろうと、靴を脱いで並べもしないで座席に上がるのはイメージがよくない。
むろん、家庭でもそういうイメージが沸いてしまうからだ。

特に、女性は靴を見たり履いた入り、女性は足元まで見てるという人も多いのではないだろうか。
そういう女性が座敷やふとしたところで、靴を脱ぎ散らかしているのを見た時は、
座敷の上でいくら華やいだ事を言えど、やはり性格からみてしまうものだ。

 

6.猫背

容姿も良い、服もおしゃれで、健康的な意識があるにもかかわらず、
立っているときや、歩いたときに猫背であったり、
だらしなかたったりする一面があると、少し残念に思う経験をした男性もすくなくないのではないだろうか。

やはり、上記と同じで、普段力が抜けている家庭での生活観がだらしなかったり抜けているのは、
普段の行動や言動、表情からやはり分かるものである。
そういうところから、女性の美や女性らしさというのは見られていくのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか、
常に、「自分がもしされたら?」「自分が相手の立場だったら?」と客観視する事で、
いままで気づかない点に、ひとつでもきづいて、「惜しい女性」から「もてる」女性になってもらえればと思います。

 

2014年9月18日

written

by futurep


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop