現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月11日更新

【TOEICリーディング】残り1週間でするべき効果的な試験対策のまとめ

666 views

TOEIC本番まで残り一週間。試験対策も大詰めですね。試験目前にあたり効果的な試験対策の方法を確認していきましょう。

toeic

© takasu - Fotolia.com
 


単語・イディオムの確認



今回の試験の為に覚えた単語やイディオムを徹底的に復習しましょう。

勉強し始めたころに覚えた単語はまだ覚えていますか?せっかく学習した内容を忘れてしまっていては大変もったいないです。

TOEICを受けるにあたって単語力・イディオム力は必須です。しっかりと復習をしておきましょう。
 

間違えた問題のみ取り組む



問題集を解いていくにつれて間違えた問題には必ずチェックを入れておきましょう。

試験一週間前になったらそのチェックの入っている部分を徹底的に復習します。

一番怖いのは、新しく覚えた文法や単語を忘れてしまう事。せっかくたくさん学習しても本番で閃きがなければ何も意味がありません。

初めから正解した問題はもとから力が備わっているということ。今回新しくできるようになった問題をもう一度復習していきましょう。
 

新しい参考書は使わない



本番直前に新しい参考書を開いて、もし分からない問題があった時。問題が全然解けなかった時。どのような気持ちになりますか?

大変落ち込んでしまい、焦りの気持ちも出てきてモチベーションが下がってしまいますね。これではテストに対する意欲も出てきません。

そのような状況を避けるために、直前になって新しい参考書に手を付けるのは大変危険です。普段やり慣れている参考書を使って以前より解ける問題が増えているという達成感を感じましょう。

試験当日に良い状況でその日を迎える為にはモチベーションも大切です。新たな問題ではなく、復習問題に取り組みましょう。
 

長文を毎日必ず解く



長文問題を必ず毎日解きましょう。時間短縮の為に速読は必須です。英文は読めば読むだけ慣れてきて読むスピードがあがってきます。

その為長文は毎日欠かさず読むようにしましょう。また、集中力を鍛えるためにも長文は全て一気に解く練習もしましょう。「自分は集中して問題を最後まで解くことができる」という自信を持つことも大変大切です。

長くて大変な長文問題ですが、最初から最後まで休憩を入れずに解く練習をすることも必要となります。
 

時間配分を考える



時間配分を考えその時間内に解くことができるか、時間を測りながら解く練習をしていきましょう。

これは私個人的な例ですが、私の場合のリーディング75分の内訳は長文50分+穴埋め20分+見直し5分です。

このように時間をいしきした練習を始めることも大切です。自分にはどのような時間配分が問題に取り組みやすいのかを研究しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。繰り返しますが試験1週間前は復習に限ります。時間を意識した復習をして、ラストスパートを効率よく進めていきましょう。

 

2014年8月11日

written

by mika


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop