現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月30日更新

男の願望!好きな女の子に着てほしい浴衣の色BEST5

18426 views

今度彼氏と花火大会に行きます。その時に着ていく浴衣を買おうと思うのですが男性はどんな浴衣が好きなのでしょうか?(大学1年生・女性)


夏のシーズンに必ず一度は着たいファッションといえば、浴衣ですね。


日本の夏に適した浴衣は、涼しさなどの着心地という利点だけでなく、


普段の自分とは違う雰囲気をかもし出してくれる恋愛の必須アイテムでもあります。


花火大会や縁日、夕涼みなど、デートで浴衣を着こなせば、いつもと違うあなたに恋人や意中の男性もぐっとくるはずです。


今回は男性に人気の浴衣色BEST5をご紹介します。


既に浴衣を持っている人も、この夏用に持っていないカラーを購入してみては?





ふんわりかわいいを表現!“淡いピンク色"



ピンクはピンクでも、濃いピンク色ではなく淡いというところがポイント。


和のふんわりしたかわいらしさと、女の子らしさを出してくれます。


ピンク色は洋服のコーディネイトでデートの時でも、定番の一色。


どことなく守ってあげたい、あいらしくおっとりした姿になります。


ピンク色であれば、普段使う髪留めなどの小物が合う場合も多く、浴衣初心者にもおすすめです。


気に入る柄を探して、まずは合わせてみましょう。




画像出典:http://item.rakuten.co.jp/wanadesiko/2007069-005/





おしとやかに和装感が極まる!“薄い紫色"



せっかく浴衣を着るのだから、和装独特のやまとなでしこな姿で魅了したいもの。


薄い紫色は着る人の年齢を選ばず、浴衣の涼しげな様子を一層引き立ててくれます。


洋服だとオトナっぽい格好が似合わない、そんな人でも大丈夫。


薄い紫色の優美な浴衣は、日本女子に不思議と自然に馴染みます。


今日はいつもと違ったオトナな雰囲気で・・・男性をドキリとさせましょう。




画像出典: http://www.rakuten.co.jp/





やっぱり和服の定番色!“落ち着いた紺色"



和服をイメージした時に多くの人が思い浮かべる紺色。


定番の色でありながら、浴衣美人をきちんと演出してくれて、落ち着いた女性を思わせます。


男性の「浴衣は汚さないように気を配らないといけないから面倒だな・・・」という気持ちも、


紺色であれば多少のシミは目立ちませんし安心です。


慣れない和装でも、お祭りの出店で一緒にご飯を楽しんだり、座って花火を見たりできます。


男性が手を差し出してくれたら、素直にリードに甘えましょう。




画像出典:http://item.rakuten.co.jp/wanadesiko/2006_k030/





真っ白よりも評価が高くなる!“生成り色"



清潔感のある白は、洋服でも和服でも重宝するカラー。


でも、浴衣ではあえて真っ白ではなく、生成り色を選びましょう。


自然な色みが清楚な装いとよいバランスをとって、女性らしさをひときわ際立たせてくれます。


また、顔色を明るく見せてくれるので、少し夏バテ気味でも顔色をカバーしてくれます。


夜の夏祭りなど、照明が安定しない場所でも、頑張ったメイクが映えることでしょう。




画像出典:http://item.rakuten.co.jp/wanadesiko/2006_v007/





人ごみでもぱっと目につく!“鮮やかな黄色"



夏のイベントは夜の暗闇や人ごみを動く機会も多いものです。


黄色はどこからでも目につきやすく、また個性を演出できる色でもあります。


ありきたりの色ではない服装ができるのも、浴衣ならでは。


洋服だとこどもっぽくなってしまう気がして選べなくても、


浴衣自体の可憐さで補われるので、イメージチェンジを兼ねて選んでみましょう。


暗い場所でも明るい色の浴衣をまとったあなたを見て、男性も明るい気分になるかも知れません。




画像出典:http://item.rakuten.co.jp/yukataluce/4307-3a/



これまで何度も浴衣を着る夏を過ごしてきた人も、


今年の夏は思い切ってチャレンジしたことのない色の浴衣を着てみてください。


和装は洋服と異なる“自分"を出せる素敵なアイテムです。


普段ならばあまり選ばない色をあえてチョイスするのもおすすめです。


洋服と違いほとんどの面積を占めることになる浴衣の色は、


いつもの印象やイメージに劇的な変化をもたらしてくれます。


今まで浴衣を着た経験のない人も、これを機に新しい自分の魅力を発見できますように!

2016年8月30日

written

by ひたち


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop