現在17272個の困ったを解決できます!

2015月3月11日更新

「単位がヤバい!」大学生に贈る、単位の取り方超初歩

26861 views

 大学生になってから、授業をサボりがちで単位が取れなさそうです。こんな僕はどうしたらいいですか。(大学1年生・男性)


単位がやばい!

© Sabphoto - Fotolia.com



 

大学生の皆さん、大学生活はエンジョイしていますか?
サークル、バイト、飲み会、麻雀、合コン……とっても楽しいですよね。
テスト期間以外は。

そう、大学生にとっての天敵は、「単位」という存在です。
卒業までにこいつを規定数ぶん獲得していなければ、
晴れてもう1回4年生を繰り返すことになります。
それまでにも、必修単位を取り損ねると、留年の二文字があなたを待っています。

これは、何としてでも回避しなければなりません。
でも、遊びたい!楽しみたい!
そんなあなたに、初歩的な単位の取り方を伝授します。

 

友達と協力しよう



遊び回った上で単位を順調に取得しようとするには、友達の存在が必須です。



その友達も、多ければ多い方が良い。

言い方は悪いですが、それだけ駒が増えるということなのです。

 

友達と協力することはたった一つ、「(正確な)講義ノートの獲得」です。

理系の皆さんは、そもそも真面目に授業に出ていないと単位が取れないと思いますので、


一般教養の授業に応用してみてください。



 

また、法学部生のように自分での勉強が重要な場合も、


結局は自分自身がどれだけやったかにかかっていますが、


それでも完璧なノートがあるのとないのでは雲泥の差です。


ノートを獲得した上で、詰め込みましょう。



 

さて、ノート獲得に一番大切なのは「フェアトレード」です。


自分だけがノートという恩恵を受けようなんて甘いことを考えてはなりません。


いいですか、世の中はギブアンドテイクなのです。


ノートをいただくなら、それ相応のお返しをしなければなりません。



 

たとえば、ミクロ経済学のノートが欲しい場合。


まず、相手が欲しているノートを聞き出します。


あなたがそのノートを持っていれば、トレードが成立。



 

持っていない場合、そのノートを他のところから拝借してくるか、


「昼メシおごるから!」といったような代用物で交渉をします。


たまに、無償でノートが回ってくる場合がありますが、


自分が取っていない授業でもコピーさせてもらっておきましょうね。


それは立派な切り札になり得るのです。



 

当たり前ですが、交渉には誠意をもって臨んでください。


また、女の子であれば、ノートを返す時にお菓子を添えると、


とても可愛くて素敵ですね。



 

先輩を頼り、後輩に土下座しよう



ノート獲得だけでなく、教科書を譲ってくれる可能性があるのが先輩です。


単位にもお財布にも優しい先輩、カッコイイですね。



 

先輩というものは基本的に、後輩に頼られて悪い気はしません


誠実さと後輩ならではの可愛さを忘れずに、積極的に頼んでみましょう。


普段から可愛がっている後輩の頼みをないがしろにできる先輩なんて、


そうそういないと思います。



 

もちろん、自分が先輩になった場合は、後輩に同じようにしてあげてくださいね。


きっと、ますます後輩から慕われるに違いありません。



 

友達や先輩を頼っても獲得できなかった時は、後輩に頼むしかありません。


先輩のプライドなんて捨ててしまえ!


単位とは、それほどシビアなものなのです。



 

お返しとしては、自分の手札(後輩が欲しているノート)を渡すだけでなく、


メシの一回くらいはおごりましょう。


その時には、最高級の感謝を込めて。



 

色々と言いましたが



勉強


さて、「楽に単位を取得する方法」をお伝えしてきましたが、


最後にひとつ、お伝えしておきたいことがあります。



 

真面目に授業に出るのもまた、大学生活の醍醐味の1つ


なんじゃないかと私は思うのです。



 

社会人になると、資格のための勉強をする機会はあっても


様々なことを一度に複数学ぶ機会が格段に減ります。


大学でどれだけ勉強したかが、後の人生を左右すると言う人もいて、


今考えるとあながち間違っていないのではないかとも感じます。



 

授業に出て、教授の余談に笑い、


眠い目をこすりながらノートを取って、休み時間に友達とおしゃべりをする。


これって実は、学生の時にしかできない経験なのです。


そして、この経験を味わえるのは、きっと大学生が最後のチャンスなのです。



 

サークルか?勉強か?バイトか?


大学生活において「自分の中で何を優先するか」は、人それぞれです。



 

その時のノリに身を任せることも大切ですが、


たまには少し立ち止まって、自分の中の優先順位を再確認してみてください。


きっと、大事なものが見えてくるはずです。



 

あなたにとっての大学生活が、実り多く充実したものになりますように。

2015年3月11日

written

by osakiyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop