現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月26日更新

上級者向け!挑戦したい帽子のかぶり方10選

23148 views

帽子が大好きなので、少し変わった被り方が知りたいです!(大学3年生・男性)


 

今回は上級者向けの帽子の被り方を紹介していきます。


挑戦したい…という事で基本的な被り方ではなく斬新な被り方や特徴のある被り方をピックアップしていきます。


是非、参考にして挑戦してみて下さい。



 

1 ニット帽(浅かぶり)



浅かぶり

画像出典:ZOZOTOWN

 

浅被りと言われる被り方です。額を出す事によって顔周りをスッキリ魅せる効果があります。髪の生え際を少し覗かせて被るのが浅かぶりのポイントです。


最近は流行っているので怖がらず積極的に挑戦してみると良いと思います。



 

夏なので、ニットの色を白に近いトーンから攻めてみると季節にあった印象を与えるでしょう。


もちろん、他の装飾品と併用して使って頂ければ黒に近トーンても大丈夫だと思います。



 

2 (片耳被り)片耳だけ出す被り方



片耳

画像出典:ZOZOTOWN

 

今年は流行っています。ただ、角度によってはかっこ良く見えない恐れがあります。


被る際の角度調整とキープを大切にしてください。



 

また、耳が隠れてない側、頭髪露出側のヘアメイク、ピアス、イヤリング調整で楽しむ事が出来る点がメリットでもあります。


シンプルに決めても奇抜。尚且つ大胆なアレンジも可能なスタイルだと思っています。



 

3 cap(キャップ)の浅被り



cap

 

画像出典:ZOZOTOWN

スタンダードなキャップを後頭部に浅めに被るスタンスです。


まず、後頭部が小さい方など頭の形に変化を付け足したい方におすすめです。



 

capの内部が空洞であり、様々なバリエーションを加える事ができる被り方です。


いくつか応用を紹介したいと思います。



 

4 浅め斜め被り



浅意ななめ

浅めで且つ角度を若干つけます。


気取ってる雰囲気になりやすいと思いますが、似合う人は似合うと思いますので、ぜひ挑戦してみて下さい。



 

5    後ろ斜め浅め被り



 

斜め後ろ被り

そのままです。ブリム(つば)を後ろ向きに斜めにそして、帽子を浅めに被ります。


つばがうまくアクセントになるように被れれば上出来だと思いますが、万人うけするかと言われたらしないと思います。



 

6 前深被り



前つば

画像出典:ZOZOTOWN

 

前に深く被ります。印象は暗くなりがちです。


外に出て被る際には目立つ事はないと思いますし、自ずと目立たない場へと向かうでしょう。


夜道など、暗い場で被るとお洒落どころか危険な人だと思われる可能性が高いので、必ず控えるようにして下さい。


…ここからは、違う種類の帽子で紹介していこうと思います。



 

7 ベレー帽(イギリス式)



ベレー イギリス

画像出典:AMAZON

 

つばを右斜め前方に着用します。恐らくベレー帽を横に被るとなると自然とこの向きになる方が多いと思います。


上級者向けと言えば上級者向けですが比較的に挑戦しやすいと思います。


ただ、男性の場合だとあまり見かけませんので挑戦難易度が上がります。





8 ベレー帽(フランス式)



 

ベレー帽 フランス式

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/outletshoes/tb1zk-ght7093/

 

つばがあれば、左斜め前方につばが出るように着用します。


主流ではないので、あまり派手にやると違和感が出ると思います。


自身で似合うように吟味してつけこなすといいでしょう。



 

9 hut(ハット)の浅かぶり



ハット あさ

画像出典:AMAZON

HUTの浅かぶりです。浅被りは基本的に流行ってますので今年の夏、秋にかけてはどんどん着用していくべきだと私は思います。

 

10 CAP(キャップ)の通常着用



キャップ

画像出典:AMAZON

最後に紹介したいのは、スタンダードの着用法です。


いつの時代もトレンドはつきもの。流行を逆手に取ったり自身のスタイルを追求し続ける事もまた上級者のスタンスだと私は思います。



 

まとめ



…参考になったでしょうか?帽子一つとってファッションは奥が深いもの。


時には飽くなき追求をして色々と自身を磨くのも一段階上のお洒落への道だと私は思います。


帽子を被る事で自身が良い方向へ変われたら幸いだと思います。



 

2014年8月26日

written

by tomankun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop