現在17272個の困ったを解決できます!

2016月12月25日更新

珍しいおしゃれ文房具を揃えた大阪と京都の隠れショップ10店

119762 views

最近、おしゃれな文房具を集めるのに凝っています。大阪や京都にある、センスのいい文房具屋さんを教えて下さい!(大学2年生 男性)


「大阪」と「京都」。関西の大学生がショッピングを楽しむと言えば、この二つの都市ではないでしょうか。
勉強に忙しい日々の合間に訪れたお買い物でも、毎日の勉強に必要な道具をついつい探してしまいます。

珍しい文房具やおしゃれな文房具を手に入れると、つまらなかったはずの勉強や作業も楽しくなりますよね。


文字を書く、物を切るというような機能だけでなく、文房具の果たす役割はもっと大きなものなのでしょう。



どうせなら、そんな日常を彩ってくれるセンスのいい文房具を探してみませんか?
今回は大阪、京都の二つのエリアで人気の、おしゃれな文房具が見つかる隠れ家ショップを紹介します。






大阪のおしゃれな文房具屋さん



LIHIT LAB The Design Mind Company Studio




大阪府中央区にあるこのお店は、ファンも数多く居る文具メーカー、「LIHIT LAB」の直営店です。
生活を総合的に支える様々な商品を取り扱い、
洗練されたシンプルなデザインの中からお気に入りを必ず見つけることができるでしょう。

クリアな素材のファイルやペンケースは、シンプルながらも机の上で存在感を放ってくれます。
多彩な色があり、白やグレーや黒といった味気のない世界から、華やかな雰囲気になり、テンションの上がること間違いなしです。



ガラス張りのスタイリッシュな路面店は、お買い物自体も楽しくなります。
お洒落なオリジナル商品は、周囲にも羨ましがられること間違いなし。


アクセス:地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目」下車。8番出口より徒歩1分


出典:http://www.lihit-lab.com/dmc/dmc_studio.htm




Itoya topdrawer 梅田三番街店




おしゃれな文房具屋さん、と言えば真っ先に浮かぶのがこちらの「Itoya」こと銀座伊東屋。
100年の歴史を持つ老舗の安心の品質と、新鮮でモダンなデザインはファンを魅了します。


ここ梅田店は阪急梅田駅から直結していて、例えば待ち合わせまでの時間潰しに立ち寄るにもぴったり。

木のぬくもりを感じられる店内は、都会の中でゆったりとした時間を過ごせる数少ない空間です。
是非一度手にとって触ってみて、つかってみて買うか吟味してみてくださいね。



長く使える愛用品を見つけて下さい。


アクセス:阪急電鉄 阪急梅田駅茶屋町口から徒歩1分


出典:http://www.ito-ya.co.jp/store/topdrawer/umeda-sanbangai/

Standard bookstore 心斎橋店





画像出典


「ベストセラーは置かない本屋さん」として有名となったこちらのお店。
本だけでなく、文房具、雑貨、カフェスペースまで提供しています。

一日中居ても飽きずに楽しめそうですよね。



その独特の審美センスは文房具にも発揮され、
少しだけ個性的で、かつ品を失わない絶妙な味わいの品々が並びます。


「ヴィレッジバンガード」よりも少し大人な、
成長したあなたの気に入るものがきっと見つかることでしょう。



人にプレゼントしても喜ばれそうなものがたくさんあります。



全国に展開されていますが、ここ心斎橋店は特に、広々とした空間に魅力的な商品が並びます。
併設のカフェも美味しいです。

コーヒーや紅茶の香りに包まれながら、お気に入りの1本、1冊をゆっくり見つけてみてはどうでしょうか?



アクセス:JRなんば駅、心斎橋駅よりそれぞれ徒歩7分ほど


出典:http://www.standardbookstore.com/




ムロラボ





画像出典


大阪梅田のお隣、繁華街を抜けると現れる少しレトロな「中崎町」はお洒落好きな若者の集まるところ。
そこにひっそりとたたずむ緑の扉のお店が、ムロラボです。

まるでアトリエのような雰囲気で、芸術的なセンスが研ぎ澄まされそうですね。
一点ものや数があまりないものもあるので、是非自分だけの一品を見極めてみてはどうでしょうか。



twitterやfacebookでも入荷情報が更新されているので、
是非チェックしてみてください。


Facebook:https://www.facebook.com/murolabo
Twitter:@mulo_labo


アクセス:地下鉄谷町線 中崎町駅より徒歩5分
阪急梅田駅より徒歩10分


出典:http://murolabo.info/




NAGASAWA 梅田茶屋町店




19世紀より続く神戸三宮生まれの老舗文房具屋、NAGASAWAがここ大阪でもオープンしています。
万年筆専門店として歴史と共に培われた品質へのこだわりを、使ってみて感じることができるでしょう。


デザインもシンプルで洗練されたものばかり、
大人の男のビジネス・パートナーとして、いつまでも愛用していける品々です。

社会に出る前に、自分だけのこだわりの1本を見つけて大人の仲間入りをしませんか?
また、社会人になる彼などへのプレゼントとしても最適だと思いますよ。



アクセス:阪急梅田駅より徒歩10分。MARUZEN・ジュンク堂店内に併設


出典:http://www.kobe-nagasawa.co.jp/store/chayamachi.html













Flannagan 南船場





画像出典


大阪の隠れたお洒落スポット、南船場。ここでも通好みの文房具屋さんに出会えます。
ヨーロッパを中心に海外から買い付けてきた品々が並び、
欧州特有の柔らかい色合いのカラーリングが綺麗な文房具が手に入ります。


特に「芯ホルダー」の品揃えは50種類と多彩。

なかなか意識されないコアな商品にスポットを当てているのが、なんとも素敵です。



コアな文具ファン達を虜にするこのお店、是非訪れてみては?



アクセス:地下鉄 御堂筋線「心斎橋」駅1番出口より徒歩5分
地下鉄 堺筋線「長堀橋」駅2番出口より徒歩5分
地下鉄 鶴見緑地線「心斎橋」駅2番出口より徒歩5分


出典http://www.flannagan.biz/














京都のおしゃれな文房具屋さん













恵文社 一乗寺店




「本にまつわるあれこれ」を扱うショップ、恵文社一乗寺店。
四条河原町や京都駅付近などからはバスでたどり着けるこちらのお店は、
その立地にもかかわらず京都府内外からたくさんの人が訪れます。


売れ筋の商品だけでなく、店員さんのセレクトする隠れた魅力のある本が並び、
そしてそんな様々な読書体験をさらに豊かにしてくれる数々のグッズも取りそろえています。


本好きならば是非行ってみたいお店です。


アクセス:叡山電鉄一乗寺駅より徒歩3分


出典:http://www.keibunsha-books.com/













ANGERS




京都・河原町の人気雑貨店、「ANGERS」、フランス語の綴りで「アンジェ」と読みます。
上質な暮らしを彩る美しい雑貨が世界中から集められ、訪れる人々のセンスをこれでもかとくすぐります。


またセレクトの他にこのお店だけのオリジナル商品も取り扱っていて、
一期一会を楽しむお買い物が出来そうです。
季刊で発行されている「&」というフリーペーパーも、
多彩なテーマを豊かな視点で切り取っている読んで楽しい一冊です。


アクセス:阪急河原町駅より徒歩10分


出典:http://www.angers.jp/index.html













裏具




こちらには筆記具よりも、「和紙」を活かした美しい便せんやはがき等の文具が並びます。
綴った文章を大切な人に贈る「手紙」という文化は、素早く便利なメールとは異なる情緒を持ちます。
その魅力を改めて見直していきたい、そして遺していきたいものです。
このお店ではそんな、贈られて嬉しい手紙を美しく彩る商品が手に入ります。


お茶屋を改装して生まれた、伝統的でいてスタイリッシュなデザイン空間をお楽しみください。



アクセス:京都地下鉄祇園四条駅1番出口より徒歩5分
阪急河原町駅1番出口より徒歩10分


出典:http://www.uragu.com/













George's General Store 京都店




暮らしの中の、ちょっと良いもの、お気に入りの一品、
そしてそれらに出会う喜びを提供するお店、George's General Store。
ここ京都にもオープンしました。


文房具に限らず、生活雑貨やアクセサリー、Tシャツ等も含む数々のオリジナル商品が並び、
きっとあなたのお気に入りも見つかるはず。
繁華街から少し離れた場所にあるこちらのお店、京都を巡るおでかけの途中に是非立ち寄ってみて下さい。


アクセス:地下鉄烏丸線 烏丸御池駅より徒歩3分


出典:http://www.georges.co.jp/




以上、大阪、京都のおしゃれ文房具屋10選でした。
こだわり出すと止まらない文房具。お店で見て手に取った瞬間、わけもなく魅了されてしまうことも。


ご紹介したお店で、あなたもお気に入りの一品と出会えることを祈ります!

2016年12月25日

written

by marka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop