現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月16日更新

それってすれ違いかも?あなたが彼に「愛されてる実感がない」と思う理由6つ

81303 views

彼から愛されている実感がほしいです…どうしたらいいでしょうか?(大学2年生・女性)





Junge Frau ist beleidigt


© Dan Race - Fotolia.com



お互いが好きになり、付き合いは始まります。


ですが、いつしか愛されているかわからなくなったり、愛のある行動じゃない!と感じてしまったりしてしまうことがあります。


残念ながら、好意が薄れてきてしまっていることもあるでしょう。


でも、愛しているつもりでも、伝わっていない場合だってあるのです。


「愛されてる実感」がないあなは、ぜひお読みください。









そこに愛があると、どうやって知るのか



言うまでもなく、愛そのものは見ることができません。では、どうやって愛を知るのでしょうか。 ここでは、男女の違いから「あなたが彼から愛されている実感がない」と感じてしまう理由をご紹介します。








男女の根本的な違い



女性は、親しみと尊敬・性的な魅力を感じるほど相手を知ってから、性的関係を結ぶ傾向にあるようです。 逆に、男性は、性的魅力を感じる相手に親しみを感じ、性的関係を安定的に結ぶことができる女性に親しみを感じる傾向にあるようです。


どちらも例外はありますが、つまり、男女で関心をもつスタートが違うのです。相手を知ってから関係を結ぶのか、関係を持ちたいと思ってから相手を知るのか。


そのため、女性の方は「彼は体ばかり求めてくるけど、私のことを本当に好きなのかしら?」と不安であっても、男性の方は「俺の彼女は俺のことを受け入れてくれるから、俺のこと大好きに違いない!」と全く彼女が不安だなんて思っていないこともしばしば。 浮気症の彼氏でない限り、彼女の心配は杞憂に終わることが多いようです。



「私のことが本当に好きなの?」と聞けば聞くほど別れを早めてしまうのは、彼は十分に愛しているし愛情を表現していると思っているから。 では、どんなことですれ違いが起きてしまうのか。彼からの愛情を感じられない理由を詳しく紹介します。







理由その1:彼から連絡がこない / スタンプもない



「Lineは既読になっているけど、一向に連絡がない」「テキストのみのメッセージばかり送ってきて、なんだか寂しい」「電話はいつも私から」そんなことはありませんか? 男性はあまり筆まめではありません。また連絡をこまめに入れてくれる男性の方がめずらしいことをまず知っておきましょう(マメな男はモテると言われるのもそのせい)。


性的関係を持つことが最上の愛情表現と思っている男性は、会えない間の「さみしいなあ」「会いたいなあ」は無駄だと思っている節があります。 「次のデートいつにしよう」「明日夕飯一緒に食べよう。何時に会える?」など具体的な目的の達成の連絡は返事をしてくれます。返信のしやすいメールを送りましょう。







理由その2:スケジュールを引けない



「夏休みに旅行に行きたいね」と言っていたのに、一向に何かを調べている様子もない、なんてことはありませんか。 男性の脳はシングルコアなので、マルチタスクには向いていません。つまり、一度に一つのことしか考えられません。


おそらく、旅行以外にもゼミやサークルの予定が入ってしまったのではないでしょうか。 「旅行いつごろ行こう?ここに行きたいんだけど」など具体的な提案をして、「旅行計画」を思い出させてあげましょう。







理由その3:何かにつけ母親と比べる



男性はみなマザコンです。50歳のおじさんでもそうです。男性にとって母親は、最初に出会う異性なので、基準値になります。無意識のうちに比較してしまうのはしかたのないことです。


「うちの肉じゃがと違うんだなあ」と言っていたら、単に違いのあるものと認識しているだけなので、それほど気にとめることはありません。


ですが、「うちの肉じゃがの方がうまい」と言い出したらちょっと危険です。他にも自分の母親をあげて、あなたをおとしめるような発言があれば、要注意物件なのでおつきあいを再度考え直した方がいいでしょう。


余談ですが、もしもあなたが、共働きの家庭をのぞんできるなら、共働き家庭で育った男性を彼氏にすることをおススメします。 専業主婦家庭で育った男性は、専業主婦の家事レベルが基準になってしまうので、家事育児に非協力的だったりなんでこんなことしなくちゃいけないんだと文句を言うことも。







理由その4:私の体調が悪いと、彼が不機嫌になる



冒頭で、男性は「いつでも自分を受け入れてくれる」女性が好きと言いました。でも、いつでもこたえられるとは限りません。 あなたの体調が悪いかどうかを聞くときに「今日生理なの?」と最初に聞く男性はやめておきましょう。それは、間違いなくあなたを本命と思っていません。


「風邪ひいたの?」「大丈夫?」「何かほしいものある?」と聞いてくれる男性であればOK。彼女の体調よりも自分の都合を優先する男性はNGです。 もちろん、あなたが彼氏に甘えたいがゆえに仮病を使ったり、立て続けに外出予定がキャンセルになってしまうときの不機嫌は、人として当たり前なので、そこでケンカはしないでくださいね。







理由その5:性的でないスキンシップを嫌がる



「恥ずかしいから『外で手をつなぐのを嫌がる・腕を組むのを嫌がる』」のはまだわかるとしても、スキンシップが全部性交渉につながるのは考えもの。 冒頭でも紹介した通り、男女で関心を持つスタートが違います。


今の状態を解決するには、極力外出デートをすることです。屋内にいると男性の思うがまま。外出デートで男性がリードしたり、ちょっとごちそうしてくれるのであれば、あなたを大事だと思っている証拠です。







悲しいすれ違いにならないために



男性は視覚優位(目で情報認識するのが得意)、女性は聴覚優位/体感覚優位(言葉や肌で情報認識するのが得意)とも言われています。 「好き」って言ってほしいのに・・・と思っていても、男性は高価なプレゼントをしたりちょっといいレストランに連れて行くことで、一生懸命愛情表現をしているのかもしれません。


私は「こういうことに愛情を感じる」と丁寧に伝え続けながら、男性なりの愛情表現も優しく見守りましょう。

2016年8月16日

written

by utty


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop