現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月29日更新

「女性との喋る話題が見つからない…」から脱却!モテる男の会話術

56726 views



ちょっと気になる女の子がいても、2人になった時は緊張もしてしまって、何を話せばいいか分かりません。どんな会話をすればいいのでしょうか…。(大学1年生・男性)





トーク力はモテるための必須条件




素敵な彼女をゲットするために、




絶対的に必要なことというのが




女の子と沈黙なくスムーズに会話する技術ということになります。





「女の子と何を話せばいいかわからない
「女の子と話しても、沈黙になってしまう」
沈黙が怖くて、なかなか積極的になれない」という悩みを抱えている方は、




現状、どれだけ魅力的なメール術などを知っていたとしても




会話をした時点で、女性に「恋愛対象外」の烙印を押されてしまいます。





いわば、因数分解を解きたければ、




足し算ができないと、解くことはできないことと一緒です。




足し算が出来てはじめて数学の問題が解けるように




女性と会話を続けることは楽勝という部分ができてはじめて、




女の子を落としたり、デートをすることが可能となるわけです。





女の子と会話を続けることというのは、基礎中の基礎とも言えること。




ここでしっかり勉強しておきましよう。





陥りがちな失敗パターン




カップル




© Paylessimages - Fotolia.com




ず、女の子と会話をするのが苦手、




女性と会話を続けるのが苦手としている方が




共通してやってしまっている会話というのは




以下のようなものです。





男性:「音楽って聞く?好きなアーティストは誰?」
女性:「ミスチルかなー」
男性:「ミスチル好きなんだー。いつ頃から聞いてたの?」
女性:「5年前とかー?」
男性:「あー、だいぶ前から好きなんだね。ところで昨日何してた?」




女性:「友達と遊んでたー」
男性:「そっか。友達と遊んでたんだ。学校は最近楽しい?」
女性:「楽しいよー」
男性:「楽しいのなら、それはよかったね。てか、おとといは何してたの?」
女性:「別になにもー」
男性:「そっか。確かに毎日誰かと遊んだりなんかしないよね。




毎日バイトに学校の生活だもんねー」
女性:「そうだねー」
男性:「…(何話せばいいかわからなくなってきた…)」




といったような感じなのです。




これは何がいけないかわかるでしょうか?





会話を尋問的にしてはいけないというのも




正解の1つとなりますが、もっとまずい部分があります。





それは話題が単発で終わってしまっているということになります。





「ミスチル好き?」
→「昨日何してた?」
→「学校楽しい?」




→「おととい何してた?」といった具合に




質問とその次の質問の関連性がまるでないわけです。





こうなれば当然ながら、話題のネタは確実になくなっていきます。




こういうような会話をするならば、




デート中に最低100個は女性からウケがよい質問を




事前に考えておかなければなりません。




当然、そんなことはできるわけがないので、
「話すことがない」という風になるわけです。






上手く会話を盛り上げるために




女性とスムーズに会話するために重要なことというのは、




次の話題を転換する時は、現在話している話題と関連するようなことを




質問するようにするとよいのです。





たとえば「ミスチル好き?」→「昨日何してた?」というように




関連性のない話題を振るのではなく、
「ミスチル好き?」




→「いつ頃から好き?」




→「その時代って他に誰好きだった?」→「てか、ライブっていったことある?」
→「結構そんなん行くとテンション上がる方?」
→「へー、意外に熱い性格なんだね」




→「でも見た目はそんな風に見えないよね?」




→「そういえば、芸能人に似てるとか言われたことある?」





といったように、



現在話している話題から関連する話題に


すり替えていくようなイメージでいくとよいわけです。




つまり、“会話は連想ゲームのようにやる"とトーク力がアップする




ということが言えますね。





会話が広がる連想例


連想ゲームのように会話を広げる、といっても、なかなかすぐにはわかりませんよね。




さっきの「音楽」だと、


・アーティスト


・ライブ→過ごし方


・似てる人


でしたね。




ここではもう少し例をあげてみましょう。




映画


・最近観た映画


・一番好きな映画、ジャンル


・好きな俳優


・洋画派か邦画派かアニメ派か


・映画を観て泣いてしまうほうか→一番泣いた作品


・劇場ではポップコーンを食べる派か


・おすすめの作品




食事


・好きなもの、嫌いなもの


・和洋中の好み


・苦手だったけど克服したもの


・良くいくごはん屋さん


・食べるのは早い方か、遅い方か


・気になっているお店


・人気店には並ぶ派か並ばない派か






このように会話を広げる糸口はたくさんあります。




ただし、チェックリストのように一問一答で尋ねていくのはNGです。
女性は違和感を感じて、同じジャンルを掘り下げていても尋問されていような気分になってしまいます。




ゆるく筋道をたどりながらも、話の弾む方へとだんだん流していきましょう。




すると彼女の興味がどのあたりにあるかもだんだんわかってきて、そこから親しくなるきっかけがつかめますよ。




慣れてきたら女性を褒めるフレーズなども挟むと喜んでもらえますよ。








いかがでしたか?


コツはいろいろありますが、大事なのは会話を楽しむことです。
あなたも楽しくなってくると、自ずと次の話題がどんどん湧いてくるものです。
これらを片隅に置きながら、ぜひ女性との会話を楽しんでくださいね。

2016年6月29日

written

by 須藤守


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop