現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月20日更新

フランス・ニース観光なら必ず行きたい名所6選

296 views



パリじゃなくて、ニースにも行こうと思います。そこでおすすめの場所があれば教えてください!(大学4年・女性)






南仏のリゾート地といえばニース。バカンスのシーズンとなると、


ヨーロッパ中はもとより世界各国からの観光客で賑わいます。


さんさんと振り注ぐ太陽と、眼前に広がる白い砂浜の向こうには地中海の眩しい青。


世界有数のリゾート・ニースで必ず訪れておきたいスポットをご紹介します。




地中海の絶景を楽しむなら「プロムナード・デ・ザングレ」を散歩



 

プロムナード・デ・ザングレとは、イギリス人の遊歩道という意味です。


ニースは一年中温暖な気候で、歴史を遡るとイギリス人やロシア人が冬を過ごしにニースを訪れたといいます。


この道の由来もイギリス人の裕福な旅行者が由来だそう。


ニースの海岸線沿いを全長約5kmに渡って続く遊歩道で、多くの人々がここを訪れます。


潮風を浴びながら真っ青な地中海を眺めて歩くと、すっかりリゾート気分です。



画像出典:ニース観光局


アクセス:旧市街からビーチへ。海岸沿い5kmに渡って続く遊歩道




町並みがすでに芸術的な「旧市街」



細い路地が入り組んだ旧市街には、


「オペラ座」「市庁舎」「裁判所」など街の中心となる建物だけではなく、


小さなお店があちらこちらに点在しています。


高級リゾートとはまた違った庶民的な雰囲気を味わうことができる、魅力的な町並みです。


サレヤ広場ではマルシェも開かれるので、朝早く起きて散歩がてら訪れてみるのも良いでしょう。


ニースに暮らす人々の生活が垣間みれるかもしれません。



画像出典:ニース観光局


アクセス:駅からビーチに向かって歩き、マセナ広場を抜けた西側エリアが旧市街。




ニース市街を一望するなら「シャトーの丘公園」



街の起源である城塞は、ルイ14世によって陥落。


その跡地を公園にしたル・シャトーは高台になっているので、ニース市街が一望できます。


無料のエレベーターを使って展望台に登ると、


美しいビーチとフランス文化とイタリア文化が融合した市街地の街並が広がります。


生い茂る緑の木陰は涼しく、マイナスイオンたっぷりの滝も見事です。



画像出典:ニース観光局


アクセス:旧市街またはガリバルディ広場からエレベーターを使って登ります。




旧市街地の大衆食堂でお腹を満たす「Restaurant Acchiardo



ニースでは新鮮な海の幸を始め、ニース料理はもちろんイタリアンなど世界各国の料理が楽しめます。


しかしせっかく来たのだから、本場のニース料理を味わいたいですよね。


そんな時は Restaurant Acchiardoへ。こじんまりとした庶民的な大衆食堂ですが、味は本物。


観光客も多く訪れるため日本語のメニューも置いてあり、ニース初心者でも安心です。


特に、新鮮なうちにしか食べられないアーティチョークを使った、ニース風サラダは絶品です。



画像出典:ニース観光局


アクセス:旧市街地、シャトー通りをビーチ方面に向かうドロワット通り沿い。




巨匠の名作を堪能「マティス美術館」



市街地から少し離れた場所に位置するのが、マティス美術館です。


ニースで没したマティスが晩年を過ごした場所に建てられ、


油彩画、デッサン、彫刻などが年代別に展示されています。


またマティスのポートレート、住居の様子、製作中の風景などの写真が飾られ、作品だけではなく


マティスの人物像にも少なからず触れることができます。


オリーブ畑に囲まれた美術館は、


マティスがこの美しい景色に触発され数々の名作を遺したことを物語っている気がしてなりませんね。



画像出典:ニース観光局


アクセス:ニース市街地からバス。停留所「Arènes」で下車





足を伸ばして小さな絶景の村へ「エズ村」



ニースとモナコの間にあるエズ村は、岩山の上にある小さな村です。


まるでおとぎ話の中に迷い込んでしまったかのような、かわいらしい街並は中世の面影が色濃く残っています。


また海抜427mに位置するため、地中海を見下ろす絶景を堪能できます。


熱帯植物園で村の頂上へ登るかテラス席のあるカフェで、美しく広がる地中海の景色を目に焼き付けましょう。



画像出典:エズ Bon Voyage


アクセス:ニースの長距離バスターミナルからエズ・ヴィラージュ行きで約20


いかがでしたか?


世界屈指のリゾート地ニースで羽を伸ばす際には、素敵な景色や料理を堪能して大満足の旅にしてくださいね。

2014年8月20日

written

by トウキョウ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop