現在17272個の困ったを解決できます!

2014月9月19日更新

フランスの世界遺産を制覇!抑えておくべき観光スポット7選

83 views



今度卒業旅行で念願のフランスに行きます!ここは絶対に行っておいた方がいいってスポットを教えてください!(大学4年・女性)






美しい自然と芸術の国フランスには、ユネスコに登録されている世界遺産が38カ所あります。(201211月時点)


その中でも必見のスポットをピックアップしてご紹介します。




パリ・セーヌ河岸



言わずと知れたパリ・セーヌ河と近辺の建造物を含むエリアは、世界文化遺産に登録されています。


悠々と流れるセーヌ河越しに見るパリの街並は、まさに芸術的な美しさです。


文化遺産として登録されているのは、シュリー橋からイエナ橋までの約8km


ルーブル美術館、エッフェル塔、ノートルダム大聖堂などを擁するエリアで、


ここを巡ればパリの主要な名所を一通り回ることができます。


あまり時間の取れない場合は、セーヌ河クルーズを使い河から楽しむのもおススメです。


画像出典:フランス観光開発機構


アクセス


パリの中心を東から西へ横断して流れている河


メトロ7号線 ポン・マリー駅から345m




ヴェルサイユ宮殿



パリ中心地から南西、パリ郊外にあるのがヴェルサイユ宮殿です。


ヴェルサイユ宮殿は”太陽王”ルイ14世の命によって建てられた豪華絢爛な宮殿で、


庭園はフランス式庭園の最高傑作とも言われる美しさです。


当時の贅沢の限りを尽くした内装は隅々まできらびやかな装飾が施されており、


中世ヨーロッパの貴族の世界に迷い込んだような気分を体験できます。


あのマリー・アントワネットが愛したプティ・トリアノンがあるのも、ヴェルサイユ宮殿です。


画像出典:ヴェルサイユ宮殿


アクセス


PRER-C線ヴェルサイユ リヴ・ゴーシュ駅下車


駅から徒歩10




モン・サン・ミッシェル



聖地として多くの巡礼者が訪れたという、モンサンミッシェル。


現在は世界中から観光客が訪れる、フランスの定番観光スポットです。


海の上にぽっかりと浮かんだ小島にそびえ立つ美しい修道院。その景色はまさに神秘的です。


島内にはお土産物屋や有名なふわふわオムレツのレストランなどが建ち並び、修道院へと参道が続いています。


日帰りではタイトなスケジュールになってしまうので、


周辺ホテルに1泊してゆっくりと訪れると十分に満喫できるでしょう。



画像出典:モン・サン・ミッシェル観光局


アクセス


パリからTGVRENNE駅で下車。バスでモン・サン・ミッシェルまで行くのが一般的




フォントネー修道院



フランス東部のブルゴーニュ地方にある世界遺産が、フォントネー修道院です。


ブルゴーニュ出身の神学者ベルナールが建てた修道院で、


他の修道院に比べて余計な装飾のない非常に質素な作りがよりいっそう荘厳さを増しています。


修道士が自ら石を切り出して作ったという聖堂には、当時貴族の寄進による修道院の発展に対して


批判的な立場を取っていたベルナールの信念が息づいているとも言えます。



画像出典:フランス観光開発機構


アクセス


パリからTGVMontbard下車




ストラスブールのグラン・ディル



フランス北部の都市、ストラスブールのイル川中州にある旧市街がグラン・ディルです。


ノートルダム大聖堂を始めとした中世の建造物が残り、


プティ・フランスはストラスブールの古い街並みが保存されている地域です。


絵本に出てきそうな建物が並ぶかわいらしい街並は、女性におススメのスポットです。


また市内の一区域全体が世界遺産に登録されたのは、ストラスブールが初となります。



画像出典:Grande-Île de Strasbourg


アクセス


パリ東駅からTGV2時間




カルカッソンヌ



中世の要塞都市カルカッソンヌのシテは、現在ヨーロッパに残る最大級の城塞です。


遡ること古代3世紀から中世14世紀に渡って徐々に築き上げられ、


ルイ9世の時代に二重の城壁が建てられてからは難攻不落と言われていました。


ここには紀元前6世紀から居住者がおり、現在でも人々が暮らしています。


数々の戦乱をくぐり抜け、幾度も強化され復元された歴史都市カルカッソンヌ。


フランスでは「カルカッソンヌを見ずして、死ねぬ」と言われています。



画像出典: フランス観光開発機構


アクセス


パリから飛行機でカルカッソンヌ・サルバザ空港まで1時間30





ロワール渓谷



フランス最大の世界遺産ロワール渓谷は生きる文化遺産として名高く、


歴史上の人物も多く川岸に住んでいたことも知られています。


ロワール渓谷には数多くの古城が健在し、


それぞれの城を巡ると現在が21世紀であることを忘れてしまいそうになります。


また温和な気候に恵まれ、農作が盛んなロワール地方では郷土料理も有名。


美しい景観に目を楽しませた後は、ジビエ料理やタルト・タタンといったデザートでお腹も満足です。


画像出典:フランス観光開発機構


アクセス


パリからTGVでサン・ピエール・デ・コール駅まで1時間


いかがでしたか?


フランスにはここでご紹介した場所以外にも、まだ多くの世界遺産があります。


ぜひ一度は世界遺産を巡って、フランスの歴史と文化に直に触れたいですね。

2014年9月19日

written

by トウキョウ�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop