現在17272個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

【北海道旅行】日本に生まれたからには訪れたい世界遺産「知床」の魅力!

0 views



北海道旅行を計画しています!世界遺産にも登録されている知床の魅力について教えてください!
(大学3年生 女性)






人を寄せ付けない環境・地形によって生まれた最後の秘境、知床。
アイヌ語で「地の果て(シリエトク)」を意味する、
オホーツク海と根室海峡の間に突き出るように位置しているのが知床半島です。




まさに人の手が加えられることのないその大自然は
ヒグマやエゾシカ、キタキツネから天然記念物に指定されているオオワシやオジロワアシまで
絶滅危惧種と言われる動物が生息しています。




また海にはクジラ、シャチ、トドなども生息しており、
陸と海の多種多様な生物が同じエリアに生息しているのは世界的にも非常に珍しいことなのだそうです。




2005年に世界遺産に登録されてからはますます世界中の注目を集め、
現在でもその雄大な大自然は人々を魅了し続けています。


知床には様々な見所がありますが、
ここでは必ず行っておきたい知床の絶景スポットをご紹介します。




知床五湖



原生林に囲まれており知床連山からの地下水が湧き出ている5つの湖の総称です。
其々の湖には特定の名前はなく、時計回りに「一湖」、「二湖」…と数えていきます。

湖には遊歩道が設置されているため、生息する動物たちの生活をより間近にみることができます。


アクセス:女満別空港から路線バスで2時間



出典:https://www.env.go.jp/park/shiretoko/guide/rule_1/rule_goko.html




知床峠



斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上が知床峠です。
標高738mから見る景色はまさに絶景で、初夏まで残る残雪や紅葉に染まった羅臼岳は日本百名山の一つです。
天気がよければ北方領土の国後島を望むことができます。


アクセス:女満別空港から路線バスで2時間15



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/




オロンコ岩



ウトロ港にある100mもの大岩です。
昔、この岩の上に「オロッコ族」が住んでいたことから名前がつけられました。


170段あまりの階段を登っていくと、
頂上は草原のような展望台になっており知床連山やウトロの街並みを一望できます。
草花が咲き乱れる美しい花の時期に行かれることをおすすめします。


アクセス:女満別空港から路線バスで2時間



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/




オシンコシンの滝



知床半島最大の滝で日本の滝100選にも選ばれています。
途中から流れが二つに分かれていることから「双美の滝」と呼ばれています。


滝上にある展望台からは、オホーツク海や知床連山を見渡すことができ、
特に漂流の時期には大海原が一面白い流氷に覆われ圧巻です。


アクセス:女満別空港から路線バスで2時間



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/




夕陽台



知床国設野営場の一角にある夕日の展望地。
露天風呂もあり、ホテル街からも近いので手軽に夕陽が見れる人気のデートスポットです。
季節によってその美しさを変えます。
またこの近辺は野鳥が多いため、バードウォッチングもお楽しみいただけます。


アクセス:JR釧網本線知床斜里駅から路線バスで50分



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/




プユニ岬



オホーツク海とウトロの街並みが見渡せる夕陽の名所です。
また遠くには阿寒国立公園の山々をみることができます。
流氷が浮かぶ海に沈む夕陽はえもいわれぬ美しさです。


アクセス:斜里バスウトロターミナルからバスで5分



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/




カムイワッカ湯の滝



知床硫黄山の中腹から出る温泉が川に流れ込み、川そのものが温泉になっています。
そのまま上流へと登っていくと滝壺があり、ダイナミックな自然の露天風呂をお楽しみいただけます。


アクセス:ウトロ温泉バスターミナルからシャトルバスで50分(季節によって運行していない場合もあります。)



出典:http://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/





フレペの滝



高さ100mの断崖の割れ目から流れ落ちる滝です。
乙女が儚げにホロホロと涙を流すように見えることから、「乙女の涙」とも呼ばれています。
眼下には雄大なオホーツク海を見下ろすことができます。


アクセス:知床自然センターから徒歩20分



出典:http://center.shiretoko.or.jp/shiretoko/midokoro/


いかがでしたか。
北海道・知床で1年を通して変わりゆく自然の美しさを是非体感してみて下さい。

2014年8月31日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop