現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

無理な皮むきはNG!日焼け後に皮がむけてきた時の正しい対処法まとめ

19299 views

日焼けをして、皮がむけてきたのですがどのように対処したらよいのですか?日焼け後のケアも教えてください!(大学2年生・女性)


 

日焼け後の対処

© Subbotina Anna - Fotolia.com

 

夏場のお出かけやレジャーで気をつけなくてはならない日焼け。


たかが日焼け!と思うかもしれませんが、年々紫外線が強くなってきていると言われる昨今。


しっかり予防&ケアしないと大変なことになってしまうかもしれません!



 

日に焼けてしまったらどうケアする?



日焼けは紫外線によるやけどです!


そのため、一番最初にできるケアはほかの部位のやけどと同じくとにかく冷やすことです。


炎症を起こしている状態なので、炎症が深くに達しないよう、冷たいタオルやシャワーなどでしっかり冷やしましょう!



 

そして、もうひとつ大事なのが保湿です。


日焼けした肌は乾燥しやすいので、しっかりと保湿することで炎症を抑え、シミやしわを予防しましょう。


日焼けで赤くなっている肌に染みないよう、刺激の少ないローションや乳液でしっかり保湿することが大切です。



 

とりわけ、目立つので、早く収まらせたい顔の日焼けの場合には洗顔後に乳液をたっぷり塗り、


顔の上に濡れたタオルを置いて5分ほど置いて浸透させ、


その後から化粧水をたっぷり含ませたコットンで顔を優しくなでるように拭くというケアをしておきましょう。


こうして炎症を少しでも抑えることが大事です。



 

なぜ皮がむけてくるの?



強い日差しで日焼けした数日後になると、皮がむけてきます。
これは、太陽の光を浴びることで皮膚の細胞が乾いて死んでしまうことによるものです。
日焼けもやけどの一種なので、やけどをしたときに皮がむけてしまうのと同じなのです。
皮が少しずつむけてくると、ついついむいてしまいたくなりますよね?



 

かさぶたをはがしたくなるのと同じで、皮膚がぽろぽろはがれてくると触りたくなるものですよね?
皮がむけ始めているということは、内側の新しい皮膚が作られている最中ということなのです。
この状態で皮を剥いてしまうと、せっかくできてきている新しい皮まで一緒にむいてしまうこともあります。
こうなると、皮膚の内部が露出してしまってヒリヒリします。



 

抵抗力のない無防備な内側の皮膚がいきなり表面に出てきてしまうため、ダメージを受けやすくなります。
そして、角質が傷ついてしまうために、傷の治りが悪くなってしまうのです。



 

さらに、無理に皮をむいてしまって弱い皮膚が出てきてしまった場合、
その部分が日に当たってさらに日焼けしてしまうとよりダメージが大きくなってしまいます。
見た目にも、弱い皮膚は紫外線の影響を受けやすいので、まだら模様のような日焼け跡になりかねません。
シミになってしまうこともあります。



 

そのため、無理にはがしてしまうのはNGです!


日焼けでむけてしまった皮は、しっかり保湿をしながら新しい皮膚ができるのを待ち、


新しい皮膚ができてから 自然にはがれてくるのを待つようにしましょう。



 

日焼けは肌にダメージを与えるので恐ろしいものですが、


まずしっかり日焼け対策をして予防すること、


そして皮膚には再生能力も備わっているので、その再生を促すようにしっかりケアをすれば大丈夫!


しっかり対策をして、日焼けに負けず夏のレジャーを思いっきり楽しみましょう!


2015年4月6日

written

by ike


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop