現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月11日更新

猫のベッドを手作りしよう!工程まとめ

2448 views

猫を飼っているのですが、そろそろ決まった寝床を作ってあげたいです。猫のベッドを手作りする方法を教えて下さい!

(大学2年生 女性)


 

猫のベッドを簡単に手作りする方法があることをご存知ですか?
ぶきっちょな初心者さんにも簡単に出来る猫ベッドの作り方をご紹介します。制作の工程と猫が喜ぶポイントについてまとめました。

 

ベッドで寝る猫

画像出典:http://www.pakutaso.com/20131041296post-3408.html

 

◇材料



 

・布

ベッドの床用 --- 2枚(猫のサイズに合わせた大きさ+縫い代

周りの囲い用  --- 床の外周1辺分の長さ×幅20~23cmをそれぞれ4辺分

 

・わた

床と周囲のクッション部分に詰める用 適宜

 

サイズは置きたい場所や猫のサイズに合わせるのがよいですが、悩んだら最初は50cm角で作ってみて様子をみましょう。
また、コツとして、囲い用は気持ち大きめに裁断しておくと失敗が少ないです。

 

◇作り方



1.床部分となる小ぶりな座布団を作る



小学校の家庭科でクッションを作ったことはありませんか?あれと同じ要領で、床部分を作ります。小ぶりの座布団を作るイメージです。

・布を中表に合わせて、後でわたを詰める口を残して袋状に縫います。

・表に返して、わたを詰めます。わたの量は、ベッドマットにほどよいくらいに。

・最後に詰め口を縫って閉じます。

 

2.囲い部分となる細長いクッションを作る



床部分と同じ要領で、細長い4つのクッションを作ります。囲い用は、ヘタらないくらいの量のわたを詰めてください。

 

3.床と囲いを縫い合わせて完成!



床用に作った小さな座布団と囲い用のクッションを縫い合わせます。縫い目が目立たないように、手縫いでザクザク合わせる感じでOKです。
万一、床と囲いで長さが合わなかったら、ギャザーを寄せて調整します(*初心者さんはここで調整できるように、囲い用を気持ち大きめにしておくと安心です)。
四つ角は、持ち上げて隣り合わせたクッションを縫い合わせます。

これで完成!  簡単です♪

 

◇ポイント



簡単に作れる猫ベッドですが、気を付けなければならない重要なポイントがあります。
猫の飼い主さんであればご存知だと思いますが、猫たちはベッドに相当なこだわりを持っています。
そのため、せっかく作った手作りベッドも猫の好みに合わなければ使ってもらえないのです。
そこで、次のポイントは事前にしっかりおさえておきましょう。

 

ポイント1:素材選び



猫たちはベッドの質感や肌触りに好みを持っています。 パリッと張りのある布地を好む猫もいれば、フワフワしたものが大好きな猫もいます。
また、季節によっても好みは変わります。モコモコ素材が好きな猫も暑い時期にはひんやり感のある素材を好む傾向がありますし、
ツルツル素材が好きな猫も静電気が発生する季節にはタオル素材が好きになったりします。
せっかく手作りしても好みに合わない感触だと使ってもらえないため、全工程の中で素材選びは最も重要です。愛猫の好みをチェックしてから素材を決めましょう。

ちなみに、色や柄は飼い主さんの好みで大丈夫ですが、まれに色に好みを持っている猫もいるため、その場合にはネコちゃんの好みを優先してあげてください。

 

ポイント2:サイズ決め



素材の次に重要なのがサイズです。猫の体に対して大きすぎても小さすぎても気に入ってもらえません。
猫にはそれぞれ好きな寝姿がありますので、飼い猫のいつものスタイルをよく研究してください。
長くなって寝るネコちゃんなら長方形に、丸まって寝るネコちゃんなら正方形に。寝ているときにそっとサイズをとります。
猫は狭いところに入るのは好きなので、ぴったりサイズか、気持ち小さめの大きさにするのがミソです。

 

いかがでしょうか。

愛するペットがワンちゃんの場合はお洋服を手作りして楽しんでいる飼い主さんがたくさんいますが、ネコちゃんの飼い主さんにはその楽しみがありません。
猫は基本的に服を着ることが嫌いな習性を持っているため、頑張って手作りしてもたいていは拒絶されてしまうのです。

それなら、猫たちが1日のほとんどを過ごすベッドを手作りしてあげよう!ということで、簡単な猫のベッドの作り方をご紹介しました。

かわいい愛猫のために、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

2014年8月11日

written

by nekonote


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop