現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

憧れの一人旅!様々な旅が描かれたおすすめ映画10選

1377 views



一人旅を計画中です。参考になる旅の映画はありませんか?
(大学3年生 男性)






ドイツの詩人でもあり、法律家でもあるゲーテはかつてこのような名言を残しました。
「人が旅をするのは到着のためではなく、旅をするためである。」



旅をするということは目的地に辿り着くことではなく、
それまでに経験するであろう「出会い」や「ふれあい」を楽しみ、
何かを得ることが旅の目的です。

旅は人を成長させるもの。
ここでは今すぐにでも旅に飛び出したくなるような映画の数々をご紹介します。

 

それでも恋するバルセロナ



ヴィッキーとクリスティーナは旅先のバルセロナで知り合ったフアンにオビエドへの週末旅行に誘われます。
オビエドの街を観光しながら様々な話をしていくうちに彼に惹かれていく二人、


そこに彼の元妻であるマリアが現れて…。
複雑な恋物語の舞台となっているのが、バルセロナ。
サグラダ・ファミリア、ラスランブラス通り、グエル公園など様々な観光スポットで撮影されており、
ガウディも愛した美しい街を歩きたくなる映画です。


それでも恋するバルセロナ


出典:Amazon




食べて祈って恋をして



ニューヨークの女性ジャーナリストが離婚をきっかけとして自分探しの旅にでるストーリー。
イタリアで食に目覚め、インドで祈りの日々を過ごしたエリザベスはインドネシアのバリへと向かいます。


舞台となったバリのウブドは「芸術の村」と呼ばれ、
ヤシの密林といくつもの渓流に囲まれたスピリチュアルな雰囲気に


多くの芸術家が集まってくると言われています。
スクリーンいっぱいに広がるウブドの瑞々しい森や


ハッとするような美しい田園風景にまるでバリに旅行しているような気分になります。


食べて祈って恋をして


出典:Amazon




イントゥ・ザ・ワイルド



裕福な家庭に生まれ不自由のない生活を送ってきた青年クリスは、
全てのものを捨てて自由を求めてアラスカの大地へと放浪の旅に出ます。
型にはまった安定した生活の中で縛られて生きていくより、


アラスカの大自然は過酷だけれどもどんな自分も受け入れてくれる、
そんな究極の自由を求めて旅に出た一人の若者の物語です。雄大な大自然に圧倒される作品です。


into the wild


出典:Amazon




夜の上海



光輝く夜の上海を舞台に身分も言葉も違う男女が少しずつ心を開いていくストーリー。
まず主人公の水島が宿泊するホテルは昔アインシュタインやチャップリンも宿泊した高級ホテル「浦江飯店」。


その雰囲気は時代と共に重厚さを増しスクリーン上でも存在感を出しています。
またプーシキン広場前や浦江大道、グランドハイアット上海等市内の随所で撮影がされており、
実際に現地でオリエンタルな雰囲気をもっと楽しみたくなる作品です。


夜の上海


出典:Amazon




プリシラ



シドニーに住む3人のドラッグ・クイーンが砂漠の中の街で開かれるショーに出るため
入手したバス「プリシラ号」に乗って3000キロにわたる旅をするロードムービーです。
道中で起こる様々な経験から人間として成長し、
またドラッグクイーンとしての自分を見つけてゆきます。


荒々しい砂漠の背景と対比した派手な彼女たちの衣装も見所で、旅のワクワクを与えてくれます。


プリシラ


出典:Amazon




ティファニーで朝食を



優雅な生活に憧れるホリーと、
彼女が住んでいるアパートに引っ越してきた作家志望のポールが
トラブルに巻き込まれながらもお互いに惹かれ合っていく王道のラブストーリーです。


映画の中でホリーが憧れているのは実際に存在する5番外のティファニー本店。
また美術館のような荘厳な空間のニューヨーク公立図書館や石造りの住宅が並ぶアッパーイースト等、
映画に出てくるスポットは全て徒歩圏内です。


ニューヨークの優雅でお洒落な雰囲気が感じ取れる作品です。


ティファニーで朝食を


出典:Amazon




アメリ



2001年に公開されてから瞬く間に世界的ヒットとなったパリジャンの日常を描いた映画です。
モンマルトルのカフェで働いているアメリは周りにいる人たちの人生を空想するのが大好きな女性。


そんなアメリがニノという青年と出会い恋におちてしまう…。
モンマルトルには実際のロケに使われたアメリのカフェや食料品店が存在します。


モンマルトルの街角へ一歩足を踏み入れればまるで映画の世界に入ったような景色
是非過ごしやすい季節に訪れて、アメリの雰囲気に浸りたい作品です。


アメリ


出典:Amazon




モーターサイクル・ダイアリーズ



南米の革命家、チェ・ゲバラが友人と1台のバイクで南米縦断旅行に出かけます。
途中、様々な出会いや出来事を通して、貧困層の暮らしや社会の不平等さを思い知らされます。
南米独特の色使いと乾いた土地の雰囲気、古代文明の痕跡が映画を通して感じられ、


また並行して現実世界の厳しさを目の当たりにした若き青年が
革命家への道へと進んでいく過程が描かれている作品に考えさせられる人も多いはずです。


旅先での出会い、環境が人生を変えるきっかけになるのなら、
まさにゲバラの原点はこの旅と言えるではないでしょうか。


彼らの旅を通して、見ている私たちも一つ成長できる作品です。


モーターサイクルダイアリーズ


出典:Amazon




リトル・ミス・サンシャイン



アリゾナに住む9歳の女の子、オリーブは美少女コンテストに出場するため
個性派ぞろいの彼女の家族と一緒にバスでコンテスト会場に向かいます。


各々問題を抱えている家族が、様々なトラブルにみまわれながらも
オリーブの夢を叶えるために一致団結していく姿に、映画を見ている側も引き込まれていきます。


印象的な黄色のバスと壊れかけたバスを押しながら進んでいく
その家族の姿にどこかほっこりとしてしまいます。


little miss sunshine


出典:Amazon





星の旅人たち



聖地 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの旅の途中で亡くなった息子・ダニエルの遺体を引取りに
スペインとフランスの国境近くにやってきたトムは、
ダニエルの遺品を背に彼の辿るはずだった巡礼の旅にでます。


旅をすることにより、息子の事をより強く思うようになったトムは
旅を通して今まで見えてなかったものが見えるようになったのでしょう。


世界遺産となっているサンティアゴまでの美しい風景と
旅をするという共通の目的を持った巡礼者達の姿を見ていると
私たちも自分を見つめる旅に出たくなりますね。


星の旅人たち


出典:Amazon



旅は常に私たちに「非日常」の世界を与えてくれます。
それが私たちの刺激になり、リフレッシュになり、新たな転機となります。
とは行っても、普段の生活の中で旅にでる時間を見つけるのは難しいものです。

まずは、これらの映画を見て日常の世界からトリップしてみませんか。

2014年8月31日

written

by tc_wk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop