現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

新入生に好評だった新歓イベントアイディア集

12741 views

新歓でどんなイベントをすればいいのかわかりません。(大学2年生・男性)


新入生に好評だった新歓イベントをご紹介します。

わたしの所属していたサークルでは毎年、学食を借りて新歓イベントを行っていました。このイベントは、毎年一度のみの開催で、50名前後の新入生に参加してもらうことができていました。

学食で新歓をすることのメリットを挙げていきます。よかったら参考にしてください。

カナッペ

© uckyo

①    新入生にとって安心感がある



新入生には「新歓イベント=飲み会=一気飲みをさせられる」というイメージを持っている人も少なくありません。

学食なら、大学内の施設を使用するので、新入生も安心して参加できます。

騒ぎを起こしたら、自分たちが活動できなくなるわけですから。

でも「ソフトドリンクしか飲めないんじゃつまらない」と思う人もいるかと思いますが、わたしの大学では簡単なお酒類は出すことができました。

②    大学からの移動がないので新入生が参加しやすい



新入生にとっては、勧誘されている部活・サークルはたくさんあります。やらなければならないことも意外にたくさんあります。

新しい生活に慣れること、出会った友人との関係性を放課後の飲み会などで深めること、新しく始めたアルバイトなど。そのため、少しでも引っかかることがあると、新入生の選択肢から外れてしまうことも少なくありません。

その点、学食は大学内にあるわけなので、授業終わり等にそのまま参加できるという気軽さがあります。

③    安い



おそらく、新歓で一番気になるのは費用面ではないでしょうか。

多くの部活・サークルが、飲み会やイベント参加費を上級生が負担し、新入生の参加費は無料もしくは安くすることで新入生を集めているかと思います。

結果、新入生を呼び込みたいけど出費が痛いので、低価格で済む公園での花見や、人数制限をするなどという場合をよく聞きます。

学食にすれば、詳細な価格は覚えていないのですが、通常の居酒屋に比べれば格段に安く済みます。また、立食のところがほとんどだと思うので、料理の量は少なめの人数で見積もって手配をすれば、さらに節約できます。

 ④    当日参加可



新歓の時期になると、各ブースで新歓イベントに参加する新入生に名前と連絡先を書かせる姿をよく目にします。

新入生にとっては、見ず知らずの先輩たちに連絡先を教えるというのはなかなか勇気の必要なことです。逆に、上級生にとっては、人数が減ったらキャンセル料を居酒屋等に支払わなければならないので、連絡先まで聞くことに必死です。

立食であれば、食事の量だけあらかじめ決めておき、当日は飲み放題の人数だけ追加すればいいので、参加の意思をあらかじめ聞かなくて済みます。

⑤    内容が自由に考えられる



各種設備は使い放題(マイク・ステージ等。ただし設置は自分たちでした)。

ゲームをしてみたり、歌や漫才の出し物をしてみたり、映像やBGMを流してみたり、内容は自由に考えることができます。

わたしの大学ではカフェに力が入っていたので、本格的なスイーツを出すこともでき、女の子率が高いサークルでもたのしめました。ちなみに仕切られた空間なので、よっぽど大きな声で騒がない限りは迷惑もかかりません。

たのしいことをアピールしたいサークルでも、じっくり新入生と話をしたいサークルでも、自分たちの活動内容を効果的に見せたいサークルでも、様々な用途に合わせて開催できます。

 

学食の貸し出しは、話を聞く限りでは多くの大学で行っているようです。

試してみてはいかがでしょうか。

2014年10月21日

written

by えびちん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop