現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月21日更新

新生活をスムーズに迎えるための引越し準備チェックリスト

218 views

春に引っ越しをしなくては行けないのですが、何を準備すればいいのでしょう?(大学4年生・男性)


新生活に期待を膨らませている方はたくさんいると思います。

ただ、2~3月の引っ越しが多い時期に引っ越しとなると、様々な手続きが混み合います。やむなく引っ越し日の変更や、引っ越しだけして実際に住み始めるのは後日にするというケースも耳にします。スムーズに新生活を迎えられるように、以下に引っ越し前に必要な準備を載せますので、早めの行動をおすすめします。

引越し作業

© japolia

引っ越し先が決まったらまずすること



引っ越し会社を決める



希望日時に引っ越すためには、予約が埋まる前にすぐに引っ越し会社を決めましょう。友人に引っ越しの手伝いを依頼される方もいますが、不動産関連の仕事をする知人たちは揃って勧めないと言います。気をつけていても家具等に破損が生じ、トラブルにならないにしても、お互いが気まずい思いをしてしまうことが多いようです。また、お礼のつもりでおごったら、引っ越し料金を上回ってしまったというケースも。

 安い引っ越しプランの探し方



引っ越し料金を安く済ませたい方は、インターネットで各引っ越し会社の料金を比較すると便利です。

引っ越し侍などのサイト便利ですね。

ただし、登録した直後から、多くの引っ越し会社から見積もりの連絡が来ます。わたしは引っ越しを急いでいたので助かりましたが、そういったことが煩わしい方は、直接依頼した方がいいと思います。

引っ越し会社が決まったらすること



電気、水道、ガスの新規契約手続き



今は便利なもので、直前でない限りは各ホームページより手続きが可能です。

ホームページより手続きのできない期間であれば、電話で問い合わせてください。

また、引っ越し先がどの電気会社、どの水道局、どのガス会社(プロパンガスでないか)なのかは、新居が決まり次第すぐに確認しましょう。

インターネット



インターネットの利用が必須の方は、引っ越し先のインターネット環境を確認し、契約をしましょう。

転出届



引っ越す前に各市区町村の役所で手続きをします。

ただし、引っ越し先が同じ役所の管轄の場合は不要です。

下記の家具等の購入



冷蔵庫、TV、洗濯機、コンロ(ガスが引っ越し先で通っているのか要確認)、ベットまたは布団。

電球や物干し竿等はほとんどの部屋で備え付けではないので、忘れがちですが必需品です。

粗大ゴミの処分



業者に依頼すれば確実ですが、料金が気になる方は各自治体に回収してもらうことをおすすめします。特に自治体に依頼する場合は手続きに時間がかかるので、早めに準備をすることが必要です。また、自治体に依頼する場合は最寄りのゴミ置き場までご自身で運搬しなければならないので注意が必要です。

家具の下に敷く緩和剤の用意



特に賃貸の場合は必要です。退去時に家具の重みで床等に跡が残ってしまうと、請求される場合があります。緩和材は百円ショップ等で気軽に手に入るので、引っ越す前に用意しておくと便利です。

郵便物の転送届け



この届け出さえしておけば、住所変更をし忘れても1年間は新居に郵便物を転送してくれるので、必ず届け出をしておきましょう。ホームページから手続き可能です。

 固定電話や新聞等の契約



最近は契約しない人も多いかもしれませんが、こちらも気をつけておきましょう。

引っ越し後に必要なこと



転入届



同じ役所の管轄内でも必ず必要です。

各市区町村の役所で手続きをしましょう。

印鑑登録



転居の挨拶



学生マンション等信頼できる場所への引っ越しの場合は、ご近所の方々にご挨拶をした方がいいでしょう。

ただし、女性の一人暮らしの場合は、挨拶をすることで顔を覚えられてしまい、危険な目に遭ってしまう場合があるので、すれ違ったときにきちんと挨拶をするぐらいに留めておきましょう。

各種住所変更



銀行や携帯会社など、契約している物の住所を変更しましょう。

 内覧のときに確認したいこと



最後に、新居の内見時にしておくと役立つこともご紹介します。

カーテンの長さの確認



不動産屋さんに頼めば後でも確認可能ですが、内見時にわかれば早く動くことができるので、内装にこだわりたい方は確認しておくと便利でしょう。

 

引っ越し先のゴミの日、分別方法を確認しておく



内見時に確認できれば、携帯でゴミ捨て場の表などを撮影しておくと便利です。引っ越し後は特にゴミが出やすいので、事前に分かっている楽です。また、横浜市は分別基準が他の市区町村と比べて厳しいので、他の市区町村から引っ越される方は目を通しておくといいかもしれません。

 

新生活ではこのように準備しなければならないことがたくさんあります。

大変ですが、スムーズに新生活を始めることができるようにがんばりましょう。

2014年10月21日

written

by えびちん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop