現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月8日更新

起業家の聖地!!シリコンバレーの5つの魅力

1824 views



スタートアップの聖地とか良く聞きますけど、シリコンバレーの魅力って結局なんなんですか?(大学2年・男性)




『シリコンバレー』をご存知だろうか?




intel・ebay・apple・Adobe・Oracle・Google・Yahoo!・facebookなどなど…




列挙しだしたらきりがないが、上記の企業はどれも皆さんがご存知の大企業だろう。
これらの企業が密集した地域がシリコンバレーだ。
シリコンバレーはアメリカのカリフォルニア州の中部に位置しており11の都市からなる地域の総称である。




(そう!具体的な地名ではないのだ)
もともと、インテルなどの半導体メーカーが多数存在し、




山脈に囲まれている=渓谷であることから、この名が付いたと言われている。
(半導体の主原料=シリコン/渓谷=バレー)シリコンバレーの位置




また、大企業が名を連ねていることから分かるように「多くのイノベーションが生まれる地」としても有名である。




では、何故こんなにもシリコンバレーには有名企業・大企業が存在するのか。
どうして、シリコンバレーなのか。




シリコンバレーの魅力をご紹介しようと思う。




①研究機関(大学)




まず、なんといってもシリコンバレーおよび、その周辺地域には世界的にも有名な研究機関がある。




まずは、スタンフォード大学だ。
元日本の総理大臣鳩山由紀夫や、Googleの共同創業者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、




Yahoo!の共同創業者デビッド・ファイロとジェリー・ヤンなど、




これも列挙したらきりがないほどの有名人を排出している大学である。




さらに、周辺地域には世界公立大学ナンバー1のカリフォルニア大学バークレー校もある。




その他にもいくつもの大学がシリコンバレーには存在する。
MBA(経営学修士)も取得できるので、起業家にはもってこいの大学ばかりだ。




②多様な人種




多様な人種がいるということは、それだけ様々な価値観が存在するということだ。
この点がイノベーションに大きく影響している




シリコンバレーにおける白人の割合は40%、アジア系は33%中でもインド人や中国人が多い。




彼らはIT関連に非常に強いことは有名だ。
イノベーションのあるアイディアがあって起業しても、




その会社を支えてくれる優秀な人材がいなければ意味がない。




シリコンバレーにはITに特化した非常に優秀な人材が揃っている。




③ネットワークの強さ




日本社会はヒエラルキーの社会と言われることがある。




ヒエラルキーとは「階層」や「階級」を表す言葉で、




日本は社長から部長、部長から社員といったようにトップダウンの会社経営を行っており、




それぞれの役職に対してコミュニケーション方法が変わってくる。




しかし、シリコンバレーでは、確かに社長や、社員といった役職分けはあるが、




だからといって社長に対してはこういった態度、




部長に対してはこういった態度というようにコミュニケーション方法を分ける必要がない。




関係性の上での平等が当たり前の世界なのだ。




こういった慣習のもとでは、




ある企業の社員が他企業のCEO(最高経営責任者)にコンタクトをとることもよくあり、




他企業とのネットワーク構築が盛んに行われている。




もちろん、社外秘まで知ることはできないが、ある程度どこの企業もオープンなのである。




④失敗しても大丈夫




「失敗しても大丈夫」というと少し語弊があるが、




基本的にシリコンバレーでは「失敗は成功の基」という考え方が定着している。




我々は、頭ではこの言葉を分かっていても、実際に失敗に寛容になれるかと言われると難しい。




ましてや、起業という面においてはお金が絡むため、ますます難しい。
(それも、何千万円単位)




これで、失敗にしても寛容でいることは無理なような気がするが、




シリコンバレーのベンチャー・キャピタルや個人投資家は、




仮に失敗しても、その失敗に対して非常に寛容だ。(もちろん全員ではないが…)




この環境こそが起業家にとって思いっきり事業に専念できる理由の一つでもある。




⑤気候




最後は、気候だ。




これがイノベーションに関係あるのかと疑問に思われるかもしれないが、この点は重要だ。




シリコンバレーの気候は、年平均気温が21.1度、最低気温8.8度と全米で最も理想的な気候と言われている。




朝・昼・晩の温度差は少し激しいが、年間を通じて300日以上が晴れという好気候である。




気候として安定していることは仕事をする人間にとっては非常に重要である。




日本は四季があるので、この状態に慣れてしまっているかもしれないが、




季節の変わり目には体調を崩したりもすることだろう。




シリコンバレーは一年を通じで暑すぎず、寒すぎずの気候なので体調の面でも非常に安定する。




これはビジネスパーソンには必須条件ではないだろうか?





さいごに




シリコンバレーの魅力は、まだまだこんなものではない。
「起業の聖地」と言われるには言われるだけの様々な理由・条件が存在する。




一つ言えることは、起業を考えているならば、一度シリコンバーに足を運んでみることだ。




そうすれば、何故シリコンバレーが起業の聖地なのかという理由がわかるはずである。

2015年9月8日

written

by ryonz


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop