現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

その出費、ムダじゃない?1人暮らしの生活費を抑える5つのコツ

1463 views

大学生になり、1人暮らしを始めましたが、思った以上にお金がかかって生活がカツカツです…。節約術を教えてください。(大学1年生・男性)


一人暮らしをはじめる学生に求めらるものは、なによりも自活をすることです。



 

たとえ親の仕送りが収入の大半だとしても、


自己管理能力がなければ一人暮らしなんていうものは到底できません。



上京して一人暮らしをはじめた大学生は、

これまでアルバイトはしていても


それは自分のほしいものを買うためや遊ぶためのもの、


交際費として使うのが普通で、


光熱費や食費に消えるなんていうことは


あまり考えなくてもよかったはずです。



 

大学1年生は、まずモノの値段がわからないということが最大の特徴です。



 

 

買い物をする女性

© naka - Fotolia.com

たとえば、自動販売機で買う150円の500mlペットボトルよりも安く


2リットルのペットボトルをスーパーや


ディスカウントショップで買える事実を知らないのです。



 

大学生の一人暮らしは、このモノの値段を知っていく修行の場でもあります。



 

実際に大学生は、社会の中でもっとも貧乏で収入が少ない層でもあります。



 

だからこそ主婦よりも


このスーパーで売られる食品や生活用品にかかるコストを把握し、


賢い消費行動をとらなければならないといっても過言ではないでしょう。



 

ここで大まかに読者大学生に実践していただくべく一人暮らしの節約、


やりくりに関するコツをご紹介します。



 

基本的にはコンビニ<<<スーパー



// <![CDATA[<br><br><br>コンビニの商品は基本的に定価。<br><br>食品を買う場合は、基本的に<strong>スーパー</strong>に行った方がお得です。<br><br>ただし、コンビニのプライベートブランドの商品などは<br><br>とてもコストパフォーマンスがいい場合もありますので<br><br>上手く活用しましょう!<br><br><a href="http://matome.naver.jp/odai/2134422934351483801" data-na="NL:title">破格すぎだろ!ローソンストア100で買って損しない商品</a><br><br><a href="http://matome.naver.jp/odai/2136341133316353101" data-na="NL:title">158円の絶品つけ麺を知っていますか? セブンプレミアムは神様</a><br><br><a href="http://matome.naver.jp/odai/2137825843809009601" data-na="NL:title">もう食べた?ファミリーマートの「おでんラーメン」が絶品と評判</a><br><br>&nbsp;<br><br><h3>スーパーのお惣菜の値下げを狙う</h3><br><br><br>夕方のある一定の時間が来れば<br><br>惣菜コーナーのお弁当や夕食のおかずが割引されたり、<br><br>半額になったりする事実は<br><br>案外大学生は知らなかったりします。<br><br>&nbsp;<br><br>ちょっとしたフライからお寿司の詰め合わせまで<br><br>お得に手に入れるチャンスですので<br><br>帰りが遅いときなどは、スーパーをのぞいてみてもいいかもしれません。<br><br>&nbsp;<br><br><h3>こまめにスーパーで値段チェック</h3><br><br><br><img class="alignleft size-full wp-image-5911" title="lgf01a201304162300" src="http://magazine-uploads.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/09/lgf01a201304162300.jpg" alt="" width="1024" height="683" /><br><br>野菜や肉類などは、スーパーが中心になってきます。<br><br>&nbsp;<br><br>カップ麺や菓子類、ドリンク、洗剤などの生活用品は<br><br>スーパーだけでなく<strong>ドラッグストア</strong>や<strong>ホームセンター</strong>もカバーしましょう。<br><br>&nbsp;<br><br>&nbsp;<br><br><h3>安いときに買っておく</h3><br><br><br><strong>安いと思える商品は、いつでも安いわけではありません。</strong><br><br>日々値段は変わり売り出し商品も変わってきます。<br><br>必要になったら買いに行くのでは、効率よく仕入れることはできません。<br><br>&nbsp;<br><br>例えば洗剤を298円で買うのと<br><br>1<span style="line-height: 22px;">98円で同じものを買うのとは全く意味が違ってきます。</span><br><br>「100円安いよね。」では済まされません。<br><br>600円で2個買うのと3個買えるのでは、<br><br>どちらを選んだほうがいいかはおわかりですよね。<br><br>&nbsp;<br><br>保存の効かない食材は仕方ありませんが、<br><br>カップ麺や洗剤、トイレットペーペーなど<br><br>家にストックしておいていても腐らないものは<strong>安いときに買っておきましょう</strong>。<br><br>&nbsp;<br><br><h3>物価が高いときには手を出さない</h3><br><br><br>今日は、牛肉が食べたいと思ってスーパーに行ってみたら100g158円。<br><br>でもこのスーパーで100g98円で売られていることも知っています。<br><br>&nbsp;<br><br>そういうときはきっぱり牛肉をあきらめましょう。<br><br>&nbsp;<br><br>忍耐や我慢は、若い時にはつきものと言いますが、<br><br>結局大人になってからも同じです。<br><br>リーズナブルになったら買い、<br><br>旬なものを食べていれば経済的にも有利になっていきます。<br><br>&nbsp;<br><br>一人暮らしの節約の醍醐味は、<strong>自分の欲望のコントロール</strong>です。<br><br>いかに理性と知性で自分の衝動を抑えられるかを学ぶ<br><br>重要な機会でもあるのです。<br><br>&nbsp;<br><br>1人暮らし初心者さんは、ぜひ参考にしてください!<br>// ]]>

2014年6月16日

written

by m-piero


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop