現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月20日更新

和室でもおしゃれにみせるインテリアの6つのポイント

2421 views

部屋が和室なのですが、おしゃれに見せるにはどうしたらいいでしょうか?(大学2年生・男性)


 

和風だからオシャレに見せる方法があります。「モダン和風」という言葉があるように、現代風にアレンジすることが可能なのです。
どんなモダンな雰囲気にするか。それを統一すれば、あなたの和室も友だちに自慢できるお部屋になりますよ。
今日は「あなた流の和室インテリア」をぜひ見つけてください。

 


1 ランプシェードにこだわってみる



 

 

一言でランプシェードと言っても、形や大きさ、素材はたくさんあります



 

その中でも和室に合うのは、和紙、ガラス、ホーロー、木。部屋の大きさ、天井の高さなどにより選択は変わります。



http://item.rakuten.co.jp/boulee/ik00172789/


こちらはIKEA製のランプシェード。プチプラなのに和室をオシャレにしてくれます。



http://item.rakuten.co.jp/auc-mahatagiya/axcs-hs1578/


こちらはホーロータイプ。昭和の感じを上手に生かすアイテムです。



http://item.rakuten.co.jp/yuraraka/wallnut/


木製はやはり一番和室に似合います。ムーディーな光の演出のために、蛍光灯の色にもこだわってみてください。


天井の高さによりますが、やっぱりペンダント型が一番遊び心をくすぐります。


天井が低くてペンダントはちょっと。という時は、スタンドライトを取り入れてみましょう。



http://item.rakuten.co.jp/toyo-kyozai/672056607/


手作りできるスタンドライトでオリジナルのインテリアが完成します。





2 バリ雑貨でアジアを感じよう



 

バリのアタ材を利用した雑貨で統一してみよう



 

食事の時のランチョンマットやコースターからリモコン置きやダストボックス。そんな小さな小物たちを、バリ島のアタ材を利用した雑貨で統一すると、アジアンテイストも取り入れた和室になります。広い面積をこのアタ雑貨にするよりも、小さな雑貨など小物をアタ材で統一するのがコツ。



http://item.rakuten.co.jp/chicucu/kota-01/



http://item.rakuten.co.jp/chicucu/kota-50/


色はちょっと深めの茶色。そのほかのインテリアは生成やこげ茶を取り入れるとより統一感のある雰囲気が出ますよ。





3 木製雑貨で柔らかく落ち着いた雰囲気を



 

ちゃぶ台で転用性を楽しもう




http://item.rakuten.co.jp/peace/10005762/


テーブルはちゃぶ台風の足の畳めるものにすると、和室本来の目的「転用性」が楽しめます。


木にはいろいろな種類があって、その材質を一緒にするとよりこだわりのある和室に。


でも窓にはカーテンが。そんなミスマッチもポジティブに。こげ茶や生成り、抹茶色など和風カラーを意識したカーテンにするだけで十分素敵になるのです。





4 時計にもこだわりを持って



 

時計の種類によって壁の雰囲気が結構変わります



 


http://item.rakuten.co.jp/candybox/ch1136/


こちらはモダンな雰囲気の和室を演出するのにいい時計。このカラフルな中から一色を布ものに使うとオシャレ度アップ。



http://item.rakuten.co.jp/de-fi/10029936/


こちらはブラウンをおすすめします。柱が見えるタイプの和室なら、このブラウンが全体を上手に引き締めてくれます。





5 手ぬぐいタペストリーで和を生かす



 

和の素材で自分流インテリア





http://www.rakuten.co.jp/wabisuke-shop/


てぬぐいは古いということなかれ。最近はいろいろな柄が揃っていて、自分の個性を表現するのにとてもいいアイテムなのです。横タイプを壁にかけると、それだけで絵画を飾るようなインパクトある壁に大変身。タテ型はタペストリーとして、また、のれんとしても使えます。






6 昔ながらの和を取り入れてみる



 

おじいちゃんやおばあちゃんが使っていたものを再利用。古いものが今あたらしい。




http://yaplog.jp/komawari/archive/375


これができたら上級編。おじいちゃんやおばあちゃんが昔使っていたものを、当時のお話とともに取り入れると、和室の良さをより生かしたインテリアが完成します。それが、湯飲み茶わんであったり、ご飯茶わんであったり、花瓶であったり。なにか1つ、思い出のつまったインテリアを取り入れると他とは違う自分オリジナルの和室インテリアができます。


どうですか?ちょっとの工夫で地味に見える和室だって、自分らしさを表現したお部屋になるんです。あなたらしい和のインテリアをぜひ見つけてくださいね。

2014年8月20日

written

by モンブラン


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop