現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

大学生は、最後の学生時代。「学生という身分を活かす」ということ

3741 views

 大学生って「学生」最後の時期ですよね。学生だから得することって何だと思いますか??(大学2年生・男性)





大学生は、「最後の学生時代」



今日は、みなさんより少し先輩の私から、


大学生へのメッセージをお送りしたいと思います。



 

大学生になれば当然、学生という身分が付きます。



 

この学生の身分は、学生の時のわずかな時間、


フルに活用すればとてもお得な思いをさせてくれるものなのです。



 

学生は皆やがては卒業して社会人になっていくわけですが、


学生時代はとても恵まれた時期で、


多くの経験をして勉強や遊び、バイトを通して成長していく時期でもあります。



 

学生時代に限らず若い時期は、


見知らぬ世界の好奇心から、


あれもしたい、これもしたい、あれも食べてみたい…と


欲望が際限なく沸き起こってきて


バイトをしても間に合わないくらいにお金もかかり、


めまぐるしく時間も過ぎていきます。



 

学生は、市場に出回っているものの


値段がいくらかもおぼつかないくらいまだ知らない世界が広がっています。



 

東京の繁華街のおしゃれなカフェで


コーヒーを飲んだりランチをしたりするだけでも


血肉沸き起こる出来事になりえます。



 

合コンをしたり、飲み会をしたり、旅行をしたり、


いろんなイベントに参加したりすることも多いと思います。


食事にしろ、お金がかかります。



 

私はそういう体験を一つでも多く学生のみなさんにしてほしいと思っています。



 

ではそういう体験をより多くしていくためにはどうしたらいいのでしょうか?



 

バイトをしたり、働くのはいいことではあるけれど、


学生時代にしかできない経験や感動というものもあるのです。



 

では、何をすればいいのか?


学生という身分は利用できます。



 



 

「学生」という身分を利用する



映画にしろ、美術の展覧会にせよ


学生というだけで大人とは料金が違うのです。


コンサートスポーツの興業などで学生料金があることは少ないですが、


そういった学割の効くイベントを意識的に選ぶのは一つの手です。



 

例えばある美術の公募展では、


学生というだけで無料で入場できるものがあります。



 

展覧されている絵を見ても、


果たして無料でお目にかかっていいものだろうかと


逆に心配になってしまうほどです。



 

恋人とのデートに美術展を訪れるのはとてもおすすめです。


ロマンチックな雰囲気を醸し出してくれる美術館や映画館は、


永遠のデートスポットの定番ですね。



 

そして飲み会や食事会などの場では、


スマホやパソコンをフルに活用してクーポンで割引が効くお店を探し出しましょう。



 

先日、すき家で食事をして会計を済ませようとしたら、


若い女性がスマホでクーポンを見せ割引価格で支払いをしていたのを見ました。



 

日頃から節約を心掛け、賢い消費行動を心掛けている小生も


まさかすき家でクーポン割りを利用するという発想は浮かびませんでした。


まだまだ修行が足りないと痛感した次第です。



 

このように食事の場面では、クーポン割りが大活躍する場面であります。


クーポンを多用する男性を揶揄して


「クーポン男」と蔑む傾向が巷にはありますが、


学生のみなさんがクーポンを活用するのなら可愛いもので、


社会も比較的寛容に受け止めてくれると思っています。



 

そうまさにこれが


学生という身分をフル活用するということなのです。

2014年6月16日

written

by m-piero


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop