現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月8日更新

結局取る?取らない?大学生のうちに自動車免許は取る必要があるのか

48884 views

自動車免許って大学生のうちに取っておくべきでしょうか?持っていて邪魔なものでは無いと思いますが、お金もかかるし迷っています。(大学2年生・男性)
「自動車免許を取得するか否か」は、割と多くの人が考えたことのある

テーマではないでしょうか?


今回は学生の運転免許取得について、一緒に考えてみましょう。







免許取得に適したタイミングとは?





運転免許取得に関して多いのは、高校生のころに取得してしまう人と、




逆にそれ以降に先延ばししてしまい免許取得の機会を逃してしまう人です。


学生時代というのは、非常に時間にゆとりのある季節で運転免許の取得にとても適している時期でもあります。


しかし東京などの大都市に暮らしていると電車などの公共交通機関の交通網が発達していて




車の必要性をあまり感じずに過ごすことができるので、ついつい運転免許取得の必要性に迫られないパターンがあります。


しかし社会に出て普通自動車の運転免許を持っていることはなにかと役に立ちますし、また社会人になってからは忙しくていざ免許を取ろうと思っても




なかなか自動車教習所に通うことはできません。


ですから東京に就職したり、車を買う予定がなくても運転免許は早いうちに、




できれば学生時代に取得しておいたほうがいいでしょう。







自動車教習場とお金のハナシ



とはいえ、学生にとって気になるのは料金の部分ですね。




自分のためにも親のためにも低料金で済ませたいところです。


さて運転免許取得にかかる費用としては、




一番大きなウェイトを占めるのが自動車教習所の入校金と教習料金です。




一昔前から相場が右肩上がりに上がり、




現在はマニュアル車の免許取得にかかる費用は大体30万円前後です。


学生の仕送り金額が減少している中、




家計を圧迫していることは明白であるにも関わらずこの金額は、




眉をひそめたくなりますね。


オートマチック車限定の料金プランだとしても




せいぜい数万円しか変わらないので、




根本的に現在の教習所の料金は高めであるといえます。


ただ一つ、この料金を劇的にお安く済ます方法があるのです。








免許合宿はホントに学生におすすめ!









それは合宿プランです。




これは2週間から3週間かけて合宿で自動車免許を取得するプランのことです。




たいていは、自分の住んでいる地域でなく他県の教習所をはるばる訪れます。


山形や新潟、静岡や岡山など、都会というよりは地方で行われている傾向があります。


宿泊所や食事も含めて20万円前後の料金に設定されています。


食事も含めての料金プランなのがうれしいところですね。


この合宿プランはまさに学生にとって、申し込みやすいプランでもあります。


2週間から3週間拘束されるということは、社会人にとって到底無理のあるプランで、学生を主な対象としていることは明白です。




夏休みでも春休みでも見知らぬ土地に出向いて、はじめて会った仲間と一緒に自動車教習所で学ぶのはとても貴重な経験なのではないかと思います。


また、旅行好きな人にとっても、すごくおすすめなプランなのではないかと思います。


合宿免許の教習所選びとしては、どういった食事が出されるか、宿泊施設はきれいかなどが焦点になり、また教習所によっては最新のハイブリッドカーや電気自動車を教習車としているところもあるので検討の対象になるでしょう。


合宿免許は、ある意味では学生時代の思い出づくりの一環にもなりえます。


大学生のうちに免許をとっておくことは個人的にはとても賛成ですので、検討してみる価値はあると思いますよ。

2016年4月8日

written

by m-piero


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop