現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月13日更新

短期で稼ぎたい大学生へ!ちょっぴりレアなアルバイト

3242 views

 大学生になってから、飲み会や集まりが多くてお金が足りません…。短期でしっかり稼げるアルバイトを教えてください。(大学2年生・男性)


大学生活をはじめて思い知るのが、生活はお金がかかるということ。



 バイトをする女性

© naka - Fotolia.com

大学生の仕送り額が年々減少する中、


その減少分をどう補うかは学生自身のアルバイト以外がありえません。


一人暮らしにかかる光熱費や食費、通信費だけでなく


飲み会や合コンにかかる費用を捻出しなければなりません。


学生にしてみれば、割のいいバイトを選びたいものです。






ではどういったアルバイトがあるのでしょうか?



 

居酒屋やファーストフード店などのアルバイトは、


比較的ポピュラーなアルバイトですね。


飲食店のアルバイトは、短時間から長時間、


週2,3日から週5ペースまで稼ぎ方もいろいろ選べ、


さらにまかないまで出るので食費の節約にもつながって


学生にとって定番のアルバイトかもしれません。



 

ここで紹介したいアルバイトは


そういった誰もが知っているアルバイトというよりは、
どちらかというとレアであまり知られていないアルバイトです。



 

スーパーなどの在庫管理




みなさんは、スーパーやコンビ二などの小売店で


小型の端末機に何かを打ち込んでいる業者の人をみたことはありませんか?



 

彼らは、専用の端末機に数字を打ち込んでいるのです。


数値は商品の在庫の数です。



 

決算の時期が近づくとお店は、


専門の業者に在庫を調べてもらうべく棚卸しを依頼します。


仕事は、まさにその端末機に数を入力するだけの簡単なお仕事です。


この仕事もけっこう学生の力を必要としています。


ただし繁忙期になるのはせいぜい1,2ヶ月だけです。



 

その繁忙期になる月は年に何回かあるのですが、


もっとも忙しいのが、夏季の8月と冬季の2月です。


この前後がもっとも忙しくまさに稼ぎ時の月になります。



 

8月と2月はまさに


大学生の夏休みと冬休みの真っ只中といっていいでしょう。



 

この在庫カウントのお仕事は日中行うこともありますが、


夜間、店舗が閉店したあとに


無人になったお店の中で作業することが多いので、


夜勤のきつさは覚悟しなければなりませんが、


時給は深夜割り増しになるので


らに稼げるアルバイトであることは間違いありません。



 

この棚卸しを専門に取り扱っている会社はいくつかあって


応募すると意外と簡単に採用してくれます。


認知度が低いせいか恒常的に人手不足な面も否定できません。



 

長期のアルバイトでなくて


臨時に稼いでお金を手にいれたいという学生は多いと思います。


日常的に仕事のストレスを溜め込むよりも、


短期決戦で大きく稼ぎたいという心理は


若いときならではかもしれませんね。



 

短期集中のアルバイト



短期のアルバイトとしては、


宅急便の仕分けや引越しのアシスタントなどがあります。



 

また、製造工場などで短期のアルバイトを募集することがあるので、


近くに大きな工場がある人は、


そういった体験をしてみるのもひとつの経験かもしれません。



 

またスマホやケータイ販売の仕事など、


家電量販店で働いている学生も少なくありません。


とくに新しいi phoneの発売などで


ゲリラ的に販売ショップが忙しくなるときなど、


声だしやサンプリングなどのチラシ配布の人手として


学生が重宝される傾向があるようです。 



 

大学生とアルバイトは切っても切れない関係です。


自分に合ったアルバイトを見つけましょう!

2014年6月13日

written

by m-piero


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop