現在17272個の困ったを解決できます!

2016月9月7日更新

就活までに取りたい、アピールポイントになるおすすめ資格5選

45213 views

正直、就活までにこれだけは取っておけばよかったと思う資格ってありますか?資格って就活の際には武器になるのでしょうか。(大学2年生・男性)

働く女性© NOBU - Fotolia.com



大学生の皆さん、こんにちは。


大学生ならではの天国のような生活を満喫されていることとお察しします。


さて、この天国が一転、段違いに忙しくなる時期が皆さんには必ずやってきます。


そう、就活こと就職活動ですね。


就活とは、「内定者」の肩書きを得て、大学を卒業してからの稼ぎ口を見つけるための活動です。


就活開始時期は、各年代によってそれぞれですが、ただ1つ多くの方に共通しているのは、


この時期になると誰しもが一度は自分を見失い、その中で「内定」を勝ち取っていかなければならないということでしょうか。


もちろん、希望職種にスッと通る人も就活において大きくつまずくことなく内定を取る人もいますが、ひたすらエントリーシートを書き、ひたすら面接を受ける。


そんな日々が長く続いてしまう人もいます。


また、就活中の交通費というものは意外とバカにならないので、そのためにもしっかりアルバイトをしておきましょう。


今回は、これから就活戦線に立ち向かっていくであろう大学生の皆さんに、取っておいた方がいいだろうなぁと思う資格を、主観的にお話しします。。


あくまで私は、就活を終えた普通の学生なので、一意見として聞いてくださいね。









1.普通自動車免許







これは、大学生活を遊びの面からも充実させてくれるマストアイテムですね。


グループで遠出をする際、運転を代われない人にとっては肩身の狭い思いをするシーンが多々あったのではないかと思います。


この普通自動車免許、いわゆる免許と略されて呼ばれることが多いのですが、


活においても持っておいて損はありません


企業によっては、エントリーシートの時点で「普通自動車免許 有・無」を選ばされるところもあります。


また、持っている資格欄に書いていないと、高確率で「車の免許は持っていますか?」と聞かれます。






持ってないから書いてねえんだよ、それくらい察しろよ、と答えたくなるお気持ちはわかりますが、そこは「教習所に通うお金を貯めるバイトをしているので、貯まり次第4月までに取ります」とでも、答えておきましょう。


金銭的・時間的事情で就活までに免許を取れなかった人も、これで何とか乗り切れるのではないでしょうか。


個人的には、受験戦争が終わって大学が始まるまでに取っていた友人は賢かったなぁと思います。


まだ入学していない方は、ぜひとも今の、究極に暇な時間を有効にお使いくださいね。









2.TOEIC








TOEICは(ある程度の高得点を)取っておいた方がいい。


これは、経験からも言えます。


外資系の企業や、世界を相手に戦っている大手企業になると、エントリーシートの段階で「TOEIC○○点以上」という基準で足切りされたりします。


そうでなくても、TOEICは就活において明らかに、その人の英語能力を測る判断材料として使われていると思います。


受験勉強を経験してこられた方は痛いほどわかっておられるでしょうが、英語力は一夜そこらで身につくものではありません。


ましてやTOEICは難易度が高いだけでなく、時間的拘束も相当長いので、集中力を持続させることも重要な要素になってきます。


日頃から、コツコツと。それが、TOEICの点数を上げる一番の近道ではないでしょうか。


実力を発揮する舞台は、本家TOEICだけでなくカレッジTOEICというものもあります。


後者が就活に使えるかどうかは、恐らくその企業によるので、各自ご確認ください。






TOEIC、カレッジTOEICを有効に利用して、就活で使える武器を増やしましょう。


新TOEIC(R)テスト600点攻略プログラムを見てみる
TOEIC(R)テスト 800点攻略プログラムを見てみる
挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムを見てみる









3.日商簿記・社会保険労務士・行政書士









これらの資格は、社会人が取っていても「おぉ!」と思われる資格です。


つまり、大学生のうちに取っておくと、それだけ評価が高まるということです。


世間からの評価が一段と高いうちに取っておくと武器の付加価値も高まりますよね。






もちろん、決して簡単な資格ではありませんが、見事合格されて面接で話す場合には、恐らく「なぜこの資格を取ろうと思ったのですか」と聞かれることと思います。


「就活を有利にするため」だとしても、その本心は隠して、もっともらしい理由を言いましょう。


ちなみに行政書士など法律系の資格を取った場合、「なぜ法の道に進まずに民間志望にしたのですか」とも聞かれるはずですので、きちんと答えは準備しておきましょうね。






せっかく武器を揃えていても、ちぐはぐな答えをしてしまっては、逆にその武器があなたの首を絞めることになってしまいます。


アビバで簿記資格について調べる
資格スクエアで行政書士資格について調べる


資格を武器に就活を勝ち抜こう!


資格は、あればあるほど自分の武器になります。
最近では就活コーナーに、注目されている資格の参考書などもよく並べられているので、自分にあった資格を探してみるのもおすすめです。


そして、「資格は裏切らない」という言葉はありますが、持っている資格を活かすも殺すもあなた次第なのです。


面接において、資格だけを武装した人間にならないよう、人の話をしっかり聞いて自分の意見を伝える、いわゆるコミュニケーション能力といった面でも自分を磨いていってくださいね。


大学生活は、この能力を磨くのにももってこいの場所だと思いますよ。


では、みなさんの健闘を祈ります!

2016年9月7日

written

by osakiyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop