現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

後悔しない大学生活を送るために。大学生は、これをやるべし!

19190 views

 大学生のうちにしておきたいことがありすぎて、結局何をするべきか分からなくなってきてしまいました。大学生のうちにしておくべきことって何でしょうか?(大学2年生・男性) 


大学生活をエンジョイするために

※Photo by Michael Thomas



 

大学生の皆さん、こんにちは。


今日も、人生の夏休みこと大学生活を満喫されていることでしょう。


いいですね、うらやましいです。



 

しかし、その輝きは永遠ではないので、一瞬一瞬を大切にするように。


この意味は、大学生活終了のカウントダウンが始まった頃に、


痛いほど実感すると思います。



 

「もっと○○をしておけばよかった…」と後悔しないよう、


やりたいことを精一杯やりましょう。



 

さて、大学生ならでは、


大学生だからこそ経験しておきたいことって、たくさんありますよね。



 

社会人になってからでは味わえない、


ぜひともやっておいてほしいことをご紹介します。



 

1.短期留学・海外旅行



ド定番ですね。


お金はなくても、社会人とは桁違いに


自由な時間を持てるのが大学生の特権です。


だからこそ、日本での日常を一切かえりみる必要性に迫られていない


大学生の時期に、日本を飛び出してみてください。



 

海外旅行ならば、安全のためにも友達と一緒に行くのも良いでしょう。


しかし、ちゃんとした機関を介して短期留学に行く場合は、


一人で飛び込んでいくことをオススメします。



 

旅行と違い、留学は勉強に行くためのものなので、


絶対に英語を話さなければなりません。


そんな時、日本の友人が隣にいると、


その友人とばかり話してしまうという事態に陥りかねません。


人間、どうしても居心地のいい方に流されてしまうものですから、仕方ありませんよね。



 

ただ、それだと何のために高いお金を払って


留学に行っているのかという話になるので、


向こうでは積極的に外国人に話しかけるようにしましょう。



 

また、形は何であれ大学時代の海外渡航の経験は、


就活における武器・格好の話のネタになりますし、


Facebookを充実させる1つの要因にもなります。



 

2.「学割」の有効活用



学生証は、いわば学生にとってのゴールドカード。


これがあれば「学割」を発動でき、様々な機関を安く利用することができます。


学生証を持てるのは、大学院に進まなければ大学時代が最後になります。



 

さて、この「学割」を発動できるのは、


どういった機関や場所があるのでしょうか?


新幹線をはじめとする交通機関水族館博物館


つまり生協で割引チケットが販売されているような場所は、


たいがい学割が効きます。


だいたい予想がつくのではないでしょうか。



 

そこで、私がオススメしたいのは「ライブ参戦」です。


よく見れば、チケットの端の方に


「学生証を提示した場合、その場で1000円キャッシュバック」などと


書いている場合があるのです。


しれっと書いてあるので、見逃す方も多いのではないでしょうか。



 

これは一大事です!


大学生にとっての1000円なんて、大金ですよね。


特権を行使できない社会人を鼻で笑いながら、


戻ってきたお金でビールの1本や2本や3本を買って、


ライブの余韻に浸ってくださいね。



 

3.学生であることが最大の強み!



大学生のうちは、


「お金をいっぱい稼げる社会人になりたい」と思うこともあるかもしれません。


しかし、責任が確実につきまとう社会人と違い、


大学生は本当に自由な身分です。



 

モラトリアムと言っておけば、


法に触れる行為以外は、だいたい何をしても許されます。


そんなフリーダムな大学生活を、


あなたが最高に充実させられることを願っています。



 

2014年6月16日

written

by osakiyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop