現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月31日更新

インドネシアに行くなら訪れるべき世界遺産6選

786 views

夏休みにインドネシアに旅行に行こうと思っているのですが、
訪れるべき世界遺産を教えて下さい!(大学2年生・女性)


幾つもの島々に豊かな自然や文化が残るインドネシア。
壮大な遺跡や、貴重な生き物が残る国立公園は圧巻!
今回はそんなインドネシアの世界遺産を6つご紹介します。

 

ボロブドゥール寺院遺跡群





画像出典:Dlift

その大きさに圧倒されること間違いなしのこちらの世界遺産。
世界最大級のストゥーパ(仏塔)と言われています。
8世紀頃に約50年をかけて建設されました。

寺院ではあるのですが、内部に入れるわけではなく、全体で9層のピラミッド状になっています。
仏像は504体収められており、仏教に関する物語が彫られたレリーフの繊細さには驚かされます。

ボロブドゥールを昇って眺める夜明けの美しさには感動すること間違いなしです。ぜひ、早朝に訪れてみてください。

 

プランバナン寺院遺跡群





画像出典:All About

プランバナン寺院遺跡公園には、インドネシア最大のヒンドゥー寺院であるロロ・ジョングランと、3つの仏教寺院が存在します。

ここでは、ヒンドゥー教、仏教、アニミズム(精霊信仰)をはじめとする、アジアの様々な宗教が混ざり合った豊かな文化が形成されています。

ヒンドゥー寺院であるロロ・ジョグランには、巨大なお堂が3つ建てられました。
それぞれ、ヒンドゥー教の神であるブラフマー(創造神)、ヴィシュヌ(維持神)、シヴァ(破壊神)を祀っています。
外壁には、古代インド叙事詩「ラーマヤナ」の物語が繊細なレリーフで描かれています。

ボロブドゥールとプランバナンは近くにあり、早朝にボロブドゥールを訪れてからプランバナンを訪れるツアーがたくさん開催されています。
そのようなツアーに参加するのもおすすめですよ。

 

サンギラン初期人類遺跡



 



画像出典:ホットホリデー

サンギランは、ジャワ島東にある町、ソロの近くにあります。
ジャワ原人の頭蓋骨や歯の化石が発見された、考古学的にとても貴重な場所です。
発掘されたものの一部は、サンギラン博物館で公開されています。
また、発掘現場を見学することもできます。

ソロの町自体も昔の王宮が残っていたり、市場が賑やかだったりとおすすめです。
ソロに泊まって、サンギランまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

スマトラの熱帯雨林遺産





画像出典:陸域観測技術衛星「だいち」の目でみる世界遺産

こちらは2004年と、比較的最近、世界遺産に登録されました。
スマトラ島に広がる3つの国立公園が包括的に登録されたものです。

1万種にのぼる植物や580種の鳥類、200種以上の哺乳類が生息しており、その中には東南アジア独特の貴重な生物もたくさん存在しています。
特に、哺乳類ではスマトラ・オラウータン(写真)などはインドネシアのみに生息しています。

ここ50年の間に違法伐採や密猟、道路建設などで貴重な生態系は壊され、2011年には危機遺産リストに登録されてしまいました。
貴重な生物多様性が守られるよう、見守りたいですね。

 

ウジュン・クロン国立公園





画像出典:Dlift

ウジュン・クロン国立公園はジャワ島の西端の半島及びクラカタウ諸島に広がっています。
訪れるには、ジャワ西岸のチャリタという町でツアーを申し込むのが便利でしょう。

ここでは、ジャワイーグル、バンテン(水牛)、ワニといった豊かな生態系が形成されています。
着目すべきはジャワサイでしょう。ベトナムで絶滅してしまったため、現在ではここにしか生息していません。

 

コモド国立公園





画像出典:Dlift

コモド国立公園で特筆すべきは何と言ってもコモドオオトカゲ(写真)でしょう。
このトカゲは世界最大のトカゲと言われており、コモドドラゴンとも呼ばれるんだとか。
なんと、イノシシやシカといった大型の哺乳類を餌にするそうです。
人を襲うこともあるそうなので、見学中も気は抜かないようにしてくださいね!

フローレス島のラブアンバジョーのコモド空港から船をチャーターするのがおすすめの行き方です。
バリ島からもツアーが多く出ているようなので、活用してくださいね。

 

以上、インドネシアの訪れるべき世界遺産6選をお送りしました!
ぜひ、豊かな文化や自然を楽しんでくださいね。

2014年8月31日

written

by mmii


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop