現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

カメラ初心者の方へ!最速で上達できる方法6選

749 views

念願のミラーレスカメラを購入しました!どうやったらカメラは上達するのでしょうか?(大学3年生・女性)


 

カメラの上達術

© paylessimages - Fotolia.com

 

はじめに



コンパクトデジカメやミラーレス機の登場で写真を趣味にするのが身近になりました。

初めてカメラを買ってみたけれどどうやって腕を上げたらいいのかわからない人も多いと思います。

ここではカメラ初心者の方が最速で上達できる方法を6つ紹介します。

 

いつもカメラを持ち歩く



デジカメはかなり小型化が進んでいるので持ち歩くのがそんなに大変ではありません。

シャッターチャンスはいつどこでやってくるかわかりません。大学へ通うのもバイトへ行くときもかばんにカメラを忍ばせておきましょう。

あと、カメラを持っていることを意識していると、普段気にも留めていなかった被写体を探す習慣が付くので上達への近道です。

 

とにかくたくさん撮る



デジカメはフィルムカメラと違いメモリーさえ一杯にならなければ無制限に撮影できるのがメリットです。

躊躇せずに気になったらどんどん撮ってみましょう。

モードなどを色々変えて同じ被写体を撮って一番良く撮れる設定を探すのがベストですが、そうでなくても闇雲に撮って画面を確認してまた縦横や構図を変えて撮ってみるだけでもカメラに慣れる事ができます。

 

撮った写真を比較してよく選ぶ



撮りっぱなしにするだけでなく、後でじっくり自分の目で選びましょう。ボケているぶれているといった失敗に気づいて次へ生かすこともありますが、漠然と専門的なことがわからなくてもこっちのほうが自分でいいと思うというだけでも大丈夫です。

どんな写真が好きか、どんな写真を次に撮りたいかを自分で知ることで自分らしい写真を知ることができ、次の被写体探しにも生きてきます。

 

写真を人に見せる



最初は恥ずかしいかもしれませんが、せっかく撮った写真で気に入ったものを選んで人に見てもらいましょう。なにも写真上級者の人に見せてアドバイスを貰わなくても構いません。

例えばSNSに載せるだけでも、印象的な写真にいいね!がたくさん付いたり、思わぬ感想をコメントでもらったりすることが視野を広げることにもなりますし、褒めてもらえればもっと撮りたくなるでしょう。

 

テーマを決めて撮る



闇雲に撮っていく中で自分が好きな被写体、友達から評判の良い構図などがわかってきます。それにこだわって撮るようにしましょう。

例えば動物だったら、道端の野良猫に普段から興味が向くようになります。同じような写真を撮り続けているようでも、条件や自分の上達具合によって印象が全然違って見えることに気が付くでしょう。

撮り続ければ撮り続けるほど得意な写真が洗練されて増えていきます。

 

上級者の真似をしよう



表現手段としての写真なので、真似をせずに自分だけのオリジナルの個性を出したいと思うのは誰しも同じです。

でも、最初のうちは真似をすることから学びましょう。直接上級者から教えを請うのはなかなか勇気がいるでしょうから、友達やプロの作品でいいと思った写真を真似してなるべく同じように撮れるようにしましょう。

設定などの専門的なことに限らずどんな被写体に注目して撮っているかも大きな参考になります。

観光地や道端でちょっと変わったものにカメラを向けている人を見かけたら自分も同じものを撮ってみましょう。上級者が狙うなりのポイントが写真から見えてきます。

 

おわりに



いかがでしたか。写真は奥が深く、いきなり専門的な設定や芸術的なテクニックを学ぼうとしても頭がパンクしてしまいます。

まずはたくさんカメラを使って慣れることです。その中で自分の撮りたいものや課題が見えてきます。それを試行錯誤するうちに自然と知識は気になって増えていきます。

2015年4月6日

written

by taniyan


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop