現在17271個の困ったを解決できます!

2015月9月7日更新

初心者さん必見!まず試してみたい節約術7選

1895 views

明日から節約をします!まず何をしたらいいですか?(大学2年生・男性)




節約テクニック


© studiopure - Fotolia.com





はじめに



一人暮らしで節約をはじめようと思っても漠然とはじめて長続きはしません。ここでは節約を決意したその日から心がけてまず試したい7つのテクニックを紹介します。





1.家計簿をつける



そもそも自分が月に幾ら使っているかを知らないことには節約しようにも目標が立てられません。


すべて完璧には難しくても、大まかに自分が何にお金を幾ら使っているかわかれば削るべきところが見えてきます。


最近ではレシートをスマホで撮影するだけで記録されるアプリもあるので活用しましょう。





2.日記をつける



使った金額がわかってもそれが有意義な出費だったのが、無駄な出費だったのか覚えていないと節約できません。


簡単な事務的なものでもいいので記録しましょう。たとえば、どこどこで食べた定食は高かったけど量が多く美味しかった。という記録があれば、それは金額が大きくても有意義な出費なのであえて削る必要は無いという判断ができます。





3. クレジットカードでなるべく買い物する



その場でお金が減らないので買いすぎてしまうという罠に注意しさえすれば、日常の買い物は現金よりクレジットカードのほうが節約向きです。


翌月に明細が送られてくるのでどこでいつ何にお金を払ったのかが正確に記録されます。


さらに使いすぎた翌月は思ったより高い請求書がくるのでびっくりして無駄遣いを実感できます。


さらには数%のポイントが付いてそれが還元されたりするのでトータルでお得です。





4.節約するものとしないものの仕分け



何が自分にとって必要でなにが無駄遣いかを明確にしましょう。


何でもかんでも安いものしか買わない、お金を使うのはとにかく悪いこと、とまでストイックになるのは難しい上に、結果的に節約になるかは疑問です。


趣味や付き合いも自分にとって価値のあるものならむやみに削らないほうがいいです。


まずはそれを自分の基準でジャッジしましょう。





5.目標と達成したときのイメージをする



どの項目を幾らに抑えるという目標を決めましょう。そしてそれだけでなく、その節約したお金で何をするかイメージしましょう。


もちろん、節約して1年で幾ら貯金するとか、逆に今ある貯金で6ヶ月しのぐといったこと自体が目標でも構いません。


ただ、それを達成したときに得られるものや自分の達成感を常にイメージしてモチベーションを保ちましょう。





6.目標を公言する



自分は生活費を幾らに抑える、抑えられたら何をする。といったことを誰かに公言してしまいましょう。自分で決めただけだとだんだん甘くなってしまい目標が徐々になし崩し的に下がってしまいます。


お金に関わるプライベートなことなので、気の置けない友達か家族に軽く話してみるといいでしょう。





7.決めたその日から開始する



節約を決意しても、今日はその前に贅沢を、とか忙しいから来月からでいいやというのはご法度です。


それをしてしまうと贅沢に慣れてしまい、結局いつまで経っても始められません。決めたその日から無駄遣いをきっぱりやめましょう。






おわりに



いかがでしたか。節約を決意したら即実行するべきことは、心がけというより自分に対してルールを決めて即実行することが大切だとわかると思います。


無理せず、長続きするよう準備をして取り組みましょう。

2015年9月7日

written

by taniyan


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop