現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月6日更新

短期留学で着実に英語力をつける!過ごし方7つのコツ

2768 views

 

短期留学を考えているけど、ちゃんと英語力が上がるか不安です…留学先での過ごし方のコツを教えてください!


 

短期留学で英語力をつけるコツ

© TAGSTOCK2 - Fotolia.com

 

1. 授業に出て、予習復習をする



 

海外では全てが新しく見えるので、


学校に行くより遊びたくなってしまう気持ちが出てくるでしょう。


しかし、いくら海外に住んだからといって、


遊びだけではなかなか語学力は上達しません。



 

遊ぶのは授業後と土日にすることにして、


授業に出席し、予習復習といった基本的なことをやってみましょう。



 

2. レベルが合わなかったらクラスを換えてもらう



 

自分が今いるクラスのレベルが高すぎてついていけなかったり、低すぎて退屈な場合は、


気後れせず学校側に相談してクラスを換えてもらいましょう。


日本人のよくあるパターンは、文法はできるのに会話ができないことです。



 

学校によっては、会話は下で文法は上のクラスというように


個人のレベルに合わせて対応してくれます。


短期留学はすぐ時間が過ぎてしまいますので、毎日が貴重です。



 

3. 大家さんやルームメイトと日常的にしゃべる



 

留学すると、大家さんの家に下宿したり、他の学生とシェアして住みます。


学校の授業だけでも疲れるとは思いますが、


家に帰ってからも人と会話をしましょう。



 

授業だけではマスターできない、生きた日常会話を毎日続ければ


英語力アップは間違いなしです。



 

特に、大家さんはネイティブの方が多いので、


正しい英語と共にその国の常識や生活習慣も教えてもらえる良いチャンスです。



 

4. 日本人で固まらない



 

語学学校に通うと、日本人と出会う機会があるでしょう。


しかし、日本人で集まるとつい日本語を話してしまうものです。



 

助け合うことや安心感も大切ですが、


語学を上げるために留学したことも忘れないようにしましょう。



 

5. 他の国籍の留学生と友達になる



 

学校にいる他の国籍の学生と会話してみましょう。


お互い同じぐらいの語学力なので、ネイティブと話す時のような緊張がなく、


間違いを指摘しながら楽しく会話できると思います。



 

また、日本で大学生をしている時には出会えないタイプの人がいますので、


見聞も広げられるでしょう。



 

6. 学校の外でネイティブと話す



 

結局のところ、語学力をつけるのはネイティブと話すのが一番の方法です。


食事、買い物、美術館、海岸、イベント、ディスコなど、


授業の後や土日には人のいそうなところに出かけて、


機会を見つけてネイティブと話してみましょう。



 

いくら座学で単語やフレーズをたくさん暗記していても、


習ったものと実際に使われているものにはズレがあるものです。


たくさん実践して、身につけていきましょう。



 

7. 疲れたら思い切って寝る



 

疲れたら寝る。これは意外とオススメです。


語学力が低く、よく分からないことばかりの外国暮らしとなると、


想像以上に疲れが押し寄せてきます。



 

せっかくの短期留学なのに寝てしまってはもったいないとか、


疲れていても明日の宿題を終わらせなければということもあるでしょうが、


たまには思い切って寝てしまい、次の日に備えましょう。


体が休まると気持ちも余裕がでるものです。



 

 

いかがでしたでしょうか。


ぜひ実践してみて、後悔のない充実した留学をなさってくださいね。

2015年4月6日

written

by kaho


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop