現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

リアルに就活ってどんな感じ?就活で勝ち組に入る方法

12846 views

 就活って、リアルな話、どうなんですか?苦しんでいるイメージが強いのですが、どうすればきちんと内定がもらえるんでしょうか。(大学3年生・男性)



大学生の皆さん、こんにちは。花の大学生活、充実できていますか?


充実できている人は、どうかその輝きを持続させてください。


充実できていない人は、ちょっと立ち止まって、


自分が今一番やりたいことを見つけてください。



 

人が生きている環境はそれぞれですので、


環境的にやりたいことをできない場合もあります。



 

その場合は、あなたが生きている環境の中で、


できる限りの精一杯のやりたいことを模索して満喫してくださいね。



 

さて、大学受験以来の大戦争、


就活こと就職活動があなたたちを待ち受けていることは、


周知の事実だと思います。



 

先輩が病んでいたり、自分を見失っている姿を目の当たりにした皆さんにとって、


就活は恐ろしいものに映っているのではないでしょうか。



 

そんなあなたに、就活で勝ち組に入るための、


超初歩的なポイントをお話ししようと思います。



 

1.面倒なエントリーシートを切り抜けよう!



最近は、Web上で提出させる企業も増えていますが、


それでもまだ手書きでエントリーシートを書かせる企業は少なくないと思います


就活生にとって、このエントリーシートほど面倒なものはありません。



 

志望動機は企業によってそれぞれあるとはいっても、


「大学時代に力を入れたことは?」  「それによって何を学びましたか?」


という質問は、正直言ってどこの企業に提出するのも同じですよね。


同じことを何回も何回も、しかも手書きで書くのです。


腱鞘炎になるんじゃねえの、と思っていた就活生の方も


多くいらっしゃるのではないでしょうか。



 

けれど、やらなければいけないのです。


どうせやるなら、楽しんでやりましょう。


作業効率をいかに図るか。


同じような作業を、荒っぽくならないように丁寧に、


それでいて素早く仕上げるか。



 

のように効率を考えながら立ち向かうことは、


お仕事においても役立ちます。


残業を極力少なくする社会人になるための練習だと思って、


がんばりましょう。



 

ちなみに、エントリーシートの記述に波線を引くだとか、


強調して太字にするだとか、そういう小細工をしなくても、


「自分がその企業で何をやりたいか」を明確に書いていれば


ぶっちゃけエントリーシートは通ります。



 

そんなことをしている時間があれば、内容を練りましょう。


ただ、太いペンで書くと、企業はしっかりした意思を感じ取れるらしいので、


ぜひともお試しください。


オススメのペンは、PentelのENERGEL(0.35mm)です。


念のために言っておきますが、ステマじゃないですよ。



 

2.難関!面接を勝ち抜こう!



エントリーシートが受かったら、


次に待ち受けているのはグループディスカッションやグループワーク、


または面接ではないでしょうか。



 

GDやGWは実施する企業と実施しない企業が大きく分かれていますので、


今回は面接についてのみお話しします。



 

GDとGWについては、月並みなポイントになりますが、


人の意見を促し、しっかり聞き、


自分の意見をそれに上乗せするように発言していってください。



 

正直、元々こういったセンスを持ち合わせていない人間にとっては


慣れがモノを言うので、


色々な企業で経験を積んでから本命に挑むことをオススメします。



 

さて、長くなってしまったので面接のお話に移ります。


こちらも、正直言って慣れが重要だと思います。



 

最終面接に近づくにつれ、緊張するのは当然です。


しかし、その緊張を“緊張感”に変えて、


元気に明るく受け答えをするようにしてください。



 

せっかくエントリーシートが受かったのに、


緊張して言いたいことが言えないのはもったいないです。



 

新入社員に求められるものは、フレッシュさとひたむきさと誠実さです。


「こいつと一緒に働きたい」、そう思われるような面接の受け方を、


ぜひとも自分なりに考えてみてください。



 

また、企業ごとに振り返り(反省)をすることも大切だと思います。


次の企業で、志望動機以外は基本的に、


どうせ同じようなことを聞かれるので、反省した上でさらに高めた回答ができるよう、


ノートなりメモ帳なりに書き溜めていくことをオススメします。



 

この一見面倒な作業が、


後々あなたの力になってくれるであろうことを保障します。



 

3.就活は楽しむもの!



つらい就活、しんどい就活。


そういったイメージが世間では定着していますよね。



 

しかし、どうせ皆が通る道であれば、楽しんだ方が絶対に得です。


不採用になったからといって、人格を否定されたわけではないのです。


ただ、その企業と縁がなかっただけ。そう思うようにしましょう。



 

就活を楽しんでいるかどうかは、面接でもきっと伝わります。


就活という、人生をかけた戦いですら楽しんでいる。


そういった人を、企業は採りたいと思うのではないでしょうか。



 

色んな企業の情報を聞くことができたり、


色んな業種の第一線で働いている社会人と接する機会のある就活は、


きっとあなたの人生において大きな糧になるはずです。



 

あなたなりの楽しみ方を見つけて、就活を勝ち抜いていってくださいね。

2014年6月16日

written

by osakiyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop