現在17271個の困ったを解決できます!

2014月8月22日更新

いつも同じコーデじゃつまんない!マンネリ解消の着回し術5パターン

887 views

お気に入りの服やコーディネートをついついいつも選んでしまい、ワンパターンだと言われてしまいました・・・。上手く着回して、バリエーション豊かに見せるコツってありませんか?

(大学2年生 男性)


 

お気に入りの洋服がみつかると、ついつい同じパターンでの着まわしになってしまいがち。
あなたは、そのお気に入りのアイテムからいくつの表情を見せる事ができますか?
是非、大事なアイテムだからこそ色々なバリエーションで楽しむことが、 そのアイテムを上手に着こなすことに繋がるのではないでしょうか。

今回は、「ジャケット」をピックアップしてみていきましょう。

 

画像出典:Amazon

1.アイテムから肌が露出する部分を探す。



まずは、最初にアイテムから肌が露出する部分を頭でなんとなく分かる範囲でイメージしてください。
上のジャケットであれば、首もと、袖、丈ですよね。 最低でもその3箇所では遊べる事ができるんです。
まずこのアイテムの構造的にどうアレンジが出来るかを考えてみることが大切です。 そして、これをどういうイメージで着たいのか。
インナーにTシャツなのか、シャツなのか、ポロシャツなのかで、 このジャケットを着るときのイメージは大きくかわるはずです。

 

2.Vゾーンで遊ぶ



どのアイテムもVゾーンという所があります。
それは胸元の開きの事です。 例えば、ここにシャツを入れる。
シャツとジャケットの1パターン。
シャツの上にネクタイを入れる。シャツとネクタイとジャケットの2パターン目 シャツの上にベストを入れる。
シャツとネクタイとベストとジャケットの3パターン目。
ここのVゾーンの見え方も、アイテム1つでまったく違う表情になるのです。

3.袖で遊ぶ



このジャケットは袖丈が元々7部丈のものですが、フル丈のものでも構いませんが、
折り曲げて肌を見せるという事で1パターン目。
そして、インナーの柄をそこから見せる事で2パターン目。
ブレスレットをする事で3パターン目。
今日はインナーにこれを着たいから、袖の長さをこれでいこう! と決めて、袖の丈の長さを少し変えてみるだけで、まったく違う表情になります。

 

 

4.裾丈で遊ぶ



ジャケットの下の開きの部分も、ジャケットでは視覚的にも重要な遊びのポイント。
インナーをそこから覗かせ方で印象が変わります。
例えば、ジャケットの下にはTシャツとTシャツの上にカーディガンを着るとします。
見えるのは、カーディガンだけですが、あえて、丈の長いTシャツをカーディガンからチョイ見せする事で、
少しルーズなレイヤードスタイルができます。 また、インナーの丈を短くする事で、ベルトが見えます。

ベルトのバックルがあるかないかでも大きく印象が変わります。
こだわる人は、同じベルトのベルトのバックルだけを色々と変える人もいます。
少しでもジャケットの内側が見える場所は遊びのポイントなんです。

 

 

5.ジャケットの表面で遊ぶ



最後に、ジャケットの表面のポイントとしては胸や腰ポケットや、襟、フードなど、
表にデザインとして出ている場所も、印象を大きく変えるポイントある場所です。

例えば、胸ポケットであれば、チーフや小物で、襟であれば、沿わすようにスカーフやストールをして遊ぶ事も出来ます。
バッチやブローチ、コサージュもプラスのアクセントとしても取り入れるのも良いと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか、同じアイテムでも、そのアイテムをまず知る事が、そのアイテムの魅力を最大限に引き出す事だと思います。
そのアイテムの新たな魅力を生かしていく事で、コーデをする事も楽しくなるでしょう。
マンネリ化しているアイテムを是非、もう一度見直してみて、 上記のポイントを踏まえてまた新しい着方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

2014年8月22日

written

by futurep


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop